柴山雄一騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方

柴山雄一(しばやまゆういち)ジョッキーデータと特徴


▼本日は、柴山騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2010年までさかのぼって、柴山雄一騎手のデータ(2010年~2018年1月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率は64%と低め。条件を絞らないと利益を出しにくい騎手。

・人気別に見ると、1~5番人気の単勝回収率88%と優秀。柴山雄一騎手は、人気馬で狙う方が、回収率を上げやすい印象。

・1番人気だと、単勝回収率90%・複勝回収率89%と、やはり優秀な数字。

・それに対して、6番人気以下だと、単勝回収率55%まで下がってしまう。穴で狙う騎手ではない感じ。

・クラス別に見ると、重賞レースの単勝回収率は13%しかなく、柴山騎手は重賞ではちょっと狙いにくい印象。重賞でも2~3着には来るが、それでも複勝回収率は66%と低調。

・柴山騎手の回収率が高いクラスは、「1600万下」で、単勝回収率105%・複勝回収率92%

・競馬場別に見ると、どこでも安定している反面、得意な競馬場もあまり見当たらない感じ。

・競走番号別に見ると、メインレースの単勝回収率が37%と、肝心の第11レースで勝ち切れない。

・年度別に見ると、その年によって勝利数はバラバラ。2016年と2017年から単勝回収率が上昇傾向にあるので、まだこれから楽しみな騎手。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2010年からの、すべての成績を見てみます。


柴山雄一騎手データ(2010年~2018年1月)

5320レース騎乗

勝率5.8%
連対率12.2%
複勝率19.0%

単勝回収率64%
複勝回収率74%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼柴山雄一騎手。

重賞レースでは、2015年に牝馬のアルビアーノでデビューから3連勝を決め、G1のNHKマイルカップへ。

惜しくも2着でした。

アルビアーノ以外には、確たるお手馬がおらず、重賞レースでは地味な存在かもしれない。


そんな柴山騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「柴山雄一騎手は、1~5番人気なら単複の回収率が90%近くあり、十分に利益を出しやすい騎手と言える。その反面、6番人気以下だと回収率は50~60%まで下がってしまうので、穴で狙う騎手ではない印象。」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まず、柴山騎手のベース回収率は、単勝回収率64%

これはちょっと低いです。

全体的に人気馬の騎乗が少ないので、その影響で平均回収率が引き下げられてしまうというのはありますが、中穴ゾーンでも、もう少し回収率は上がるはずなので、やはり平均回収率は低い感じ。



▼柴山騎手の回収率を引き下げている原因は、「6番人気以下の人気薄」だと思われる。

1~5番人気なら、単勝回収率88%・複勝回収率88%なんですね。

これは優秀。

なので、柴山騎手を狙う場合は、1~5番人気で狙っていくと、回収率が上げやすい印象です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼特に、1番人気なら、単勝回収率90%・複勝回収率89%

これはトップジョッキーにも引けを取らない数字。

1番人気の柴山騎手は、軸馬として信頼できるかなと思います。



▼クラス別に見ると、重賞レースの単勝回収率は13%しかなく、これはちょっと厳しい状況。

傾向としては、「重賞レースでは、2~3着が多い」感じ。

着順の割合を見ても、

4-13-10(1-2-3着)

という感じで、1着が極端に少なく、2~3着が多いわけです。

重賞レースで柴山騎手を狙う場合は、2~3着のヒモ狙いにした方が、回収率は上げやすくなるかと思います。



▼私ブエナとしては、柴山騎手は比較的技術レベルが高い印象ですが、6番人気以下の回収率が悪いので、

「1~5番人気なら狙う」

「6番人気以下なら軽視」

という感じでメリハリをつけて狙うと、利益を出しやすい騎手かと思います。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング