馬連で勝つ方法~必勝法・攻略法はあるか?馬連の買い方

馬連の必勝攻略法は?


▼私(ブエナ)の経験談で書けば、

「私の馬連の買い方は、人気馬を軸に人気薄への流し、というスタイルが多い」

「ボックスにしない理由は、期待値が低くなりがちな本命サイドと大穴サイドを、あまり買いたくないから」



では具体的に考察してみます。



▼馬連というのはご存知の通り、1着と2着を順不同で当てる馬券です。

最近でこそ、三連複・三連単が人気ですが、少し前まではこの馬連が、馬券の基本でした。

そして今でも、馬連は人気のある馬券種です。

馬連


▼そんな馬連の攻略法として、最も重要なポイントになるのが、

人気馬と人気薄の組み合わせ」だと、私ブエナは考えます。


これは、マツリダ予想で推奨している手法ですが、馬連は人気馬を軸にして人気薄に流すと、回収率が上がりやすくなるように思います。

もしくは逆に、人気薄を軸にして人気馬に流すという方法ですね。



▼では、なぜ「人気馬同士の組み合わせ」と、「人気薄同士の組み合わせ」は、狙わないのか?

これは「売れすぎる」ことが多いと思うからです。


人気サイドの馬連は、的中率が高い。

多くの競馬ファンは、「的中の喜び」を味わいたいので、多くの人が人気サイドの馬連を購入し、売れすぎてしまうと思うわけ。

売れ過ぎた馬券というのは、オッズが低下し、長期的には利益を出すことができません。



▼単勝の攻略法の時にも書きましたが、私は単勝の場合は、「オッズが10倍前後」を狙います。
(あくまで私ブエナの考え方です)

私の経験では、「単勝1倍台」の、断然人気の馬を単勝で狙っているうちは、馬券収支はなかなかプラスになりませんでした。



▼これと同じように馬連も、中穴を狙っています。

配当で言えば大体、馬連15倍から40倍くらいでしょうか。


私の場合は、この辺のゾーンを馬連で狙うことが多いです。

これ以外のゾーンを馬連で狙うと、長期的にはなかなか利益を出すのが難しくなる印象。
(あくまで私ブエナの見解です)



もちろん、適当に馬連の20倍前後を狙っていても勝てませんので、「馬連の20倍が出やすいレース」をピンポイントで狙うことになります。

これがスムーズにできるようになれば、回収率は向上し、馬券収支も改善されていく。

このような「レース選び」は、馬券で利益を出すために最も重要なポイントの1つでしょう。
(マツリダ予想より引用)



▼さて、上述したように、私ブエナの馬連構成の基本は、


・人気馬から人気薄へ流す

・人気薄から人気馬へ流す



私の場合は、この2つのパターンで馬連の馬券を構成することが多いです。

このような構成であれば、必然的に的中馬券は「中穴サイド」になる。


いつも当ブログで書いているように、馬券というのは、本命サイドと大穴サイドが過剰人気になりやすいと思うので、中穴サイドを狙っていく方が、効率が良いのではないかと私は考えています。

(※レースを選べば、本命サイドと大穴サイドでも、もちろん勝てます)



▼では上述した買い方と、逆の買い方はどうなのか?

以下は、基本的には儲かりにくい馬連の買い方となります。
(あくまで私ブエナの自説です)


【オススメしない馬連の買い方】


× 1番人気から、2番人気3番人気への流し

× 1~3人気の馬連box

× 10番人気以下の馬をかき集めて、3~5頭くらいの大穴box

× 10番人気以下の超人気薄からの流し


はい。

このような馬連馬券を構成する人が、実はかなり多いです。

でも、多分このやり方だと、なかなか利益は出ないと思うわけ。



▼まず前述の通り、本命サイドの馬連馬券は的中率が高いので、当たる喜びを感じることができる。

だから買う人が多いんですが、買う人が多いという事は、残念ながら儲からない買い方であると思うわけ。



▼また、10番人気以下の超人気薄の馬をかき集めた「ボックス馬券」は、何も考えずに一発高配当を狙えるので、これもまた買う人が多い馬券構成です。

確かに当たれば大きいわけですが、「的中確率に対してオッズが伴わない」ことが多い印象。

つまり儲けにくい、と思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



とは言え、本命サイドの馬連も、大穴サイドの馬連も、絶対に買ってはならないというわけではないです。

初心者さんには、ここの部分が難しいかと思いますが、競馬のレースというのは、「1レース1レースが、唯一無二のパワーバランス」になっている。



▼言葉で説明するのは、なかなか難しいんですが、簡単に言えば、

「本命サイドの馬連の期待値が高いレースもある」

「大穴サイドの馬連の期待値が高いレースもある」


ということ。


「レース選びが重要」というのは、この辺にもつながっていきます。



▼私の場合は、マツリダ予想のレース選びで馬券購入しているので、必然的に中穴狙いです。

だから私は、本命サイドや大穴サイドの馬連は、あまり買わない。


ですが、レースにはそれぞれのパワーバランスがあるため、

「本命サイドの期待値が高いレース」や「大穴サイドの期待値が高いレース」もあるわけです。

ですからその場合は、中穴にこだわらず、手堅い本命サイドを狙ったり、思い切って大穴サイドの高配当を狙っていくのもアリだと思います。



▼ということで本日は、馬連で勝つ方法について書いてみました。

私なりにまとめると、


「私の馬連構成の基本は、人気馬を軸に、9番人気くらいまでの人気薄への流し(ヒモは厳選する)」

「軸馬とヒモ馬の期待値が高ければ、尚よし」

「人気サイドと、大穴サイドの馬連は、長期的な回収率が上がりにくいので、私ブエナはあまり買わない」



このように考えています。



▼最後の方は、少しマニアックな話になってしまいましたが、馬連の構成は基本的には、

人気馬と人気薄

にするのが、バランスが良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





大穴狙いの馬連ボックスデータ


▼さて、先ほどは、「人気薄の馬連boxは、利益を出しにくい」と書きました。

それについて、具体的なデータを見てみましょう。


【11~15番人気の馬連ボックス】
5143レース分析
過去2年くらいのデータ
(ブエナ調べ)


的中率 0.2%
回収率 18%



はい。
過去2年くらいのすべてのレースで、「11~15番人気の馬連ボックス(10点買い)」をした時の成績です。

実際に馬券購入はせず、データ分析だけですが、背筋も凍る結果となっております。



▼5143回、勝負して、的中は10回です。

最高配当は、13万馬券。
平均配当は、7万馬券。

これだけ見ると、穴党の人には、とても魅力的に見えるかと思います。



▼しかし、的中率はわずか 0.2%

回収率は、18%しかありません。

合成オッズがかなり高い設定なので、過去2年くらいでは、まだ確率収束していないと思います。

しかし、それを考慮しても、やはりこの回収率は低すぎると思う。



▼ちなみに、ここからさらに遡って、過去4年分くらいのデータを集めてみました。


【11~15番人気の馬連ボックス】
11073レース分析
過去4年くらいのデータ


的中率 0.2%
回収率 24%



はい。
少し確率が収束して、回収率が上がりました。

最高配当は、25万馬券。
平均配当は、8万馬券。


私ブエナの感覚では、さらに遡っていけば、もうちょっと回収率は上がるかと思います。

でもこれでは、プラス収支にすることは、かなり困難だと思われます。



▼このように、実際にデータ分析してみるとわかりますが、

「大穴サイドの馬連は、夢を求めて適当に購入する人が多いので、当たらない割に、配当が低い」と思うわけ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼確かに、最高配当は25万馬券ですから、たった千円が25万円!になるわけです。

これは夢がある。

でも私は、このような大穴サイドの馬連は購入しません。

なぜなら、「期待値が低いから」


期待値が低い馬券を購入していると、競馬歴が長くなればなるほど、低い回収率に引っ張られ、お金は失われていく。

私はそう考えるから、「大穴の馬連box」は、ほとんど買わないわけです。



▼確かに、大穴サイドを狙いたくなる気持ちはわかる。

特に、競馬資金が少ない人。

1点100円の馬券で、一攫千金の夢を求めるなら、必然的に大穴サイドになる。

しかしながら、ここが落とし穴になっているわけです。



▼株の世界では、資金力がある方が絶対有利と言われますが、それは馬券の世界でも同じ。

資金力がない人は、どうしても一攫千金を狙わざるを得ない。

100円で10倍の馬券を当てても、1000円にしかならない。

ても、100倍の馬券を当てれば、100円が1万円になるわけです(万馬券)

だから多くの人は夢を求めて大穴馬券を購入する。



▼しかしだからこそ、大穴馬券は過剰投票となり、期待値が低くなると思うわけです。

馬券は心理戦である。

オッズは競馬ファンが作っている。

という事は、競馬ファンの心理を逆手に取れば、馬券で利益を出す事は難しくないわけです。



▼このように書くと、なんだか性格が悪い人のように見えますが、馬券というゲームが他の馬券購入者との戦いである以上、相手の裏をかくのは当然です。

囲碁でも将棋でも、相手の裏をかくのは当たり前。

馬券でも同じ。

多くの人が考えることは何か?

自分はその裏を考える。

それができれば、馬連でも何でも、長期的には利益が出るようになるわけです。



▼ではこのような「期待値」から馬連の馬券構成を考えてみましょう。

馬連は、基本的には「軸馬」と「ヒモ馬」で構成される。

ボックス馬券もありますが、ボックスは期待値分析がしにくいので、ここでは流し馬券で考えてみます。



▼まず、軸馬。

軸馬は、私ブエナの場合は基本的には、人気馬から選ぶ。

軸馬を人気薄にしてしまうと、的中率が大幅に下がり、運任せの馬券収支になるからです。
(マツリダ予想より引用)

人気薄から流すと高配当になるので夢はありますが、これもまた大穴サイドの馬券を購入することになってしまい、回収率が上がりにくい印象です。



▼そして、軸馬を人気馬にする場合も、注意点があります。

それは、「断然人気の馬を軸馬にしない」という部分です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼例えば、単勝1.2倍の断然人気馬。

このような馬は、連対率が50%以上あるので、馬連の軸にすると的中率がかなり上がります。

でも私はこのような馬券構成にはしない。

それはなぜか?



▼それは、「断然人気の馬を軸にする馬連は、過剰人気になり、利益が出ないから」です。

もちろんこれも、レース選びを厳密にすれば利益は出るわけですが、レース選びを厳密にするということは、参加できるレースが少なくなってしまうということ。

それだとつまらないので、私の場合は、断然人気の馬を馬連の軸にはしません。

どうしても断然人気の馬が強いレースは、見送りか、別の馬を軸にしますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング