クリストフ・ルメールの騎手データと回収率。狙い目は?

ルメール騎手の買い方。データ傾向と回収率


▼『ルメールは儲かりますか?』

というシンプルなご質問をいただいたので、本日は、クリストフ・ルメールの騎手データと回収率について、私の独断と偏見で書いてみたいと思います。

ルメール


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「ルメールは、芝のレースでは、軸として最も信頼できる騎手の1人だと思う」

「特に、芝の中長距離では信頼度が上がる印象」

「ただ、ダートだとそれほどでもなく、まあ普通」

「重賞レースでは、芝でもダートでもかなり回収率は高い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼ミルコ・デムーロと共に、2015年の春から、「日本競馬で初めての外国人騎手」としてデビューしたのが、

クリストフ・ルメール

です。



▼本来であれば、ミルコ・デムーロと同じ日にデビューする予定でしたが、

「調整ルーム内でのツイッター使用事件」

により、デビューする前に、いきなり「30日間の騎乗停止処分」


これにより、

「ミルコ・デムーロは、2015年の3月デビュー」

「クリストフ・ルメールは、2015年の4月デビュー」

と、なってしまいました。

破天荒ですね。



▼さて、そんなクリストフ・ルメールの、中央競馬におけるデータを見てみましょう。


【ルメール データ】※ブエナ調べ
データ期間=2010~2016.1
1367レース分析


◆全レース
単勝回収率 82%

◆芝
単勝回収率91%

◆ダート
単勝回収率71%

◆特別戦
単勝回収率95%

◆平場
単勝回収率75%

◆重賞レース
単勝回収率123%

◆OP特別
単勝回収率116%

◆未勝利~1000万条件
単勝回収率73%

◆G1
単勝回収率25%




はい。ブエナ調べでは、こんな感じ。

では、1つずつ検証してみましょう。



▼全レースの回収率を見ると「82%」

Mデムーロが、「95%」だったので、少し見劣りする印象。

ただ、Mデムーロもそうですが、外国人騎手は「ダート」はあまり回収率が高くないので、得意な条件に絞っていくと、ルメールの優秀さがわかります。



▼特に、「ルメールは、重賞レースの回収率が高い

G2・G3までなら、「単勝回収率171%」

驚異的です。



▼ただ、「ルメールは、2010年からのデータでは、G1では、単勝回収率が低い

これが、単なる誤差なのか、それともルメールは意外と大舞台に弱いのか。


MデムーロのG1単勝回収率が、「304%」なので、最近の6年くらいは、G1ではルメールより、Mデムーロが圧倒的に活躍している印象です。



▼2010年から2015年までで、ルメールはG1を「2勝」だけ。

メジャーエンブレムと、ベルシャザールのみ。


もっと活躍している印象なので、これは意外。

単勝回収率25%、複勝回収率77%

ごく普通ですね。


G1で、ルメールはあまり儲からないのか?

ここから傾向が変わるかどうか、今後も調査を続行していきたいと思います。



▼さてそれでは、「ルメールが得意な条件」は、どこなのか?

私ブエナの独断と偏見で、突っ込んで調べてみます。


◆ルメール。芝の特別戦。1800m以上
単勝回収率135%
複勝回収率94%



はい。
ズバリ、ルメールは、この条件が狙い目かと。


要するに、「ルメールは、芝(特別戦)の中長距離で狙う

私ブエナの狙い方としては、こんな感じです。

結構ベタな狙い方ですが、意外と儲かります。


ちなみに、「芝(特別戦)の中長距離」は、マツリダ予想の主戦場でもあるので、ルメールはマツリダ予想とも相性が良いかと思います。



▼Mデムーロもそうですが、ヨーロッパの騎手は「芝」のスペシャリストが多いので、ハイレベルな芝のレースで狙っていくと、回収率を上げやすい印象。


一方で、ミルコデムーロやルメールは、ダートでもそのネームバリューから、人気になってしまいますが、ダートはあまり儲からない印象です。



◆ルメール。ダートの平場
単勝回収率69%
複勝回収率89%



はい。
まぁ普通ですね。

アタマで狙うには、ダメな部類かも。

ルメールは、ダートでも過剰人気になってしまうので、馬券的には、私はあまり積極的に狙いません。

芝で狙う方が、明らかに儲かるような気がする。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼Mデムーロと比較すると、どうしても見劣りしてしまいますが、ルメールは現在、最も回収率を上げやすい騎手の一人だと思います。

ただ、Mデムーロの時にも書きましたが、

「JRAの所属になって、今まで通りの回収率を維持できるか?」

ここが最大のポイントになりますね。



▼今までは、ピンチヒッターとして、「代打騎乗」だった。

「最強の助っ人ガイジン」的な。


だから、先のことは考えず、ただ勝ちに行けばよかった。

でもこれからは、調教師の指示もあるし、馬を育てながら騎乗しなければならないし、馬主も口出ししてくるでしょう。

その中で、今までと同じ回収率を維持することは、容易ではない。



▼アンカツや戸崎圭太などの地方騎手も同じですが、

「JRAの所属になると、騎手の傾向が変わることがある」

と思うわけ。

なので、ミルコとルメールに関しては、今後も最新データを見ながら、傾向を探っていきたいと思います。



▼ということで本日は、ルメール騎手のデータと回収率について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

まとめると、

ルメールは、芝の中距離以上で狙う

私の場合は、常にこのイメージです。


ルメールがダートで来ることももちろんありますが、長い目で見ればルメールは、ダートより芝の方が儲かるように思います。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





中央に移籍してからのルメール


▼ルメール騎手のデータ傾向についての考察を続けます。

先ほども書きましたが、私ブエナがルメールを狙う時は、「芝の中長距離」が多いです。

例えば、データでみると、


【ルメール重賞レース】
2015~2016
芝1800以上

単勝回収率 115%
複勝回収率 100%


はい。
ルメールが中央競馬の騎手になった2015年から、芝の中長距離の重賞で彼の単勝を買い続ければ、回収率115%でした。

これだけでプラスです。



▼また、複勝回収率100%も素晴らしいです。

複勝回収率100%だと、複勝馬券を買ってもプラマイゼロで儲かりませんが、「軸」として使えば、かなり儲かります。


つまり、複勝回収率が高い騎手は、複勝馬券ではなく、三連複やワイドで狙えばいいわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼複勝で回収率が100%もあるなら、三連複なら余裕で100%を超えます。

もちろん、「レース選び」と「ヒモ選定」をしっかりできることが前提となりますが。


これさえできれば、あとは複勝回収率が高い騎手から、三連複ながしを購入すればいいだけ。

私ブエナの場合は、このような三連複の戦略で回収率を底上げしています。



▼ルメールやMデムーロや戸崎など、トップジョッキーの場合、平場のレースより重賞レースや特別戦の方が回収率が上がりやすくなる印象。

手を抜いているわけではないと思いますが、レベルの低いレースでは、あまり騎手の腕が問われないのではないか、と。

重賞レースなど、ハイレベルなレースになればなるほど、わずかな差で着順が変わる。

だからこそ重賞レースでは、ルメールやデムーロや戸崎などの、一流騎手の回収率が高くなるのではないかと、私ブエナは思うわけです。



▼さて、ルメール騎手で私が実際に馬券を当てたレースも検証してみます。

上述した通り、私がルメールを狙うのは「芝の中長距離」

特に、芝2000mは、ルメールの勝率が高い印象。



▼例えば、2017年の秋華賞。京都の芝2000m


1着 ディアドラ(3番人気)
2着 リスグラシュー(4番人気)
3着 モズカッチャン(5番人気)


はい。
勝ったディアドラは、桜花賞・オークスでは3着にも入れなかった馬で、今回は岩田騎手からの乗り替わりでした。

私の感覚では、この秋華賞のメンバーでは、ディアドラはやや格下だと思っていたので、中穴で狙えると考えていました。

が、意外と人気になってしまい、最終的には3番人気。

最近の競馬ファンは、本当に馬券が上手です。



▼このレースも、私はいつも通り三連複で勝負して、31.8倍的中。

ちょっと本命サイド寄りだったので、クリーンヒットとはいかず、まあまあの利益でした。



▼このレースは、1番人気が横山典弘騎手。2番人気が岩田騎手。

でも2人とも惨敗してしまい、結果的に、ルメール・武豊・Mデムーロの3人で決まったレースでした。

私はフォーメーションの複数軸で的中でしたが、もっとシンプルに、「芝2000mで回収率の高いルメールとMデムーロの2頭軸」でも良かった感じでした。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング