人気薄の牝馬は儲からない?若い牝馬と人気の牝馬は買う。オッズ次第

牝馬は儲からない?牝馬の狙い目は?


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「牝馬は、やはり回収率を上げにくいと思う」

「ただ、7~8月の夏競馬に関しては、牝馬が儲けやすい気がする」



では具体的に考察してみます。



▼基本的には、牝馬が有利になるケースは少なく、回収率は上げにくい印象です。

「牝馬が得意な条件」に絞り込んでいけば、狙い目もあるんですが、「平均的には」やはり、牝馬よりも牡馬の方が回収率を上げやすいと、私は感じます。


では、「牝馬が得意な条件」などについても、具体的に考察してみましょう。



▼競走馬にも、オスとメスがいます。

牡馬と牝馬。

牝馬は牡馬に比べて運動能力が相対的に低くなりやすく、そのため斤量が牡馬よりも、2キロ軽く設定されています。

牝馬


▼しかし、2キロもらっても、やはり牝馬が牡馬に勝つのは難しいケースが多い。

特に、上のクラスに行けば行く程、雄と雌の生物としての運動能力の差が出てしまいます。

ブエナビスタやウオッカのような怪物牝馬は例外として、全体的に見るとやはり牡馬の方が優勢なのですね。



ですから馬券を買うときも、牝馬よりも牡馬を中心に考えた方が、回収率はアップしやすいと、私は感じます。

特に、穴を狙う場合。

人気薄の馬を狙う場合は、牝馬よりも牡馬の方が回収率が高くなりやすい印象です。

人気のない牝馬というのは、なかなか激走することは少ないですね。
(あくまで私の認識です)



▼一方で、「人気のある牝馬」というのは一応、押さえておいた方がいいです。

牝馬だからといって、何でもかんでも切り捨てていると痛い目を見る。


人気のある牝馬というのはある程度、信頼しても良い場合が多いわけです。

オルフェーヴルにも勝った、ジェンティルドンナのケースが代表的です。



▼ジェンティルドンナの場合は、あの時、3歳で若く、牝馬ながら人気になっていました。

若い牝馬ということで、狙い目は十分にあったわけですが、もしこれが「人気薄」だったら、切り捨てても良い場面でした。



▼競馬は常にオッズとの戦いであり、自分の予想とオッズを、常に見比べて行かなければなりません。

独りよがりな予想は、ただの自己中心的な予想となり、利益につながらない。


競馬はオッズから予想が始まる。

自分の予想とオッズを見比べて、誤差のあるところを狙い打つのが、馬券で勝つための唯一の方法と、私は考えます。



▼閑話休題。

具体的に、牝馬のデータを見てみましょう。
(過去5年データ。9368頭。中央。午後のレース対象。スプリント戦&少頭数は除く)


・牝馬芝 単勝回収率 66%

・牝馬ダート 単勝回収率 45%



はい。
やはり牝馬は回収率が低めとなっています。



▼一方で、同じ条件における、牡馬のデータは・・・


・牡馬芝 単勝回収率 78%

・牡馬ダート 単勝回収率 76%



このような感じ。
やはり牡馬は安定感があります。



▼このように、ちょっとデータを見てみただけでも、牝馬の回収率は低めであることがわかります。

特に、「ダートの牝馬」は、単勝回収率・複勝回収率ともに低くなっています。


ダートはパワーが要求されるため、か弱い女の子は走りにくいのでしょう。

また、牝馬といえば「一瞬の切れ味」が武器であるため、パワー系のダートコースでは、その長所が発揮しにくいのかもしれません。



▼「一瞬の切れ味の牝馬」で、1つ面白いデータを見てみましょう。


・牝馬芝(重馬場) 単勝回収率108%(複勝回収率89%)

・牝馬芝(不良馬場) 単勝回収率65%(複勝回収率116%)



はい。
牝馬は、芝の良馬場ではあまり回収率が高くないのに対して、雨が降って、馬場が重くなると回収率が一気に上がります。

パワーがない牝馬ですが、重馬場になると、「2キロのアドバンテージ」が効いてくる。

その結果、雨が降ると牝馬は激走しやすいのかもしれません。



▼さて、「人気薄の牝馬」の話に戻りましょう。

これもデータを見てみます。


・牝馬 10番人気以下

単勝回収率 33%(複勝回収率58%)



はい。こんな回収率では、もうどうしようもありません。

ちなみに、上記のデータを、「ダート」に絞ってみます。


・牝馬ダート 10番人気以下

単勝回収率 11%(複勝回収率48%)



これは厳しいです。

単勝回収率 11%です。

しかも、「1231頭も走って、4頭しか勝っていない」

わけです。

牝馬ダートの10番人気以下は、馬券の検討から、最初に外してもいいかもしれません。



▼ちなみに、「人気薄の牝馬は期待値が低い」と思いますが、1つ例外。

牝馬限定戦なら、人気薄の牝馬でも狙う

私の場合は、そう考えています。


牡馬と混じって走る場合は、人気薄の牝馬は、あまり儲からないケースが多いんですが、「女の子同士のレース」なら、荒れることが多い。

そのため、牝馬限定戦の場合は、人気薄の牝馬でも、回収率を上げることが可能だと思います。


牝馬限定戦データ(968レース)2000年~2016.6

10~15番人気の牝馬

単勝回収率 76%
複勝回収率 82%



はい。
このように、牝馬限定戦なら、人気薄の牝馬でも悪くない成績となっています。

(16番人気以下になると、過剰投票の関係で、さすがに厳しいですが。)



▼ということで本日は、牝馬は儲からないか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「基本的には、牝馬は回収率を上げにくいと思う」

「ただし、牝馬が得意な条件があるので、その場合はピンポイントで狙っていく」



私はこのように考えています。



▼もちろん牝馬にも有利な部分はあります。

別の記事でも書いていますが、

夏競馬の重賞レースで、牝馬の単勝は儲かる

などですね。


基本的に、牝馬はあまり期待値が高くないんですが、条件によっては狙える場面もあるわけですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



内枠の牝馬は回収率が下がりやすい?


▼さて、第一部では、人気薄の牝馬は回収率を上げにくいと書きました。

ここではさらに別の角度から検証してみたいと思います。



私ブエナの印象ですが、牝馬の場合、「内枠が不利になるケースが多い」印象です。

通常は、芝レースにおいては、内枠の回収率が高くなりやすい。

しかし、牝馬の場合は、内枠に入ることで、逆に回収率が下がることも多いと思うわけです。



▼これは、「牝馬は馬格がないこと」「牝馬は馬群に包まれると怯んでしまうこと」が、影響しているのかなと。

やっぱり女の子ですから、屈強な男どもに囲まれてしまうと、萎縮して能力を発揮できないこともあるのではないか?



▼例えば、具体的なデータとして、

【1番枠のデータ】
2010~2016.9
中央特別
2569レース分析(ブエナ調べ)


牡馬
単勝回収率 97%

牝馬
単勝回収率 57%



はい。
芝の特別戦においては、内枠有利になりやすく、牡馬が1番枠に入ったときには、単勝回収率がかなり優秀。

この数字なら、三連単や馬単の1着固定で、回収率を高められそうです。



▼しかし一方で、牝馬の単勝回収率は、半分くらいしかありません。

基本回収率において、牝馬の方がやや低いという部分もありますが、そこを織り込んでも、大幅に回収率が下落しています。



▼1番枠の牝馬は、外から屈強な男どもに押し込まれ、士気が下がるリスクがあることが予想されます。

特に、馬体重の軽い小柄な牝馬が1番枠の時は、勝率が下がりやすい傾向にあります。

このような性差の特性を頭に入れておくと、性別での回収率向上も見込めると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング