競馬は若い馬の方が儲かる。馬の年齢と回収率・的中率の関連性

競馬は、若い馬の方が儲かるか?


▼サラブレッドには、それぞれ年齢があり、その年齢によって、「儲かる馬」や「儲からない馬」がいたりします。

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「基本的に競馬は、若い馬の方が儲けやすい傾向にあると思う」

「特に、短距離戦では、若い馬の回収率が高くなりやすい印象」

「ただ、長距離戦だと、高齢馬の折り合いのつけやすさが武器になることもある」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競走馬の多くは、2歳でデビューして、引退するまで走り続けます。

最近は、不況の影響で競走馬も長く走らされることが多くなりました。

8歳馬9歳馬・・・たまに10歳の馬もいますね。

おじいさん


さて、この馬齢ですが、「平均的には」若い馬ほど、馬券の回収率が上がりやすいという特徴があるように思います。

どんな生物でも、若い方が身体能力が高く元気です。

そして若い馬は、能力に伸びしろがあるわけです。


それに対してある程度、歳をとった馬というのは、成長する幅がなく、驚くような走りをすることは少ないです。
(高齢馬の激走もたまにありますが、平均的には、若い馬の方が元気)



▼ですから長い目で見たとき、若い馬を選んでいく人と、歳をとった馬を選んでいく人とでは、回収率に差が出てきます。

若い馬を選ぶ人の方が、回収率が高くなりやすい傾向にあると思うわけです。私の見解ですが。



▼特に、人気薄の穴馬を狙う場合、年をとったおじいさん馬よりも、若くて活きのいい馬を狙った方が、同じ人気薄でも期待値が違う印象。

そして回収率も、違ってくると思うわけです。



ただ、この傾向は、「長距離」だと、あまり当てはまらないケースがあるので注意が必要です。

長距離レースでは、ベテランの落ち着き(折り合い)というのが、武器になるからです。



長距離レースは、若さ故の、「イレ込み」がスタミナを消耗させてしまうため、高齢の馬が好走したりします。

逆に、短い距離だと若い馬のエネルギーが、おじいさん馬を蹴散らすことも多いと思うわけです。


ですから、距離やコースなど、そのレースの特徴によって、若い馬を狙うのか?おじいさん馬を狙うのか?を判断していくと、回収率は上がりやすくなると思うわけです。



▼参考データ(過去10年 6550頭を分析)

芝1200m の年齢別 単勝回収率
(ブエナ調べ)


4歳 単勝回収率96%(勝率9.5%)

5歳 単勝回収率91%(勝率6.7%)



はい。素晴らしい回収率ですね。

スプリント戦では、4歳馬と5歳馬をアタマに考えていくと回収率が上がりやすいと思います。

では次に、6歳と7歳を見てみましょう。



▼参考データ

芝1200m の年齢別 単勝回収率


6歳 単勝回収率71%(勝率4.1%)

7歳 単勝回収率41%(勝率2.5%)



はい。
先ほどの4~5歳馬と比較して、明らかに成績が悪いのが分かります。

やはり、古馬スプリント戦では、4~5歳を中心に予想を構成した方が、回収率は上げやすい印象です。



▼参考までに、さらに突っ込んでデータ分析してみます。

【芝1200m 4歳馬 1~6番枠】

単勝回収率 101%(勝率10.1%)


はい。
ここまでくれば、古馬スプリント戦での狙い目が、かなり見えてきますね。



▼もっと突っ込んでみますか?

【芝1200m 4歳馬 1~6番枠 前走1着馬】

単勝回収率 114%(勝率16.5%)


はい。
さらに回収率が上がります。



▼競馬予想におけるデータ分析というのは、今、私がやったように、

「絞り込み」と「データの融合」

私の場合は、そのようなアプローチをすることが多いです。


ただ、それだけが正解というわけではないです。

競馬のアプローチ手法は無限にあり、だからこそ奥が深く、楽しいわけですね。



▼さて一方、馬券というのは相対的なものなので、

儲かる馬がいれば、その反対には、儲からない馬がいる

先程の、データの裏側を見てみましょう。


【芝1200m 7歳馬 5~18番枠】

単勝回収率 22%(勝率1.7%)


はい。

先ほどは、「フレッシュな内枠の馬が儲かる」というデータを出したわけですが、その反対の、「高齢馬の外枠」は、逆に回収率が下がるわけですね。



▼古馬スプリント戦で、7歳馬の5~18番枠の単勝を勝っていたら、単勝回収率は、「22%」になってしまう、ということになります。

これはあくまでも過去のデータに過ぎませんが、競馬では同じことが繰り返されることが多いので、傾向として頭に入れておく事は重要だと思います。



▼ちなみに、上述した傾向は、あくまでも「1200m戦」のデータであり、長距離になると高齢馬でも、がんばります。

が、それでも若い馬の方が有利ですね。

私自身も、若い馬を中心に、馬券を構成することが多いです。



▼ということで本日は、競馬は若い馬の方が儲かるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「競馬は基本的に、若い馬の方が回収率が高くなりやすい印象」

「ただ、長距離戦になると、高齢馬の回収率が高くなりやすいと思う」



私の場合は、このような認識です。



▼ケースバイケースですが、基本的にはやはり、若い馬の方が儲かることが多いと感じます。

コツとしては、年齢だけで切ったり、拾ったりするのではなく、

どうしても迷った時は、若い馬を拾う」という感じにすることが、私の場合は多いです。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



馬齢の戦略におけるデメリット


▼さて、第一部では、若い馬の方が儲かる、というアプローチをしてみました。

やはり全体的な傾向として、私ブエナの感覚では、

「サラブレッドの回収率は、4歳を頂点にして、そこから下降する」という印象を受けます。



▼ただ、この私の理論には、1つ問題があったりします。

それは、

「6歳以上の馬の絶対数が少ない」

という部分です。



▼2歳限定・3歳限定を除くと、馬券の回収率は、高齢馬になるほど下りやすくなる。

ここまでは良いとして、問題は、6歳以上の馬はあまり数が多くないわけです。


例えば、2歳限定・3歳限定を除いたレース「1281レース」を考えてみます。



▼1281レースで、頭数が 18029頭。

この 18029頭のうち、7歳以上馬は「1727頭」しかいないわけです。



▼という事は、「7歳以上馬は、期待値が低いので切ろう!」と思っても、

「10頭に1頭もいない」

ということになるわけです。

なので私は先程、馬齢だけで予想を構成するべきではないと書いたんですね。



▼単勝回収率的には、

5歳馬 83%
8歳馬 46%

と、ダブルスコアくらいの差があります。

ただ、頭数を見ると、


5歳馬 5024頭
8歳馬 456頭

と、やはり10%くらいしかいないわけです。



▼データ分析をしていると、このようなケースは多々あります。

これは消去法の1つの弱点でもあるように思うわけです。

消去法というのは、対象数が少なすぎると、あまり機能しないこともある。

なので私は、消去法よりも、選択法や抽出をよく使うわけです。



▼とは言え、「迷った時に、若い馬を選ぶ」というのは、私もよくやります。

「他の条件が同じなら」6歳以上馬よりも、若い馬を選ぶことが多いです。

馬齢に関しては、それをメインストリームにするのではなく、補助的な指標として使う方が、効果を発揮するように思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング