新潟競馬場の直線1,000mは外枠有利?アイビスサマーダッシュ攻略法

新潟競馬場の直線1000mの傾向とデータ。買い方


▼新潟競馬場の名物、直線1,000メートルのレースは、外枠が有利なのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


新潟芝1000mは、明らかに外枠有利だと思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼アイビスサマーダッシュ(重賞レース)を含め、新潟の直線1,000メートルは、外枠の馬の回収率が非常に高くなっています。

直線1000


▼当たり前の話なんですが、芝というのは、内側から痛んできますので、外に行けば行くほど伸びるわけです。

ただ、通常の競馬は、直線ではなく右回り左回りで「円」を描いて走るので、外を回ると距離ロスが出るため、それほど外枠有利なケースがないだけ。


むしろ、通常の芝のレースは、多少インコースが荒れていても、距離ロスがない分、インを走る馬が有利だと思います。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼しかし、新潟の直線1,000メートルは、コーナーがないため、外枠でも距離ロスがなく、圧倒的に外枠が有利という印象です。

外は、芝が綺麗で走りやすいから。

また、外ラチを頼って走れば、馬をまっすぐ走らせることができ、斜めに走るよりも最短距離でゴールまで走ることができます。



▼このように、新潟の直線1,000メートルでは、明らかに外枠の馬の回収率が高くなっています。

私の場合は、新潟競馬場の直線1,000メートルは、ピンク帽子(8枠)とオレンジ帽子(7枠)の馬を馬券の中心に考えます。

ほぼこれだけで、長期回収率をアップさせることができます。
(※的中率が急に上がるわけではありません)



▼では、なぜ外枠が有利だとわかっているのに、内枠の馬が人気になるのか?

それは競馬新聞の印というのは、枠順が発表される前につけられることが多いからだと思われます。

そして今でも、オッズというのは競馬新聞の印によって、そのほとんどが決まっている印象です。



▼そのため、印をつけた記者の方も、まさか内枠に入るとは…という感じで、当日になってから自分の馬券だけ切り替えるという人もいるとか。

そのような理由からも、新潟競馬場の直線1,000メートルは、新聞の印に左右されず、外枠の馬に注意して予想していくのが、私のやり方です。



▼さて、新潟の「直千」

具体的なデータも見てみましょう。


【新潟芝1000m 単勝回収率】

・2005~2015.9月
・114レース
・特別戦


◆大外枠 107%(複勝回収率143%!)

◆13番より外枠 134%(複勝回収率108%)

◆村田一誠 318%
◆西田雄一郎 311%
◆柴田善臣 111%



はい。
新潟の1,000メートルの、使えそうなデータを挙げてみました。

大外枠の馬の単勝を買い続けるだけで、プラス収支です。

また、13番より外枠の馬の単勝を買い続けるだけでも、134%の回収率になります。



▼特筆すべきは、

14番から外の馬の複勝回収率は、すべてプラス回収となっている

という部分です。



▼複勝回収率が高いということは、「軸馬として使える」ということになります。

つまり、新潟の直線1,000メートルのレースを検討する場合は、「外枠の馬を軸として考えると回収率を上げやすい

ということになります。
(あくまで私ブエナの見解です)

考えてみると当たり前の事ですが、データ面からもそれを立証することができるわけです。



▼新潟の直千は、14番から外の馬の複勝を買っておけば、長期的にはほとんど負けない気が。

データ的には、そう言ってしまっても問題ないくらい、外枠の馬の好走率が高くなっています。



▼さらに言えば、「大外枠の複勝回収率」が、143%!

これはもう、直線1,000メートルは、大外の馬から流せば勝ててしまうわけですが、さすがにこの辺のデータは有名になってきているので、今後はオッズに反映されて、回収率が下がってくる可能性もあります。


それでも、「新潟直線1,000メートルの大外」は、期待値が高い事は間違いないですね。



▼尚、上述したデータは、「特別戦」です。

逆に、「平場」の場合は、そこまで顕著に、外枠有利ということにはならないです。


【新潟芝1000m 平場】


・14~18番
 単勝回収率64%
 複勝回収率86%
 

・1~13番
 単勝回収率65%
 複勝回収率65%



はい。
複勝回収率は、やはり外枠の方が高く、平場でも外枠の馬を軸にするのが基本になるかと思いますが、特別戦ほどの、顕著な傾向はないです。

平場の場合、それほど極限の勝負にならないので、馬場状態よりも、馬の能力の方が優先される傾向にあると考えます。



▼ということで本日は、新潟競馬場の直線1,000メートルについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「新潟の芝1000mは、外枠の馬を中心に馬券を構成すると回収率が上がりやすいと思う」

「特に、特別戦などのハイレベルなレースでは、外枠有利が顕著であると感じる」



私はこのように考えています。



▼新潟の芝1000mは、かなりトリッキーなコースなので、その結果は、枠順に大きく左右されます。

もちろん内枠の馬も来ますが、長期的な回収率・期待値という面から考えると、外枠の馬の方がまだまだ有利であると、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



新潟の直千は、大外枠の複勝で遊ぶワタシ


▼さて、第一部では、新潟の直線1,000メートルは、外枠有利と解説しました。

先ほども書きましたが、このコースは、13番枠より外の馬の期待値が高い。

特に、「3着内率」

ここに差が出る印象です。



▼逆に言えば、勝率・連対率では、それほど大きな差があるわけではない印象。

勝てるかどうかは、馬の能力に左右されるし、展開にも左右されるし、「直千」は馬群が外に固まるので不利を受けやすい。

このような理由により、外枠の馬は複勝回収率は高いが、単勝回収率は極端に高いわけではない。



▼例えば、先ほども書いた、「大外枠」


【直千の大外枠】
2005~2016.9
特別戦
126レース分析(ブエナ調べ)


単勝回収率 104%
複勝回収率 136%


はい。
複勝回収率は高いが、単勝回収率は極端には高くないです。



▼これは、「大外は、過剰人気になる」という部分も大きいと思います。

「直千は大外有利」というのは、すでにみんな知っている。

だからみんな単勝を買う。


その結果、大外枠の勝率は10%オーバーなのに、回収率は104%程度。

内枠の馬の勝率が4%しかないことを考えると、明らかに大外枠は過剰人気になっていると考えられます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼私ブエナが、直千を買うとしたら、大外枠の複勝で遊ぶことが多いです。

私の場合、マツリダ予想を使うので、あまり短距離戦は購入しませんが、直千は大外の複勝で遊べるので、たまに購入します。



▼まぁ、この大外複勝理論が、多くの人に広まってしまえば、優位性を失うので、また別の作戦を探すことになります。

競馬というのは生き物なので、常にこの繰り返しだと、私は考えています。

永遠に勝ち続けられる作戦はない。

馬券戦略は、常に流動的に変化し続けます。


よくも悪くも、それが競馬というゲームの宿命。

「直千の大外狙いなんて、もう古い!」と、言われる時代が、そのうち来るかもしれませんね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング