馬券で勝つには本命馬券か中穴馬券か大穴馬券か?勝てるオッズゾーン

馬券で勝つには、本命馬券か、中穴馬券か、大穴馬券か?


▼本命、中穴、大穴。どこが勝ちやすいか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


個人的には、中穴が安定的に回収率を上げやすいと感じる

ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



馬券を買うときには、自分がどの「配当ゾーン」を狙うのか、明確にしなければならないと、私は考えています

つまり、本命馬券を何度も的中させるのか?中穴馬券をたまに的中させるのか?それとも大穴馬券をごくたまに的中させるのか?


これをはっきりさせないで、フラフラ適当に馬券を買っていては、なかなか馬券で勝てるようにはならないと思うわけです。

考える


▼さて、では「本命、中穴、大穴」

この3つで1番、利益を出しやすいゾーンはどこか?

あくまでも私の考えですが、回収率を上げて勝ちやすいのは、「中穴から大穴」という印象です。



▼「大穴馬券」は、最も回収率が高くなりやすいのですが、確率が収束するまでにかなりの時間がかかるため、その前に心が折れてしまったり、資金がなくなってしまったりすることも多いです。


的中したときの破壊力は、なんといっても大穴馬券が最高ですが、結局、的中できなければ何の意味もないので、そのあたりをクリアできる人。

我慢強い人や、資金力が豊富な人は、大穴狙いが勝ちやすいと思います。



▼ただ、注意点として、本命サイドほどではないにせよ、

「大穴サイドも、過剰人気になりやすい」という印象です。


宝くじ感覚で、何も考えずに大穴馬券を購入する。そんな競馬ファンが、とても多いからですね。

なので、大穴サイドで利益を出すためには、「大穴になりやすいレースを選ぶ」という作業が必須になると思います。



▼次に、バランスの良さで言えば、やはり中穴馬券となります。

これは、マツリダ予想で推奨しているオッズゾーンなので、私もそれを踏襲して、今では、ほぼ中穴狙いとなっています。

中穴の定義は難しいところですが、大まかに、「本命馬券と大穴馬券、それ以外のゾーン」という感じの認識で良いかと思います。



▼最後に、本命馬券ですが、これは最も回収率を上げにくい馬券という印象です。

最も的中しやすい馬券が、最も負けやすい馬券となるわけです。やはり競馬は深いですね。

「変動オッズ」というゲームシステムが、このような矛盾を生むのかなと。



▼人は誰でも馬券を当てたい。

だからこそ、的中率の高い馬券はみんなが買うことになり、結局みんな勝てないということになってしまうケースが多いわけです。

しかし、それを逆手に取れば、馬券で利益を出すことも可能になってくると思うわけです。



▼と言っても、本命サイドの馬券では絶対に勝てないというわけではありません。

本命サイドを狙うなら、本命サイドの期待値が高いレースを探す

本命サイドの回収率が高いレースを選ぶ


これさえできれば、本命党でも回収率を高めて、利益を出すことが可能です。



▼そして、これは本命サイドの馬券に限った話ではありません。

中穴狙いでも、大穴狙いでも、

それぞれの配当が出やすいレースを探して、そこにのみ参加する

この考え方は、長期的な回収率を上げるために必須の考え方だと、私(ブエナ)は考えています。



▼馬券で勝てない人の特徴で、「自分の考え方に固執している割に、レースを選んでいない」というものがあります。

例えば、「俺は本命党だ!本命馬券しか買わないぞ!」というタイプの人。

それはそれでいいんですが、

本命党なら、本命サイドで決着するようなレースを探して、そこにだけ参加しなければならない。荒れそうなレースは見送り。

という考え方が必要になってくると思うわけです。
(あくまで私の見解です)



▼しかし、「勝てない本命党」は、重賞レースは全部参加して、すべて本命サイドの馬券を買ったりしちゃうわけです。

これは1番やってはならない買い方の1つだと思います。


なぜなら、重賞レースにはいろいろなタイプのレースがあり、「本命サイド馬券の期待値が低いレース」も、たくさん存在しているからです。

このようなレースで、強引に本命サイドの馬券で勝負し続けると、長期的にはどんどんお金が減ってしまうと思います。


もちろん、「楽しければいい。負けてもいい」なら、それでもいいと思います。

しかし、馬券で負けたくないなら、「自分の狙っている配当が出そうなレースを探す」という発想が必要になります。



▼例えば、以前にこのブログでも書いたような気がしますが、
「阪神ダート2000m」
この条件は、1番人気が強い条件です。


【阪神ダート2000m】

1番人気(2010~2015.9)

単勝回収率111%
複勝回収率92%



はい。
こんな単純な抽出でも、本命サイドの回収率が高い条件を探すことができます。



▼本命党の人は、このような条件を「複数」探しておいて、そこに合致したレースにのみ参加する。

これを徹底すれば、回収率は今までよりもずっと高くなっていくと思います。


また、中穴党も大穴党も、同じように、自分が狙う配当が出そうなレースを選んでいくことで、回収率を上げることが可能になるわけですね。

これが「レース選び」です。
(マツリダ予想より引用)



▼ということで本日は、本命党・中穴党・大穴党のどれが勝ちやすいか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「個人的には、中穴狙いの収支が安定しやすいと感じる」

「が、レースを選べば、本命サイドでも、大穴サイドでも、長期的に利益を出すことが可能だと思う」



私はこのように考えています。



▼ざっくばらんに言えば、

レースさえ選べば、どれでも勝てる」と思う。


馬券というのは、極端に言ってしまえば「期待値の高いところだけを買えば儲かる」わけですから、狙う配当はどこでもいいわけです。



▼大切な事は、繰り返しますが、レースを選ぶこと。

重賞レースやGIに、適当に参加しているうちは、マイナスが増えてしまうと思います。
(経験談)

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



決着配当を予測する方法


▼さて、本命でも中穴でも大穴でも、その配当が出やすいレースを選ぶことができれば、長期回収率を高めることができる。

この仮説が正しいとすれば、「では、どうやってレースを選ぶのか?」

どうやって、配当を予測すればいいのか?



▼私の場合は、「レース条件と、オッズバランスで判断する」ことが多いです。

「このレースは、この馬が強そうだから固いだろう」という判断はしません。

あくまでも、レース条件とオッズ。

判断基準は客観的にしておかないと、応用がきかないからです。

主観の基準だと、後から振り返ったときに、反省材料にもならない。



▼さて、レース選びに関して、私ブエナはマツリダ予想を使うことが多いですが、自力でレース選びする時のポイントも書いてみます。


【決着配当に影響を与えるであろう要素(ブエナ仮説)】


・オッズバランス

・頭数

・芝ダート

・距離

・牝馬限定戦

・ハンデ戦

・中央ローカル



はい。
これらは、ごくごく基本的な要因ですが、かなり決着配当に影響を及ぼすと思われます。



▼オッズバランスというのは、言い換えると「オッズの断層」ですね。

オッズに断層がある場合、4強とか5強という感じで判断します。

オッズ断層があると、その断層までの馬で決着する可能性が高い。

すなわち、大穴にはなりにくい。本命サイドか、中穴の軽いやつを狙う。



▼オッズは、単勝オッズではなく、馬連と三連複のオッズを見ることが多いです。

単勝オッズは、脚質や応援馬券に上下されるので、馬の能力を正確に把握することができないからですね。

オッズを読めるようになるまでは、少し時間がかかりますが、読めるようになれば、瞬間的にそのレースの傾向がわかるようになります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング