馬券の的中率を上げる方法。馬券が当たらない時。二桁人気馬は来ない。

馬券の的中率を上げる方法


「馬券の的中率を上げる方法を教えてください!」

という切羽詰まったご質問メールがたまにくるので、本日は、的中率を上げる方法を、私(ブエナ)の独断と偏見で解説してみます。

的


▼どうすれば的中率が上がるのか?

私の考えで書けば、


的中率を上げるには、買い目点数を増やすか、狙うオッズゾーンを本命サイドにシフトすれば良いと思う(回収率はまた別の話)

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼本日も、私のやり方を書いてみたいと思います。

私の場合、馬券で的中率を上げるなら、まず「2桁人気の馬」を切ります。

つまり、10番人気以下の馬は無視します。


これらの2桁人気の馬は、ほとんど馬券に絡むことはなく、10レースに1回来るか来ないか位のものなので、来たら事故ということで諦めます。

こんな難しい馬を拾わなくても、馬券は勝てると考えます。



なかなか的中しない初心者さんの場合、まず、馬券は1番人気から9番人気までの馬で構成すると良いかと思います。

少し条件を絞る必要がありますが、この9頭で、大体決まることが多いです。

(※重賞レースは例外。もう少し荒れる)



▼あとは、これら9頭の馬でパズルを作り上げるがごとく、組み合わせを考えればいいだけです。

それだけで、かなり的中率は上がると思います。


当てることは難しくない

これは、マツリダ予想のロジックでもあります。



▼ある程度の的中率が維持できるようになれば、次は

回収率」です。

的中率を上げるのは簡単ですが、回収率の向上については、かなり奥が深いので、綿密な作戦が必要になります。


基本的には、常々このブログでも語っている通り、「人気馬と人気薄の組み合わせ」を買うことになります。

逆に、「人気馬と人気馬」の組み合わせは、押さえ馬券となります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ここまでのルールを守るだけで、的中率は上がります。

回収率も改善されていくと思います。


ただ、馬券を買う目的というのは、馬券を買い続けることによってPAT残高を増やしていくことですので、これだけでは少し足りないかなという感じです。

さらなる回収率のアップ方法については、今後もネタを書いていきますので、参考にしてみてください。

馬券というのは、最初は全然勝てなくても、コツさえつかんでしまえば、ある時期から、急に負けなくなったりするものです。
(経験談)



▼ちなみに、1つ大事なポイントとして、

的中率というのは、人気に比例する

というものがあります。


つまり、上位人気の馬を買えば的中率は上がる。

逆に、下位人気の馬を買えば的中率は下がる。

シンプルですね。



▼「なかなか馬券が当たらない!」といっている人の原因は、主に2つだと思う。


【馬券が当たらない原因】

1 人気薄を狙いすぎ

2 買い目点数が少なすぎ



はい。
私の個人的な見解ですが、馬券が当たらない人は、上記の2点に該当しているケースが多いような気がしますね。


要するに、「狙う合成オッズが高すぎるから、なかなか馬券が当たらない」ということになるのだと思います。



▼例えば、馬連で狙う場合。

1番人気の連対率は、50%あります。

という事は、「1番人気を外した馬連」を買えば、その時点で最大的中率は「50%以下」となるわけです。


1番人気を外した馬連は、半分も当たらない。

このあたりは、的中率の基本中の基本なので、なかなか馬券が当たらない初心者さんは頭に入れておいてください。



▼ついでに言うと、1番人気の「複勝率」は、63%前後。

なので、「1番人気を外した三連複・三連単」を買うと、その時点で最大的中率は「35%以下」となります。



▼このような人気別のデータというのは、毎年、必ず一定の数字に収束します。

ですから、データが頭に入っていれば、馬券を購入した時点で、「大体、何パーセントくらいの確率で当たるか?」が予測できるわけです。


これが予測できれば、「ああ!馬券が当たらない!」と嘆くこともなく、淡々と利益を追求することができます。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼さて、馬券の目的は的中させることではなく、利益を出すことです。

1番人気の連対率が50%以上あるからといって、1番人気からいつも流し馬券を購入していたら、どんどんマイナス収支が積もっていく。


的中率を上げるのは簡単。本命サイドを買えばいい。

でも、回収率を上げるには、本命サイドではダメ。



馬券で儲けるためには、「あえて的中を捨てる勇気」が必要だと思うわけです。



▼ということで本日は、馬券の的中率を上げる方法について書いてみました。

私なりにまとめると、


「的中率を上げたければ、狙う合成オッズを下げればよいだけ」

「つまり、大穴を狙いすぎなければ、長期的には的中率は、一定の数字に安定する」



私はこのように考えています。



▼本命サイドを買えば、簡単に的中率は上がりますが、回収率が下がってしまう。

ですから、あえて少し的中率を下げつつ、回収率を上げていく。


このバランスを探っていくのが、競馬予想の基本だと、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



的中率と回収率は表裏一体である


▼的中率の話を続けます。

上述の通り、的中率を上げるのはとても簡単。

「買い目点数を増やす」か「本命サイドを狙う」

これだけで、今までよりも的中率が上がると思います。



▼ただ、的中しても利益が出なかったら意味がない。

「当たれば嬉しい!」と言う人は、買い目点数を多めにして、本命サイド寄りの馬券を買えばいい。

常にこのような買い方をしていると、長期回収率を100%オーバーにすることは難しいですが、的中の喜びは味わえると思います。



▼しかし私は、的中率は低くなっても、回収率を100%以上にしたいと考えています。

だから、中穴を狙っている。

中穴狙いは、本命サイドより的中率が下がります。

連敗することも多々あるので、イライラする時もあります。

でも、いつも本命サイドを買っていては、回収率を100%以上にすることは難しいです。



▼なぜ的中率を上げると、回収率が下がるのか?

これは私の考えですが、

「本命サイドの馬券は、オッズの歪みが少なく、回収率の伸び幅が少ししかないから、利益を出しにくいのではないか?」

私ブエナは、このように考えています。



▼馬券期待値というのは、基本となる還元率75%を基準にして考えます。

適当に買ったら、回収率は75%になってしまう。

いや、実際は、勝ち組が利益を持っていく分、もっと下がって65%くらいになるかもしれない。



▼この基本の還元率75%を、100%以上にしないと、馬券で利益を出すことはできない、ということになります。

つまり、25%以上の上乗せ。

どうすれば上乗せできるのか?



▼回収率をアップさせるには、

「能力の割に、評価が低い馬を狙うしかない」
(マツリダ予想より引用)

やはりここにたどり着くと思うわけです。



▼的中率から回収率に、話がずれてしまいましたが、的中率と回収率は、常に表裏一体であるため、切り離して考えることができません。

的中率は、誰でも上げたい。当てたい。

しかし、的中率を追求すると、本命サイドの馬券を購入することになってしまい、回収率がなかなか上がらなくなる。

この矛盾が、馬券で利益を出す際には、厄介な問題となるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング