競馬で少頭数のレースは儲からない?回収率と的中率の低下

少頭数のレースは儲からない?


▼頭数が少ないレースは、利益を出しにくいのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「頭数が少なくなるほど、的中率は上がるが、回収率は上げにくくなる気がする」

「私の少頭数レースの買い方としては、1番人気を絡めて、ヒモはできるだけ絞る」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼中央競馬のレースには、様々な頭数のレースがありますが、回収率という点から考えると、

「少頭数」

のレースは避けた方が良い場合が多い印象です。
(あくまで私ブエナの考え方です)

馬4


▼少頭数というのは私の感覚では、大体、10~11頭以下のレースです。

このような少頭数のレースでは、「馬券の期待値が分散しない」ため、おいしい馬券が出現しにくい傾向にあります。


馬券で利益を出すためには、「人気の盲点」「みんなの目が向いていない部分」・・・このような部分を狙っていく必要があります。

しかし、少頭数だと、わかりやすいレースになってしまうので、「人気の盲点」が発生しにくいと思うわけです。


また頭数が少ないと、レースが乱れることが多く、まともに予想してもガチガチだったり大荒れだったりして、馬券が取りにくいということも多いです。



▼少頭数だと、馬群が一団になっているため、逃げ馬も追い込み馬も、あまり関係ない感じになってしまいます。

団子状態で進んでいって、最後の300メートルでヨーイドンという形になることも多い。

そうなってくると、馬の能力や脚質ではなく、「少頭数の適性」というものも必要になってくると思うわけです。


このような「少頭数適性」は、なかなか調べることが難しく、頭数が少ない割には的中率が下がってしまうということがあります。



▼ですから回収率を上げて、馬券利益をプラスにしたい場合は、「頭数の少ないレース」は、避けた方が無難です。

尚、私が使っているマツリダ予想では、少頭数のレースはコーナーを別に分けて配信されています。

おそらく頭数によって狙い方が違ってくるからだと思われます。



▼私の現在の考え方としては、頭数が少ない時はあまり大きく勝負しない方がよい、と思います。

また、少頭数レースを買う場合でも、頭数が少ないから堅く収まるだろうと考えず、本命サイドを厚く買うということはしない方が良いです。

頭数が多くても少なくても、ガチガチ本命サイドの馬券は、なかなか利益を出すのが難しいと思うからです。



▼それでは、具体的に少頭数のレースのデータを見てみましょう。


【10頭以内の少頭数のレース】

2010~2015.9
1777レース対象


馬連1~3番人気ボックス回収率 83%

馬連1~5番人気ボックス回収率 74%



はい。こんな感じ。

少頭数なので、強い馬が能力を発揮しやすく、本命サイドの方が回収率が高いですが、それでも安定的に利益を出せるほどではないです。



▼ちなみに、少頭数のレースを条件別に分析してみると、


芝のレース⇒ 本命サイドの回収率が高め

ダートのレース⇒ 5~6番人気あたりの回収率が高め


という傾向があります。


それほど大きな差ではありませんが、「ダートの少頭数は固い」と考えている競馬ファンが多く、その分、ダートの少頭数では本命サイドの期待値が少し下がっている印象です。



▼次に、「重賞レースの少頭数(G1を含む)

これについてはサンプル数が少なく、データ分析しにくいところではあるんですが・・


【10頭以下の重賞レース】

2010~2015.9
24レース対象


「1番人気」
勝率50%
連対率71%
複勝率83%

単勝回収率92%
複勝回収率96%



はい。10頭以下の重賞レースでは、1番人気の信頼度が高めとなっています。

3着内に来る確率は、83%以上なので、10頭以下の重賞レースで1番人気を外した三連系を買うと、的中率は最大でも、17%以下になってしまうということになります。



▼少頭数の重賞レースの場合、「1番人気」と「5~6番人気」あたりの期待値が高めになることが多いので、

「1番人気から流して、相手は5.6.7人気」というような買い方で、ある程度の回収率を出すことができます。

それでもやはり少頭数ですから、平均配当は低く、安定的に利益を出すというのは難しい印象です。



▼私の場合は、基本的には勝負する頭数は、「14頭以上」が多いです。

私は中穴を狙うので、これくらいの頭数がないと平均配当が低くなってしまい、回収率が下がるからです。

少頭数のレースも買いますが、その場合は中穴狙いにこだわらず、単勝1~4点などの戦略も使っていきます。



▼ということで本日は、少頭数のレースについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「10~11頭以下の少頭数レースは、期待値分散・人気の盲点という現象が発生しにくく、回収率が上げにくい印象」

「なので私ブエナの場合は、回収率を上げるために、14頭以上のレースを選択することが多い」



私はこのように考えています。



▼やっぱり「頭数が少ないと、期待値の分散が起こりにくい」と思います。

馬券というのは、「馬の強さとオッズが乖離しているゾーンを狙う」ことで利益に結びついていきます。


なので、ある程度、頭数が揃っている方が、そのような乖離が発生しやすいわけですね。

すなわち利益を出しやすいということになります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



少頭数のレースの特徴


▼さて、少頭数のレースの特性について、私ブエナが思うところを書いてみます。


・11頭以下のレースは、1番人気が不利を受けるリスクが下がるので、1番人気の信頼度が高い

・また、1番人気だけでなく、2番人気以下の人気馬についても、不利を受けるリスクが下がるので、信頼度が上がる印象

・すなわち、頭数が少なくなると、本命サイドの決着が多くなると思う




▼ここでは、「特別戦の少頭数レース」について言及してみます。

特別戦で11頭以下の場合、1番人気の3着内率は、「72%」です。

ダートなら、「76%」です。


例えば、「一番人気を外して三連複ボックスを購入するタイプの人」の場合、「ダート11頭立て」のレースで、その戦略を使ってしまうと、ほぼ的中しないということになってしまうわけです。



▼また、「総流し」が好きな人が、「ダート11頭以下」のレースで総流しを仕掛けたとしても、この条件では、8~11番人気の馬が連対する確率は、ほぼ0に近い。

総流しで回収率を上げるためには、ヒモ荒れすることが絶対条件になる。

そのため、総流しと少頭数は、極めて相性が悪いと言える。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼「芝の11頭以下」なら、ダートよりはヒモ荒れしやすくなりますが、それでも9番人気で、連対率2%くらいです。

上述の通り、少頭数のレースは強い馬が能力を発揮しやすいので、力のない馬が連対するのは、難しかったりします。



▼先ほど、「少頭数は、団子状態で進むため、荒れることもある」と書きましたが、9~11レースの特別戦に絞ると、やはり強い馬が強い、という事になりやすい。


多くの人は、第9~11レースで競馬を楽しむことが多いと思うので、この特別戦が少頭数だった場合は、総流しでヒモ荒れを願うより、1番人気の信頼度をチェックして、買い目点数を絞り込んで狙っていく方が、長期回収率は上げやすくなると思います。



▼私の場合は、少頭数は「三連複2軸」か、「1番人気から2~3点くらいの馬連」で、構成することが多いです。

14頭以上のレースと、少頭数のレースでは、狙い方が全く違ってきます。

頭数を意識することで、長期回収率を向上させることも可能になってくると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング