競馬新聞では馬券で勝てない?ターゲットでデータ分析すれば勝てる

競馬新聞では馬券で勝てない?


▼本日も、私(ブエナ)の独断と偏見で展開します。

私の経験談で言えば、今の時代において、「競馬新聞に赤ペン」で馬券勝負しても、まず勝ち目はないと思います。


今、馬券で勝っている人の多くは、「パソコンでデータ分析」をしています。

馬券というのは、他の馬券購入者との戦いですから、あなたに競馬新聞しか武器がないとしたら、

アナログの競馬新聞 vs 高性能パソコン

という戦いになってしまうわけです。

競馬新聞


▼なので、馬券で長期的にプラス収支を出すためには、パソコンでデータ分析するのが、現状では有効な戦略になると思います。

パソコンを使えなければ、データ分析ソフトも使えないので、パソコンが苦手な人は、データ分析された有料の予想情報などを購入するという形でも良いのです。

が、ほとんどの有料競馬予想は、金額がやたら高いので、月額5000円以上の予想はお勧めしません。



▼当ブログでは、何度か書いていますが、

「競馬で長期的な収支をプラスにするには、期待値の高い馬を探さなければならない」
(マツリダ予想より引用)


そして、期待値の高い馬を探す「武器」は、

・データ

・パドック

・血統



この3つが主力だと、私は感じています。

3つ全てを理解する必要はなく、どれか1つを極めれば、期待値の高い馬を見極めることが可能になってくると思われます。



競馬新聞に赤ペンでは、このような「高期待値の馬」を探すことは、極めて困難です。

ですから、本気で馬券で勝ちたい人は、競馬新聞だけで馬券を買うのはやめた方が良いかと思います。

私も初心者の頃は、スポーツ新聞だけで馬券を購入していましたが、大赤字でした。



▼競馬新聞だけで勝てるとしたら、

「競馬場で、実際にパドックを見て、馬体の良し悪しを判断できる相馬眼のある人」

ということになると思います。

ただ、これも厳密に言えば、競馬新聞だけで勝っているわけではなく、「パドック眼」という武器で戦っているわけですが。



▼尚、データ分析ソフトで高期待値馬を探すことも可能ですが、最低限のパソコンのスキルが必要なのと、データ分析に膨大な時間がかかってしまうのがネックです。

また、データ分析ソフトを利用するにも、月額で最低でも 2,000円以上はかかってしまいます。



▼ちなみに、もし競馬新聞だけで、長期的に利益を出そうとするなら、まず先に、

期待値の高い馬券のルールを探しておく

という作業が必要になります。


どういうことかというと、例えば、「有馬記念は4番枠が高期待値」というのが有名ですが、このような細かいルールを、たくさん用意しておくということです。



▼「期待値が高い条件」さえ分かっていれば、あとはそれを探すだけなので、競馬新聞でも利益を出すことが可能になります。

ただ、この場合もやはり、最初に期待値の高い部分を探すために、パソコンでのデータ分析が必要になるわけですが。



▼馬券で勝てない人の特徴として、「なるべくお金をかけずに勝ちたい!」という、欲望があります。

つまり、

「勝っている人は、みんないろいろな情報にお金を使っているけど、そんなのダサい!自分だけはお金を使わずに、スポーツ新聞の140円だけで勝ちたい!」

「情報にお金を出すなんて格好悪い!」

「自分だけは競馬新聞だけでも勝てるはずだ!」


・・・と、このような妄想にとりつかれるわけです。
(かつての私です)



▼そして、皮肉なことに、スポーツ新聞だけで自力予想した結果、「情報料金」よりも「馬券のマイナス」が大きくなってしまうわけです。
(経験談)

これはよくある話。かくいう私も、若い頃はこの罠にはまって、かなり馬券で損失を出してしまいました。

このような罠にハマってしまわないよう、「自分だけは勝てるハズ!」と、錯覚しないようにご注意ください。



▼確かに、競馬新聞にはたくさんの情報が詰まっています。
(原材料的な情報ですが)

また、買ったばかりの競馬新聞を開く時の高揚感。独特の香り。

そこに、赤ペンで丸をつけていくときなどは、すごくテンションが上がって楽しいです。


その気持ちは分かる。私もそうです。

でも、「楽しい事」と「利益を出す事」は、まったく別物です。



▼馬券で利益を出すには、「原材料」を「加工」しなければならない。

すなわち、情報を調理するわけですね。

これがデータ分析と言えます。



▼いつも言ってますが、競馬というのは、JRAとの戦いではなく、他の馬券購入者との戦いです。

これを読んでいるあなたは、他の馬券購入者よりも、圧倒的な馬券知識がありますか?

馬券で利益を出すには「自分なりの根拠」や「自分なりの武器」が、絶対に必要です。戦いですから。


そういう意味で、「競馬新聞しか武器がない」というのは、圧倒的に不利な状況なわけです。

他の馬券購入者は、ハイスペックPCや、有料情報を駆使して、馬券購入しているわけですから。



▼ということで本日は、競馬新聞では馬券で勝てないか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


よほどの博才がある人以外は、競馬新聞だけでは馬券収支をプラスにすることは難しいと思う

私はそう考えています。



▼現代は、データ競馬の時代。

望むか望まないかは別として、それが現実です。


勝っている人は、膨大な競馬データを分析しています(数万レース単位は当たり前)

そんな時代に、競馬新聞に赤ペンで丸をつけるだけで勝てるだろうか。


「負けてもいいから楽しみたい」なら、それでもいいと思います。

しかし、「勝ちたい」「利益を出したい」と思うなら、競馬新聞と赤ペンだけでは、かなり厳しいのが現実です。


以上、あくまでも私の個人的な見解でした。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



なぜ競馬新聞では勝てないのか?


▼さて、そんなわけで、競馬新聞だけで適当に馬券を買うのはやめましょう。

土日の朝早くからコンビニに行って、某日刊スポーツを購入し、家でコーヒーを飲みながら一服しつつ、馬柱を眺める瞬間。

至福の時。

私も大好きな時間です。



▼でも、至福の時は、最初だけ。

最終レースが終わる頃には、朝買ったスポーツ新聞はヨレヨレになり、財布の中身も寒いことになる。


オケラ街道を、ヨレヨレになったスポーツ新聞を握り締めて歩く。

あの時、こっちの馬を軸にしておけばよかった。。あのレースは購入しなければよかった。。

なんて、いろいろ考えながら、結局は「なぜ勝てないんだろう…」というところにたどり着く。



▼こんな日々を、長く競馬をやっている人なら、きっと経験していると思います。

もちろん私も、何度も経験があります。

朝から競馬をやって、勝てなかった時の夕方の疲労感たるや…。本当にどっと疲れます。



▼私も勝てなかった頃は、スポーツ新聞なら、日刊スポーツもスポニチも複数購入したり、あるいは、競馬ブックなどの競馬新聞を併用したりしていました。

でも勝てなかった。

私が思うに、競馬新聞の情報というのは、「全体観が得にくい」という印象です。



▼どういうことかというと、競馬新聞の情報というのは、非常に細かいところまで書かれている。

でもその半面、客観的な判断材料がないわけです。

要するに、「今日の36レースの中で、どのレースで勝負するべきか?」という判断材料がない。

あるいは、「このレースの中で、どの馬の期待値が高いのか?」という判断材料もないわけです。




結局のところ、長期的な馬券収支をプラスにするためには、「レース選び」と「期待値が高い馬選び」

この2つが必要不可欠であると、マツリダ予想でも講義されています。


要するに、競馬新聞を見て、「ふーむ。この馬は、前走の上がりが33.4秒かー。いい脚ダナー。買おう!」

とかやっていても、全体観が欠落しているので、長期的には高確率でお金が減っていくということになると思うわけです。
(これもかつての私ですが)


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング