芝とダートはどっちが儲かる?ダートは固い。芝は荒れる。高配当が出やすい条件

芝とダートはどっちが儲かるか?


▼芝とダートはどっちが勝ちやすい?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


本命党はダート。穴党は芝が勝ちやすいと思う。個人的には、芝のレースを中心に戦うことが多い

私ブエナは、このような考えです。

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼JRAの中央競馬には、芝とダートのレースがあります。

芝はそのまんま。芝を走るレースで、ダートというのは砂の上を走るレースですね。

芝ダート


▼馬券の買い方は同じですが、芝とダートには、大きな違いがあるように思います。

それは「決着傾向」です。


簡単に言うと、芝は荒れやすい。ダートは堅く収まりやすいと思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)

ですから本命サイドを買う人は、ダートの方がよいということになります。

が、本命サイドの馬券は、基本的に利益を出しにくいため、ダートに絞っても、本命馬券で儲けることは、やや困難と感じます。



▼ただ、芝のレースで本命馬券を買うよりも、ダートで本命馬券を買う方が、多くの人は回収率が上がると思います。

特に、ダート1800~2000メートルのレースで、「信頼できる1番人気の馬」がいるときは、その1番人気の馬から、2~3番人気に流せば、比較的簡単に的中させることができます。


その場合、レース選びを工夫して、長期回収率で言えば、110%前後まで持っていければ、上々かなという感じです。
(ハンデ戦と3歳戦を見送った場合)



▼私の考え方としては、ダートの本命サイドで利益を出そうとするよりも、

「芝のレースで、中穴から大穴」

を狙う方が、長期回収率は上がりやすい気がします。
(ただし、穴狙いは収支が安定しないのが欠点です)


もちろん芝のレースでも、堅く収まりやすい条件というものがあり、何でもかんでも芝のレースで大穴を狙うというわけではないです。



芝の、どのレースが荒れやすいのか?

まず、基本的に、芝でもダートでも、「短距離戦」というのは、馬券的にはあまり美味しくないケースが多い印象です。


また、芝のレースで荒れやすいのは、

「多頭数のハンデ戦」

「ローカル競馬場の多頭数」

「牝馬限定戦」


この辺は、やはり荒れることが多いので、私の場合は、このような条件では、本命サイドを購入することは、あまりないです。

意識的に、穴馬券を狙っていく条件と言えます。



▼さて、決着傾向の話に戻りましょう。

ダートは固い決着が多い」と上述しましたが、その一方で、

ダートは大穴馬の激走も多い

という特徴があるように思います。



▼ダートは砂なので、芝のように馬場状態に左右されることがほとんどありません。
(ダートは水分含有量のみ)

なので、「ダートは強い馬が能力を発揮しやすい」わけですが、その反面、「ダートは前残りが多い」という特徴もあります。



▼つまり、ダートは、「力のない馬でもスムーズに先行できれば、そのまま残ってしまうことも多い」

わけですね。

「ダートはヒモ荒れしやすい」と、言うこともできるのではないか?



そう考えると、ダートは「人気サイド」と「大穴サイド」の好走が目立ちます。

逆に、「芝は中穴サイド」の好走が目立ちます。
(あくまで私の認識です)


あくまでも全体的な決着傾向ですが、ざっくりとした決着傾向をベースにして馬券戦略を立てると、回収率を上げやすいと思います。



▼あと、「ダート馬は連勝しやすい」です。

ダートで5連勝!とか、よくありますが、芝の長距離で5連勝!は、あまりありません。


このことからも、ダートは馬場状態に左右されず、強い馬が能力を発揮しやすいと考えられます。
(芝1200mのスプリント戦も、同様に連勝馬が出やすい傾向)



▼逆に、「芝の長距離」は、馬場状態に加えて、展開も大きく影響するため、強い馬が能力を出しきれないことも多いわけですね。

春天で惨敗した、オルフェーヴルやキズナなども印象的です。

このような穴条件では、中穴~大穴を狙うと、長期回収率を上げやすいと感じます。



▼さて、ダートでは強い馬が能力を発揮しやすいと書きましたが、「阪神2000mダート」の1番人気は、さらに信頼度が上がります。


阪神2000ダート 1番人気

単勝回収率 114%(勝率45%)

(2010~2015年)



はい。
かなり強いですね。

このような条件の場合は、無理に1番人気に逆らわず、1番人気から馬券を構成しても利益を出すことができそうです。
(ただし、念のためレース選びはした方が良いと思う)



▼蛇足ですが、「芝のレースの場合は、内枠有利」になることが多いのに対し、「ダートは内も外も関係ない」という傾向になることが多い印象です。

ダートでは、枠順による有利不利があまりないことも、強い馬が能力を発揮して、固い決着になる原因かもしれません。



▼私の場合は、「この馬は人気がないけど、内を突くなら、一発あるかも」・・・という感じで、穴馬を狙うことが多いです。

そのため、内が有利になりやすい「芝のレース」を、好んで購入しています。

ダートは上述の通り、内を突いてもあまりアドバンテージがないので、穴馬探しには、ちょっと不向きな印象です。



▼ということで本日は、芝のレースとダートのレース、どちらが利益を出しやすいか?について書いてみました。

私の場合は、穴党なので、芝のレースを買うことが多いです。

逆に、本命党の人は、ダートで1番人気が強い条件を探して、そこを主戦場にしていくと、勝ちやすくなると思います。


いずれにせよ、「自分が狙う配当が出やすいレースを探す
(マツリダ予想より引用)

これが競馬予想のスタートラインだと、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ダートの1番人気の狙い目と買い方


▼さて、第一部では、「芝とダートはどっちが儲かるか?」という問いに対して、

「狙う配当によって、芝が有利なケースと、ダートが有利なケースがある」と書きました。

ここでは、さらに突っ込んで分析してみたいと思います。


【1番人気のデータ】
中央特別
2010~2016
1156レース分析(ブエナ調べ)



単勝回収率 77%
複勝回収率 83%

ダート
単勝回収率 79%
複勝回収率 86%


はい。
それほどの差はありませんが、やはりダートの方が、1番人気の信頼度は上がります。

上述したように、ダートは芝と比べて、トラックバイアスが少ないので、強い馬が能力を発揮しやすいと思われます。



▼ダートの1番人気馬の中で、特に期待値が高いと思われる条件は、


ダート2000m
単勝回収率 125%

ダート2400m
単勝回収率 101%


はい。
先ほども少し書きましたが、ダートの長距離は、さらに1番人気の信頼度が向上する印象。

これらの条件で、ヒモを5頭以内に絞ることができれば、単純な流し馬券でも、長期回収率を向上させることが可能です。



▼ちなみに、「ダート2100m」は、単勝回収率 78%と、1番人気はあまり良くありません。

東京ダート2100mは、コース形態が特殊で、各馬の能力を正確に測ることができない。

その結果、1番人気馬の評価が正当ではなくなり、信頼度が下がると推察されます。



▼それから、ダートで1番人気を狙う場合に、私が意識している事は、

「頭数9~12頭」での、1番人気馬の複勝回収率です。
(ブエナ調べでは、複勝回収率 90%以上)


ダート少頭数での1番人気馬は、意外と勝ち切れない。

しかしその反面、2~3着率はかなり高いと、私ブエナは感じています。

なので、このような頭数が少ないダート戦の時は、個人的には、「1番人気馬を軸に、三連複かワイド」を狙うことが多いですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング