紐馬の選び方~ヒモ馬の決め方。流し馬券の相手にどの馬を拾うか?軸と相手

ヒモ馬の決め方は?


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「私の場合、軸馬を人気馬にすることが多いので、必然的にヒモ馬は、中穴~大穴馬となる」

「ただ、少頭数など、特殊なレース条件下においては、本命サイドのヒモ馬を選んで、手堅く的中させることもある」

「私ブエナの感覚では、芝のレースとダートのレースでは、ヒモ馬の選定方法がかなり違ってくる印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼馬券構成の基本は、軸馬からヒモ馬への流しだと、私ブエナは考えています。

馬券というのは極論すれば、この軸馬とヒモ馬の期待値が高ければ、長期的にはプラス収支になると考えます。


軸馬については、過去に「⇒こちらの記事」で考察していますので、参考にしてみてください。

本日は、ヒモ馬について考えてみます。



▼私の馬券の買い方として、

「軸馬は人気馬。ヒモ馬は中穴馬」という形にすることが多いです。
(マツリダ予想より引用)

なので、私のヒモ馬はほとんどの場合、中穴馬(9番人気くらいまで)ということになります。



▼マツリダ予想を使っている人は、このような「中穴狙い」にしていることが多いと思います。

もちろん、この形だけが正解と言うわけではないです。

中穴狙いは、過剰人気になりにくく、高期待値の馬券が発生しやすいので、現状では有利になることが多いと思うだけです。


今後、このように考える人が増えて、中穴狙いが過剰人気になれば、今度は「本命サイド」と「大穴サイド」が儲かることになります。

日本競馬というのは変動オッズなので、常に儲かるゾーンは流動すると思うわけです。



▼ヒモ馬の話に戻りましょう。

上記のような理由から、私ブエナのヒモ馬の選び方は、中穴馬が中心。


たまに、「期待値が高い中穴馬」を発見したときは、軸馬をその中穴馬にして、ヒモ馬を人気馬にすることもあります。
(逆の形)

これだと、理論的には同じオッズゾーンの組み合わせになります。

ただ、軸馬を中穴馬にしてしまうと、どうしても的中率が大きく下がってしまう印象です。

だから私ブエナの場合は、軸馬は人気馬にすることが多い。



▼もし軸馬を中穴馬にするなら、「紐馬は人気馬」にした方が、資金の回転効率は良くなると思う。

軸馬が中穴馬で、ヒモ馬も中穴馬だと、大幅に回収率が下がります。

また、軸馬が人気馬で、ヒモ馬も人気馬だと、モロに本命サイドを購入することになってしまい、合成オッズが下がって、回収率も上がりにくくなる印象。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ちなみにこれは、芝の中長距離レースの話です。

ダートの場合は、「軸馬は人気馬にして、ヒモ馬は大穴馬まで伸ばす」ことが多いです。

短距離戦でも同じように、ヒモ馬は大穴狙いにするケースが多い。私の場合ですが。



▼これは、芝の中長距離と、ダート・短距離戦で、高期待値のゾーンが違っているような気がするから。

また、中央競馬には、芝・ダート以外にも、様々な距離や、ハンデ戦など条件が多岐にわたります。

これらの条件ごとに、「期待値の高い馬券ゾーン」は、それぞれ違ってくると思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼とすれば、先ほど私は本命サイドの馬券は買わないと言いましたが、例えば「少頭数の重賞レース

この場合、ブエナ調べでは、本命サイドの期待値が上がる印象。

なので私は、少頭数の重賞レースで、上位3~4頭くらいに絞り込める場合は、それらの本命サイドの組み合わせで、厚く勝負することもあります。



▼逆に、「多頭数のハンデ重賞レース

この場合は、本命サイドの馬券の期待値が下がる気がする。

なので人気馬を軸馬として、状況によっては「馬連総流し」もあり得る。

ハンデ重賞なら、しっかりレースを選べば、馬連総流しでもプラス回収になると思うからです。



▼このように、「ヒモ馬の選び方」と、一口に言っても、レース条件によってヒモ馬は大きく違ってくると思う。

本屋さんなどで、競馬の必勝法とかいう本をペラペラとめくってみると、

「ヒモ馬は、3~6番人気と、10~13番人気で狙い撃ち!!」

みたいな記事を目にすることがあります。

しかし、ここまで書いてきたように、競馬には様々なレース条件があるため、この本に書いてあったようなガチガチに固定したシンプルな戦略では、長期的にはどんどんお金が減ってしまうと思われます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼私の印象では、多くの競馬ファンは、「できるだけ何も考えずに利益を出す馬券必勝法を教えてほしい!」と、思っているのではないか?

だからこそ世の中には、馬券の本質を掘り下げていくものより、効果はなくても分かりやすいシンプルなものが蔓延するのではないか?



▼でも、いつも書いている通り、競馬というのは「他の馬券購入者との戦い」なんです。

だから、努力しない人は負けて、努力する人が勝ち続ける。

楽なほうに逃げれば、馬券収支のマイナスは増える一方です。
(経験談)



▼ということで本日は、紐馬の選び方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私が意識していることとして、「ヒモ馬は常に、軸馬とのオッズバランスを考慮して決める」というものがあります。


要するに、本命サイドばかり買わない。大穴狙いになりすぎないように気をつける。ということです。

そして、「そのレース条件で期待値が高いオッズゾーンの馬を、ヒモ馬とする」

これが重要だと思いますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



実戦でのヒモ馬の選び方


▼ヒモ馬の選定方法についての考察を続けます。

具体的な私の馬券の買い方についても書いてみます。


例えば、2017年のアメリカジョッキークラブカップ。

1着 タンタアレグリア(7番人気)
2着 ゼーヴィント(1番人気)
3着 ミライヘノツバサ(3番人気)


はい。
これは実際に、私ブエナが馬券を購入し、的中したレースです。

三連複40倍弱と、思っていたより安かったので残念でしたが、予想としては簡単でした。



▼ここは、軸馬はゼーヴィントで問題ない。マツリダ予想の(軸期待値○)です。

あとはヒモ馬を選ぶだけなんですが、ここもいつも通り、中穴馬をヒモ馬に置くだけ。


9番人気までの馬で、ワンアンドオンリーとクラリティスカイは、過去のG1ホースということで、やや過剰人気の気配がしたので切り。

それ以外の6頭を三連複のヒモ馬として、ゼーヴィントから15点買い。

15点で39.7倍なら、まあまあでしょうか。



▼AJCCはご存知の通り、芝の中長距離戦。G2。

この条件なら、10番人気以下の馬の期待値は低いケースが多い。
(マツリダ予想より引用)

軸馬のゼーヴィントが2着で、私がヒモ馬にした馬は、1~6着に入りました。
(5着のワンアンドオンリーだけ誤算)



▼3、4着が入れ替わってくれれば、もう少し高配当になったんですが、これは仕方ない。

予想の方向性は正しいということが確認できればOKです。



▼ちなみに、2番人気のリアファルは切りました。

結果としては、リアファルは13着に惨敗したので正解だったわけですが、読み切っていたわけではないです。

単純に、ゼーヴィントとリアファルが両方同時に入ってしまうと、三連複の配当が大きく下がり、想定していた払い戻しにならないからです。



▼もちろん、2番人気だったのでリアファルが馬券圏内に入ってくる可能性は高い。

それでも私ブエナは、そのような本命サイドの馬券は切ることが多いです。

それは、上述の通り、本命サイドの馬券に偏りすぎると、合成オッズが下がって回収率も下がってしまうからです。

馬券で利益を出すには、「当てに行かない」ことが重要だと、私ブエナは思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング