蛯名正義騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

蛯名正義(えびなまさよし)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、蛯名騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、蛯名騎手のデータ(2010年~2018年1月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は72%と、やや低め。

・人気別に見ると、5~7番人気の単勝回収率90%と、中穴傾向

・2番人気での単勝回収率91%と高い。マーク屋的な乗り方が得意なのかも。

・クラス別に見ると、「G1とG2」の単勝回収率が100%を超えている。大きなレースで一発狙ってくる騎手。

・競馬場別に見ると、得意な競馬場は特になし。東京競馬場が得意な印象があるが、平均回収率は平凡。

・競走番号別に見ると、1~12Rまで全体的に安定していてムラがない。逆に言えば、狙い目もない。

・年度別に見ると、2016年から勝ち星が減少している。回収率も下がっている。年齢的なものもあるが、人気のある騎手なのでまだ頑張ってほしいところ。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


蛯名正義騎手データ(2010年~2018年1月)

6229レース騎乗

勝率11.4%
連対率21.5%
複勝率30.7%

単勝回収率72%
複勝回収率76%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼蛯名正義騎手。

G1でも、数々のタイトルを手にしてきた、トップジョッキーの1人。

アパパネ・フェノーメノ・マリアライト・ディーマジェスティ

などなど、近年だけでもお手馬は数え切れない。


そんな蛯名騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「蛯名騎手は、G1とG2で狙っていくとかなり利益を出しやすい騎手。大舞台に強い。その反面、G3以下の回収率は平凡で、なかなか利益が出ない印象」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず私が、蛯名正義騎手を狙う条件として、

「G1とG2」

があります。


【蛯名正義データ】

G1
単勝回収率105%

G2
単勝回収率114%


はい。
お見事な数字になっています。



▼平均回収率が72%なのに、「G1とG2」では、ここまで一気にジャンプアップ。

大きなレースになるほど、集中力が増してくるタイプですね。



▼蛯名正義騎手は、ビッグレースでの活躍が目立つので、名前が売れている。顔も売れている。

だから、大きなレース以外でも、普通に人気になります。

ただ、私ブエナの印象では、蛯名騎手はG1とG2専門で狙って行った方がいい気がする。


【蛯名正義データ②】

G1とG2合算
単勝回収率110%

G3以下。平場も含む
単勝回収率70%


はい。
ビッグレースを分けて考えると、こんなに差があるわけです。
(ブエナ調べ)



▼次に、蛯名騎手を狙う際の人気ゾーンですが、「中穴」で狙うのが効率が良いかと。

蛯名騎手が、5~7番人気あたりの時、平均単勝回収率は90%前後になります。

これくらいの回収率があれば、ヒモとして狙っていくと、平均回収率が上がりますね。



▼逆に、蛯名騎手であまり狙いたくないのは、「大穴ゾーン」

8~18番人気のときの蛯名騎手は、単勝回収率41%とかなり低くなっています。

あまり超人気薄で大穴を開けてくるタイプではない印象。



▼1~3番人気では、単勝回収率81%なので、特に可もなく不可もなく。

普通に狙っていけると思います。

特に、「蛯名騎手の2番人気」は、単勝回収率91%と、なぜか高い。

1番人気を目標に、それを倒しに行くような、マーク乗りが得意なのかもしれません。

あるいは、1頭強い馬がいると燃えるタイプなのかも。



▼ここまで見てきたように、大舞台に強い蛯名騎手ですが、2017年のG1では、ヴィクトリアマイルのデンコウアンジュで2着に来ただけ。

全体の騎乗依頼も減少傾向にあり、ここが踏ん張りどころという感じ。

同期の武豊騎手が、いまだレジェンドとして健在なので、蛯名騎手もまだまだ頑張ってほしいと思います。

賛否両論ある騎手ですが、それも含めて人気のあるジョッキーですね。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング