買い目の絞り方~馬券は消去法?買い目点数を減らす方法

競馬~買い目の絞り方


▼『馬券を買うときに、どうやって買い目を絞ればいいですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、買い目の絞り方について、私(ブエナ)の独断と偏見で、考察してみたいと思います。

コンピュータ


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「私が買い目を絞るときは、大穴サイドと本命サイドを、オッズフィルターでカットすることが多い」

「なぜなら、人気馬同士の組み合わせと、人気薄同士の組み合わせは、回収率が上げにくいと感じるから」

「あと、買い目を絞る注意点として、買い目点数が少ないからといって回収率が高くなるわけではない。そこだけ注意」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼私が思うに、馬券で負けないためのポイントは、


1 自分が狙う配当が出そうなレースを選ぶ

2 期待値が低い馬券をカットする


あくまでも私ブエナの独断と偏見ですが、馬券で勝つためには、この2点は重要だと思う。



▼さて、このうち「1」のレース選びについては、今回の趣旨と違うので、また別の記事で書いてみます。

本日は「2」の、期待値が低い馬券をカットする方法について。



▼馬券は「全通り」買うと、おそらく回収率は、60~70%に収束すると思われます。

基本還元率は75%となっていますが、たぶん全通り買うと、75%は回収できないのではないかと。
(大穴サイドの還元率は、75%以下のような気がするので)



▼そこで、「全通りから絞っていく」作業が必須になります。

余計な馬券を切ることで、60~70%の回収率を、100%以上まで持っていく。

これが「競馬予想」なのかなと。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼それでは、どうやって買い目を絞ればいいのか?

まず一番簡単な方法は、


「10番人気以下を切る」

というやり方です。
(マツリダ予想より引用)



▼なぜ、10番人気以下を切るのか?

それは、

「10番人気以下の馬は、過剰人気になりやすいと思うから」です。



▼「え?10番人気以下が過剰人気?だってオッズは高いじゃないですか?」

という声が聞こえてきそうですね。


確かに、10番人気以下ということは、馬券は売れていない。

しかし、10番人気以下の場合、


「馬が弱い割には、馬券は売れている」

というケースが非常に多いと思うわけ。



馬券というのは、「好走確率とオッズ」のバランスによって、長期的な利益が出るのか、長期的な損失が出るのかが決まります。

この部分をわかっていないと、「なんで馬券で負け続けるんだ!」と、迷走することになります。


例えば、「50%の確率で勝つ馬」のオッズが、単勝1.7倍だったら?

そう「長期的な損失が出る」ことになる。



▼ちょっと脱線しました。

10番人気以下の馬は、「弱いわりには、馬券が売れすぎている」ことが多い。

つまり、10番人気以下の馬は、期待値が低くなりやすいと思うわけです。



▼もちろん、10番人気以下の馬の期待値が下がらないレースもある。

それは例えば、「多頭数の重賞レース」

この場合は、2ケタ人気の人気薄でも期待値が下がりにくいわけですが、重賞レースでも「14番人気以下」くらいになると、かなり期待値は下がる印象。

これはつまり、「宝くじ感覚で、人気薄を買う人が多いから」かもしれません。



▼では次に、「本命サイドの馬券」

ここが難しいところです。


私ブエナのやり方では、

本命サイドの馬券も切る

ことが多いです。



▼例えば、

「1~3番人気の馬連ボックス3点勝負!」

みたいな買い方をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか。


そして、このような買い方で、「ああー儲かった!」という経験は、あまりないのでは?

もちろん短期的には儲かることもありますが、ずっと同じ買い方を繰り返すうちに、いつの間にか「勝ったはずのお金」は消え去っている。

私にも、そのような経験が何度もあります。



▼という事は、「本命サイドの馬券も、期待値が上がりにくい」のかなと。

ただし、

「本命サイドの馬券は、的中率がものすごく高い」

ここがトラップです。



▼多くの競馬ファンは、「馬券を当てたい!」「馬券が外れるとムカつく!」

という感情が強いです。

だからこそ、本命サイドの馬券が「売れすぎる」


「当てたい⇒ 本命サイドの馬券を買わざるを得ない」

という流れになるからですね。



▼本命サイドの馬券は、的中率・回収率が安定する代わりに、回収率100%を超えることがなかなか困難です。

私の感覚では、

本命サイドの馬券だと、回収率75~85%に収束することが多い気がする

これだと、長期的には「少しずつ負けていく」ということになります。



▼なので、私ブエナの買い目の絞り方としては、


「まず、10番人気以下をカット」

「次に、本命サイド同士の組み合わせもカット」



これを無意識にやっていることが多いです。

(あと、「単勝オッズ50倍以上の馬もカット」することが多いかな)



▼すなわち、

中穴狙い

となります。


マツリダ予想が中穴狙いなので、私もそうなっている感じ。

でも確かに、

「本命サイド」「中穴」「大穴」

この中で、一番回収率を上げやすいのは、「中穴」のように思うわけ。



▼本命サイドでも利益は出せますが、勝ち逃げしたり、仕掛け所を探すセンスが必要になります。

つまり、「本命サイドで勝負するなら、かなり厳密なレース選びが必要になってくる」と思うわけです。

これについては、別の記事でも言及していますので、読んでみてください。



▼ということで本日は、買い目の絞り方について、私の独断と偏見で書いてみました。

私のやり方では、

的中率はほとんど考えない。回収率だけ。期待値が低い馬を切ることで、買い目を絞る

このようなスタンスです。消去法にも近いですね。


長期的に考えて、PATのお金が減らないようにするためには、そして馬券で負けないためには、このようなスタイルが現状ではベターだと考えています。
(あくまで私の考え方です)

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





買い目点数を減らせば勝てるというものではない


▼買い目の絞り方についての考察を続けます。

そもそも、「なぜ買い目を絞るのか?」

それは先程も少し書きましたが、「期待値の低い馬券をカットするため」です。



▼馬券には、たくさんの買い目がありますが、その買い目の中には、「儲かる買い目」と「儲からない買い目」があるわけです。

これは目に見えないものなので、初心者さんには意味不明かと思いますが、これは必ずあります。

プロ馬券師など、長期的に馬券で利益を出している人は、「儲かる買い目」だけを購入しているわけです。
(的中率とは全く別物です)



▼もちろん、プロ馬券師であっても、百発百中で「儲かる買い目」を見つけ出せるわけではない。

プロでも時には、「儲からない買い目」を購入してしまうこともあるでしょう。

しかしながら、平均的に「儲かる買い目」を選ぶ回数が多くなると、回収率はどんどん上がっていき、長期的な馬券利益が出るわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼そう考えると、「買い目を絞る」というのは、「儲からない買い目」を買わないため、とも言える。

なので、「1点買いだから回収率が高い!」と考えている人は、ちょっとだけ考え方がズレているかも。

なぜなら、たとえ1点買いであっても、その1点の期待値が低ければ、結局、儲からないからです。



▼逆に、100点買いでも、その100点の馬券の期待値が総じて高ければ、利益が出ます。

馬券で利益を出すためには、単純に買い目を絞ればいいというわけではなく、「期待値が低い馬券をカットする」必要があるわけです。



▼そして、期待値が低い馬券・儲からない馬券は、私がいつも言うように、

「データ・血統・パドック」

このどれかを極めていくと、自然と分かるようになってくると思うわけです。



▼多くの人は、「買い目点数は、少なければ少ないほどよい!」と思っている。

でも、そうでは無いと思う。

多点買いでもいい。

なぜなら、期待値が高い馬券なら、それをすべて購入しても回収率は高くなるからです。



▼例えば、コンピュータによるシステム馬券投資で多額の利益を出し、国税局にマークされる会社がたまに出てきます。

このようなシステム投資で利益を出している組織は、「めちゃくちゃ多点買い」だったりするわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼JRAに三連単が出たばかりの頃、まだ競馬ファンは手探り状態で、三連単のオッズは「歪み」だらけだった印象。

そのようなオッズの歪みを突いて、荒れそうなレースで、ほぼ来ない大穴だけをカットして多点買い。

そんなシンプルな戦略で大金を稼いでいた組織もあったとか。



▼だから大切なことは、買い目件数を減らすことではなく、無理に買い目を絞ることでもなく、ただ、

「期待値が高い馬券を購入するだけ」

なんですね。

結局の所、馬券というのは、期待値が高い馬だけを購入していれば、長期的には負ける事はないのですから。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング