一番上手い騎手、一番儲かる騎手は誰か?騎手で馬券を買う。重賞レースの騎手回収率

誰が一番うまい騎手なのか?ジョッキーデータと特徴・得意条件


▼本日は、一番上手い騎手・一番儲かる騎手について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼まず、私ブエナが2010年までさかのぼって、全騎手のデータ(2010年~2018年2月)を見ていて感じたこと↓


・単勝の平均回収率が90%を超えているのは、田辺騎手・Mデムーロ騎手・秋山騎手・藤岡佑介騎手・古川騎手・松田大作騎手・松若風馬騎手、このあたり。(騎乗数が少ない騎手は除外)

・複勝の平均回収率が85%を超えている(軸向き)なのは、福永騎手・川田騎手・北村友一騎手・松田大作騎手・Cデムーロ騎手・Rムーア騎手、このあたり。(騎乗数が少ない騎手は除外)


・リーディング上位騎手で、勝率が最も高いのはルメール騎手。次がMデムーロ騎手。やはりこの2人は勝負強い印象。

・日本人騎手で勝率が高いのは、福永祐一・川田将雅・戸崎圭太。

・「連対率」で見ても、ルメールとMデムーロがやはり差をつけている。かなり優秀。それぞれ36%と33%

・「複勝率(3着以内率)」でも、ルメールとMデムーロが素晴らしい成績。それぞれ48%と44%。日本人騎手では、福永祐一が優秀な3着内率を誇る感じ。39%くらい。


・重賞レースで単勝回収率が高い騎手は、Mデムーロ。単勝回収率164%は衝撃的な数字。

・でも実は、重賞レースでMデムーロより単勝回収率が高い日本人騎手がいる。⇒田辺裕信騎手。単勝回収率196%は驚異的。

・重賞レースで、上記2人以外で儲かる騎手は、ルメール・ムーア・石橋脩・高田潤(障害ジャンプレース)・Cデムーロ・酒井学・北村友一、このあたり。すべて単勝回収率100%越えの素晴らしい成績。



はい。
私ブエナの観点でデータを眺めていると、このような印象を受けました。

では、具体的に見ていきたいと思います。



▼上記で見てきたデータは、ブエナ調べで(2010年~2018年2月)という期間限定での数字ですが、基本的な傾向は、まだしばらく変わらない気がする。

重賞レースだけ買う人も多いと思うので、まずは重賞レースで考えてみましょう。



▼重賞レースを騎手で考える場合、まずはシンプルに、

「Mデムーロとルメール」

やはり今も昔も、この2人が中心になると私ブエナは考えます。

データ的な裏付けを見ても、重賞レースではやっぱりこの2人が儲かる感じ。



▼特に、Mデムーロは重賞レースで勝負強く、単勝回収率はなんと164%

複勝回収率も98%となっており、重賞レースでMデムーロを外してしまうと、それだけで回収率が下がってしまう状況です。

重賞レースで勝負する場合は、Mデムーロは馬券に組み込んでおいた方が良い感じ。

特に、「G1」では、単勝回収率が242%と恐ろしいことになっているので、G1のMデムーロは特に要注意かと。



▼Mデムーロとルメール以外でも、儲かる騎手はいます。

日本人代表としては、「田辺裕信騎手」

当ブログでも何度も登場していますが、彼もまた勝負強い。



▼田辺裕信。重賞レースでの単勝回収率は、なんとなんと196%

人気薄の大穴を勝たせる傾向にあり、一発で回収率を引き上げるタイプの騎手ですね。

重賞レースでは、2ケタ人気の超人気薄をバンバン馬券圏内に持ってきてしまう。


中穴狙いの私ブエナは、田辺騎手に何度も馬券を邪魔されています。

もちろん、おいしい思いもしていますが。



▼重賞レースでの田辺騎手は、確かに儲かる。

ただ、ひとつの傾向として、

「重賞レースの田辺騎手は、人気馬での安定感に欠けるような気がする」わけ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼私の印象ですが、田辺騎手は、中穴~大穴サイドで一発高配当を狙える騎手。

その半面、1~3番人気で取りこぼすことが多い印象(重賞レース)


1~3番人気の単勝回収率91%に対し、複勝回収率は73%しかない。

重賞レースの田辺騎手の弱点を挙げるとしたら、このような「人気馬での安定感がないこと」かもしれない。



▼まあ最近は、田辺騎手はかなり腕を上げてきているので、その辺も少しずつ改善されてきているような気はします。

ただ、基本的には田辺騎手は、穴で狙う方が儲かると、私ブエナは感じるわけです。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング