東京競馬場でも逃げ先行馬有利?高速馬場・良馬場は前残り

東京競馬場でも逃げ先行有利?


▼直線の長い東京・新潟・中京でも、逃げ先行馬は有利か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


直線の長い競馬場でも、競馬は基本、前に行く馬が利益を出しやすいと思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼一般的に、直線の長い東京競馬場では、差し馬や追い込み馬が有利という印象があります。

しかし実際のところ、東京競馬場などの直線の長いコースであっても、回収率が高いのは、逃げ・先行馬であることに変わりはないと、私は考えています。

東京競馬場


▼直線が長いコースで差しが届くというのは、馬場状態が「外の方が伸びる芝」の時の話です。

外が伸びる芝(外差し馬場)の場合は、直線で大外に持ち出して伸びてくるような、差し馬と追い込み馬が有利になります。

逃げ先行馬は、どうしても内側を走ることになるため、馬場の内側が伸びない時は不利になるわけです。



▼しかしながら、最近の中央競馬の馬場造園課の方の技術は、かなり向上しており、内側もあまり芝が痛まないようになっている印象です。

むしろ、「高速馬場」と言われるパンパンの良馬場になることも多く、内を通った馬が粘り込むことが可能なレースが増えています。



▼芝が綺麗であればあるほど、差し馬・追込み馬には不利になります。

インコースとアウトコースのスピードの伸びが同じであれば、距離ロスのないインコースを走った馬の方が、圧倒的に有利だからです。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼ですから、時代が進むほど、芝は綺麗になっていき、逃げ馬と先行馬が、さらに有利になっていくかもしれません。

昔は、怒涛の追い込み馬、というのがカリスマの条件でしたが、最近はなかなか、直線一気の追い込みを決めることが難しくなっています。



ですから、馬券収支をプラスにして儲けるためには、追い込み馬よりも先行馬を狙うほうが、収支が安定するし、回収率も上げやすい気がします。

私自身も、軸馬を選ぶときは、先行馬を優先することが多いです。

ただし、よほど芝の状態において、インコースが悪い時は、私も差し馬を狙います。



▼それでは、具体的に東京競馬場の脚質データを見てみましょう。


【東京競馬場 芝コース 単勝回収率】

・2010~2015.9月
・2887レース


◆逃げ 166%
◆先行 107%
◆差し 60%
◆追込 31%



はい。
まぁ当たり前なんですが、道中で前に行ける馬ほど、回収率は高くなります。

上述した通り、「東京競馬場だと直線が長いから、追い込み馬を狙う!」という人が多いんですが、むしろ最近は、東京競馬場の方が、逃げ・先行が粘り込みやすいレースが増えている印象です。



▼例えば、2015年のヴィクトリアマイル。

ストレイトガール
ケイアイエレガント
ミナレット

という3頭の逃げ・先行馬の前残り決着によって、三連単2000万馬券という大穴が生まれた事は、記憶に新しいところですね。



▼さて、上述したデータは、全クラスのデータですが、重賞レースに絞っても、同じ傾向となります。


【東京競馬場 重賞レース 単勝回収率】

・2010~2015.9月
・165レース


◆逃げ 175%
◆先行 120%
◆差し 65%
◆追込 37%



こんな感じです。
重賞レースだと、差し・追い込みが活躍している印象ですが、結局、前に行った馬が儲かるという結果になっています。

具体的に、「逃げて」東京競馬場の重賞を勝った、最近の例では・・・(倍率は単勝オッズ)


・ヴィクトリアマイル ヴィルシーナ 34.4倍

・京王杯2歳S セカンドテーブル 28.3倍

・ダイヤモンドS ケイアイドウソジン 190倍


こんな感じで、「東京の長い直線を、逃げて大穴」というパターンが、結構あるわけですね。



▼一番難しいのは、「どの馬が逃げるか?」を予測することですが、メンバー構成と、騎手の性格をイメージしてみると、百発百中とまではいかないにせよ、大体、前に行く馬を予測することができます。


東京競馬場は直線が長く、前に行った馬は潰れる、というイメージが競馬ファンにあるため、逃げ馬は特に、期待値が高くなりやすい傾向にありますね。



▼あと、脚質を予測する場合の注意点として、

前走で、逃げ・先行した馬の期待値が高いわけではない

ここが、難しいポイントとなります。


つまり、競馬においては、「結果的に、前に行った馬」の回収率は高いんですが、「前走で前に行った馬」を単純に狙っても、なかなか回収率が上がらないということになるわけです。



▼ちょっとマニアックな話になっていますが、

「単純に、逃げ・先行馬を狙っても回収率は上げにくい」

「そのレースの、そのメンバー構成において、逃げ・先行しそうな馬の期待値は高くなる」


という感じで、私は認識しています。



▼ということで本日は、東京競馬場でも逃げ先行馬有利なのか?について書いてみました

私なりにまとめると、


「東京競馬場でも、長期的には逃げ・先行馬が、回収率を上げやすいと思う」

「私の場合は、直線が長い競馬場だったとしても、迷ったら、前に行ける馬を選択することが多い」



このように考えています。



まあ、というか、どこの競馬場でも逃げ・先行馬が有利です。

競馬ファンは、「派手な追い込み」が大好きですが、不利なども多い上に、過剰人気にもなりやすいので、馬券で儲けることだけを考えるなら、「逃げ・先行馬を狙う」方が、私は儲けやすいと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



東京競馬場では、前に行ければ儲かる?


▼さて、第一部では、直線の長い競馬場でも、先行脚質の馬が儲かると書きました。

ここでは、さらに具体的に検証してみたいと思います。



▼逃げ・先行馬が儲かるということは、「人気薄の先行馬が回収率を引き上げているのではないか?」と、考えることもできます。

具体的なデータを見てみます。


【東京競馬場データ】
単勝回収率
特別戦・芝ダ
逃げ・先行馬
4355頭分析(ブエナ調べ)


1~5番人気 105%

7~9番人気 108%

16~18番人気 532%


はい。
東京で逃げ・先行した馬は、人気薄だけでなく、1~5番人気の人気サイドでも、単勝回収率はプラスになっています。



▼ということは、

「東京競馬場では、そのレースにおいて、前に行けた馬は儲かる」

ということになる。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼私の印象では、すべての競馬場で先行馬は儲かると思いますが、東京競馬場は、特に先行馬の期待値が高い印象です。

これは、各ジョッキーの心理として、「直線が長いから大丈夫」という考えがあるからではないか?


競馬のレースというのは、それぞれの騎手の心理状態によって、大きく展開が変わってくる。

多くの騎手が、「まだ大丈夫」と思っていると、前に行った馬にプレッシャーがかからず、そのまま粘り込んでしまうというケースが頻発すると思うわけです。



▼なので、回収率を上げるためには、「逃げ・先行馬」を狙う方が効率がいいと、私ブエナは考えます。

問題は、「そのレースにおいて、どの馬が先行するかわからない」という部分です。


前走で先行していても、今回は先行しないかもしれない。

これについては先ほども書きましたが、「メンバー構成」「騎手の性格」なども考慮しながら、「位置取りが前になりそうな馬」を予測していくことが重要になると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング