Cデムーロ騎手のデータ傾向と回収率~成績からの狙い目と買い方。Mデムーロの弟

クリスチャン・デムーロ。ジョッキーデータと特徴・得意条件


▼本日は、Cデムーロ騎手のデータと狙い方・買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私が2011年までさかのぼって、クリスチャン・デムーロ騎手のデータ(2011年~2018年2月)を見ていて感じたこと↓


・平均単勝回収率88%・複勝回収率91%と、とても優秀な成績。利益を出しやすい騎手だと思う。

・芝でもダートでも回収率が高い。芝は単勝・ダートは複勝の回収率が高くなっている(それぞれ101%と95% )

・人気別に見ると、本命サイド・中穴・大穴と、すべて回収率が高い。

・1番人気では、単勝回収率90%・複勝回収率88%と安定している。Cデムーロは、軸としても有効活用できる印象。

・「4~12番人気」の複勝回収率が100%と素晴らしい成績。とりあえずCデムーロ騎手は、ヒモとしても馬券に入れておいて損はない感じ。

・クラス別に見ると、「重賞レース」の単勝回収率が108%とプラス。大舞台にも強い。

・1600万下とオープン特別でも、単勝回収率がプラスになっており、重賞レース以外でも、大きめのレースでは軽視できない騎手。

・なぜか牝馬限定戦に強い。単勝回収率183%・複勝回収率117%とすごい回収率になっている。

・競馬場別に見ると、中山・京都・阪神と、すべて回収率が高い。ただ、なぜか東京競馬場だけは平凡な回収率。

・競走番号別に見ると、朝から最終レースまで、まんべんなく回収率が高い。ただ、午後イチの第6~7レースだけは平凡な回収率。

・年度別に見ると、毎年ほとんど回収率が高い。狙いやすい騎手だと思う。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼まずは2011年からの、すべての成績を見てみます。


クリスチャン・デムーロ騎手データ(2011年~2018年2月)

861レース騎乗

勝率14.9%
連対率27.2%
複勝率40.7%

単勝回収率88%
複勝回収率91%


はい。

では、ここから馬券に使えそうなデータを抽出・分析してみたいと思います。



▼クリスチャン・デムーロ騎手。

ミルコ・デムーロ騎手の弟ですね。

G1では、2013年の桜花賞(アユサン)で、兄弟ワンツーフィニッシュを決めています。



▼2017年には、新設されたG1・ホープフルステークスをタイムフライヤーで完勝。

日本でも、その名前が認知されてきています。

そのうち、お兄さんのMデムーロ騎手に続き、日本競馬の騎手になるかもしれませんね。


そんなCデムーロ騎手。

馬券では儲かるのか?



▼私ブエナの印象では、

「Cデムーロ騎手は、Mデムーロ騎手と同じく、儲かる騎手だと思う。Mデムーロ騎手は大きなレースに強いが、Cデムーロ騎手は、まんべんなくどのレースでも回収率が高くなりやすい印象。また、人気馬でも穴馬でも回収率が高い。」

という感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼助っ人外国人騎手の場合、大きなレースでは回収率が高いが、重賞レース以外ではあまり儲からなかったりします。

しかし、Cデムーロ騎手の場合は、重賞レースに限らず、ほとんどのレースで回収率が高くなっている。

騎乗技術の高さと、どんなレースも手を抜かない真面目な性格なのかもしれません。

(ただ、500万下と1000万下だけ、回収率は平凡)



▼1番人気での単勝回収率が90%なので、軸馬として非常に活用しやすい騎手。

複勝回収率も88%あるので、1着固定だけでなく、三連複やワイドの軸でも使える感じ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼重賞レースの回収率は、108%とプラス。

ムーア騎手と同じく、重賞レースでは、Cデムーロ騎手はむやみに外さない方が良いかと。



▼このようにCデムーロ騎手は、ほとんどの条件で回収率が高い騎手で、利益を出しやすい印象です。

回収率が低く、狙いにくい条件としては、「東京競馬場」「第6~7レース」か。

これ以外の条件では、Cデムーロ騎手を積極的に馬券に入れていくと、回収率も上がりやすくなる感じです。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング