マイルチャンピオンシップ データ予想と傾向分析~過去データと消去法

【マイルCSのデータ予想】

▼本日は、古馬の秋マイル王決定戦、マイルチャンピオンシップの狙い目を、私(ブエナ)の切り口で考察してみたいと思います

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97


【マイルCSデータ】
2010~2015
(ブエナ調べ。マツリダ予想からの引用も一部アリ)


▼まず勝ち馬 一覧

2015年 モーリス(牡4)ムーア
2014年 ダノンシャーク(牡6)岩田康誠
2013年 トーセンラー(牡5)武豊
2012年 サダムパテック(牡4)武豊
2011年 エイシンアポロン(牡4)池添謙一
2010年 エーシンフォワード(牡5)岩田康誠
2009年 カンパニー(牡8)横山典弘
2008年 ブルーメンブラット(牝5)吉田豊
2007年 ダイワメジャー(牡6)アンカツ
2006年 ダイワメジャー(牡5)アンカツ
2005年 ハットトリック(牡4)ペリエ
2004年 デュランダル(牡5)池添謙一
2003年 デュランダル(牡4)池添謙一
2002年 トウカイポイント(セ6)蛯名正義
2001年 ゼンノエルシド(牡4)ペリエ
2000年 アグネスデジタル(牡3)的場均


▼所属

美浦(関東馬)
5-5-4-79
単勝回収率 46%
複勝回収率 59%
連対率 11%


栗東(関西馬)
11-11-10-148
単勝回収率 103%
複勝回収率 74%
連対率 12%


外国馬
0-0-2-9
単勝回収率 0%
複勝回収率 50%
連対率 0%


はい。
関西馬の単勝回収率が高いのは、人気薄のエーシンフォワードとアグネスデジタルの激走があるからです。

G1にしては、東西の格差が小さいレースですが、それでも関西馬の方が信頼度はやや上かなと。

外国馬は人気になりますが、過去のデータからは、あまりよくない傾向です。ただ、超人気薄の外国馬が、2度3着に来ています。



▼関西馬1~5番人気
8-11-4-28
単勝回収率 118%
複勝回収率 104%
連対率 37%


はい。
マイルチャンピオンシップでは、「関西馬の1~5番人気」が馬券の中心だと、私は考えています。

私が軸馬を選ぶのも、関西馬の1~5番人気が多い。そのほうが回収率を上げやすいからです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼性齢データ

3歳
1-2-3-53
単勝回収率 94%
複勝回収率 49%
連対率 5%


7歳以上
1-0-0-26
単勝回収率 8%
複勝回収率 4%
連対率 4%


牝馬
1-3-4-40
単勝回収率 22%
複勝回収率 42%
連対率 8%


はい。
私ブエナが思うに、マイルチャンピオンシップでは、「3歳・高齢・牝馬」は、期待値が低くなりやすい気がする。

逆に言えば、馬券の中心は、「4~6歳の牡馬」で良いかと。

3歳の回収率が高いのは、アグネスデジタル(単勝55.7倍)激走の影響ですので、度外視。



▼人気別データ

1~3番人気
6-11-4-27
単勝回収率 57%
複勝回収率 85%
連対率 35%


8~13番人気
4-1-6-85
単勝回収率 156%
複勝回収率 89%
連対率 5%


はい。
当然、人気サイドの連対率が高いわけですが、単勝回収率は低め。

マイルチャンピオンシップでは、人気馬が取りこぼすことも多い印象です。
逆に、8番人気以下の人気薄が激走する傾向がある。


三連複で中穴狙いの私ブエナには、厄介なレースでもあります。

穴党の人は、一発狙うのもおもしろい。



▼前走クラスデータ

前走 OP特別
0-0-0-11
単勝回収率 0%
複勝回収率 0%
連対率 0%


はい。
前走で重賞レースを使っていない、OP特別からの参戦馬は、全滅中。

そこそこ人気になりますが、過去16年では1頭も馬券になっていない。

そのうち来るかと思いますが、あえて狙っていく必要性もないかもしれません。



▼前走レースデータ

前走 スプリンターズステークス
3-1-1-12
単勝回収率 109%
複勝回収率 111%
連対率 24%


前走 天皇賞秋
5-3-3-27
単勝回収率 80%
複勝回収率 89%
連対率 21%


前走 富士ステークス
3-3-1-64
単勝回収率 72%
複勝回収率 36%
連対率 9%


前走 スワンステークス
1-5-5-57
単勝回収率 77%
複勝回収率 99%
連対率 9%


はい。
前哨戦としては、スプリンターズステークスか、天皇賞秋。
この2つのG1経由の馬の期待値が高くなっています。

ステップレースとして有名な、富士ステークスとスワンステークスは、出走頭数は多いのですが、期待値は普通ですね。



▼レース間隔・休み明けデータ

10週以上の休み明け
1-0-0-14
単勝回収率 38%
複勝回収率 14%
連対率 7%


はい。
10週以上、レース間隔が空いている馬は、かなり厳しい状況。

馬券になったのは、2015年に安田記念からぶっつけで挑んだ、怪物モーリスだけ。

基本的に、マイルチャンピオンシップは、前哨戦を使ってきた馬を狙う方が、回収率は上げやすい印象です。



▼ということで本日は、マイルCSのデータについて、私ブエナの独断と偏見で分析してみました。

荒れやすいG1で、私的にはちょっと苦手な部類のレースですね。

とは言え、上述したようなデータを活用しながら参戦すれば、的中率は低くても、長期回収率は維持できると思います。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



私(ブエナ)のマイルチャンピオンシップの買い方


▼では実際に、私ブエナがマイルチャンピオンシップで馬券を取ったレースについても、考察してみたいと思います。

まず、 2012年のマイルチャンピオンシップ。


1着 サダムパテック 4番人気
2着 グランプリボス 1番人気
3着 ドナウブルー 5番人気


このレースは、5番人気までで決まっていますが、三連複92倍と、美味しいレースでした。

私の狙いは、データでも取り上げた「関西馬の1~5番人気馬」でした。



▼関東馬のストロングリターンと、ファイナルフォームが人気になっていたので、この2頭が来たら諦める形で勝負。

関西馬で上位人気の、グランプリボス・サダムパテック・ドナウブルーに、6番人気のダノンシャークまで追加して、馬連と三連複4頭ボックス。

結果的には、6番人気のダノンシャークは不要でしたが。

3着のドナウブルーは、牝馬だったので迷いましたが、鞍上スミヨンの関西馬ということで、ボックスに組み込みました。



▼配当は、馬連2520円と、三連複9230円。

混戦模様のレースだったので、逆にシンプルに、関西馬狙いに絞り込んだことが功を奏した形でした。

私ブエナとしては、苦手なマイルチャンピオンシップで、綺麗な的中だったので、記憶に残っているレースです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング