競馬で回収率を上げる方法。馬券で利益を出す方法。勝てるレースを選ぶ。

回収率を上げる方法


▼競馬で、回収率を上げるにはどうすればいいのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


回収率を上げるには、期待値の低い馬券を購入せず、期待値の高い馬券を購入するしかないと思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。

期待値


▼まず、よくある方法論として、

「回収率を上げるには、買い目点数を絞ればいい!」

というものがあります。


しかし、私はこの考え方には、少し懐疑的です。



▼「1点買いにすれば、回収率は上がるのか?」

・・・私は、上がらないと思います。

なぜなら、馬券というのは、何点購入するかよりも、「購入した馬券の期待値が高かったかどうか?」で、回収率が決まると思うからです。
(あくまで私ブエナの自説です)



▼確かに、1点買いは、無駄な馬券を排除しているという点では、とても優れた買い方だと思う。

でも、「1点に絞っても、その1点が期待値の低い馬券だったら、回収率は上がらない」

ということになると思うわけです。
(長期回収率の話です)



馬券の還元率は、「平均75%」ですが、それぞれのレースの中には、「回収率50%の馬券」もあれば、「回収率120%の馬券」も、あるわけです。


なので、回収率を上げるためには、

そのレースの中に存在している、プラス回収の馬券を探して、そこだけ購入する

という作業が必要になると思うわけです。


これが、「1点買いにしても、回収率が上がるわけではない」と、私が考える理由です。

ではさらに、馬券の期待値について考察してみます。



▼競馬は「レース選び」で全てが決まる


私が思うに、競馬で「的中率」を上げるには、前回解説した通り、2桁人気の馬を切って、残った馬の中で馬券を構成する。

そして「人気馬から人気薄」の馬券を中心に構成する。


これだけである程度の、的中率と回収率を維持することができるようになると思います。

馬6


▼ただ、競馬で継続して利益を出し続けるためには、これに加えてもう一つ、重要項目があります。

それが、「レース選び」です。


競馬というのは、一日36レースから自分の好きなレースを選んでお金を賭けることができます。

この「レースを選ぶことができる」という点が、他のギャンブルと明確に違うポイントとなります。



レース選びを制するものは、馬券を制す、と言っても過言ではないほどレース選びは重要だと思う。

はっきり言ってしまえば、 「勝てるレース選び」さえ出来れば、馬券の買い方が多少、適当でも勝てると思うわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼競馬というのは、「勝ち馬を探す」ことに必死になってしまうものですが、実はそうではなく、レースを選んだ時点で、ほぼその人の馬券の勝ち負けは決まってしまっているとも言える。

まず、ここを理解できていなければ、馬券は買えば買うほど、マイナスが積もっていくことになる。



▼さて、レース選び以外でも、回収率を上げる方法を考えてみましょう。

競馬で回収率を上げるためには、

強いのに人気がない馬」を買えばいい。

まずは、これが基本になります。



▼逆に、「そんなに強くないのに、過剰人気になっている馬」

このような馬を買い続ければ、確実にお金は減り続けます。


過剰人気馬は、的中率は高くても、回収率は低くなってしまう。

競馬では、そんな過剰人気馬が、たくさん登場します。



▼それから、当ブログではいつも書いていますが、

本命サイドの馬券ばかりを買わないこと

これだけでも回収率はかなり改善されると思います。



▼本命サイドの馬券は、的中率が高いので、多くの人が購入します。

故に、本命サイドの馬券は、的中確率に対してオッズが伴ってこないことが多い。
(※ただし、条件を絞れば、本命サイドの馬券でも利益を出すことは可能です)



▼本命サイドの馬券の特徴として、「初心者さんでも、ある程度の回収率を出すことができる」というものがあります。

本命サイドの馬券は的中率が高いので、「確率の収束スピード」も早くなります。

なので、「本命馬券」は初心者さんでも、比較的短期間で、「回収率70%前後」の数字を出すことができるわけです。


逆に、初心者さんが「中穴馬券・大穴馬券」を狙うと、的中率が大きく下がり、回収率が30%とかになってしまうわけですね。



▼馬券というのは、常にリスクとリターンが表裏一体なので、

回収率(リターン)を上げるためには、リスクを上げる必要がある

と言うこともできます。


つまり、「回収率を上げるために、あえて的中率を下げる」ということです。

的中率を追求すれば、回収率はなかなか上がらない。

回収率を上げるためには、的中率をある程度、犠牲にする必要があると思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼かといって、闇雲に大穴馬券を買っても、回収率は上がりません。

回収率を上げるには、「回収期待値の高い馬券を探す

この作業が必要になります。


逆に、「当たりそうな馬券を探す」と、回収率はなかなか上がりません。
(経験談)



▼例えば、「中山1600mは内枠有利」というデータがありますが、この場合、内枠の馬を適当に狙っても回収率は上がりません。

また、内枠の馬でも1番人気馬だと、なかなか回収率を上げるのは難しい。

そこで「内枠で、なおかつ、中穴~大穴馬」に狙いを定める。

さらに「内枠で、中穴~大穴馬で、先行馬」まで条件を絞っていくと、また少しずつ、長期回収率が上がります。



▼これは回収率を上げる方法のほんの一例ですが、このような考え方を応用していくことで、「期待値が高い馬の条件」がどんどん増えていきます。

そして、それをコツコツ狙い撃つことで、長期的な回収率も上がっていくわけですね。



▼ということで本日は、競馬で回収率を上げる方法について書いてみました。

私なりにまとめると、


「回収率を上げるには、データ分析から、期待値の高い馬を探して、そこだけ購入するしかないと思う」

「単純に、買い目を少なくしても、回収率は上がらないと思う」



私はこのように考えています。



▼基本的には上述した通り、「当てにいくと回収率は下がる」と思います。

本命サイドの馬券は、オッズの歪みが少なく、利益を出しにくいと思うからです。


なので私の場合は、ガチガチの決着なら、潔く諦める。

このような感覚で、主に、穴馬券を購入しています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬で回収率を上げるための買い方


▼回収率を上げる方法についての考察を続けます。

馬券の回収率を上げるためには、買い目を絞るだけではダメ。


1点買いでも、10点買いでも、50点買いでも、長期回収率にはあまり影響がないと思う。

要は、合成オッズであり、購入した馬券の期待値の高低が、長期回収率を左右する。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼例えば、本命サイドを多点買いすると回収率を上げにくいというのは、買い目点数が多いからというより、合成オッズが低いから、と考えられる。

本命サイドの馬券をたくさん買うと、必然的に的中時の利益が減少し、回収率が下がる。

しかし、穴サイドの馬券であれば、多点買いしても合成オッズは維持され、回収率は下がらない。



▼これはあくまでも、「合成オッズと回収率の関係性のみ」を、私なりに書いたものです。

そして、馬券の回収率を上げるには、合成オッズだけでは足りない。

回収率を上げるために、最も重要な部分は、やはり「期待値」だと思うわけです。



▼競馬が変動オッズのゲームである以上、「他の馬券購入者の動向」が何よりも重要になります。

つまり、「他の人が見ていない部分を見る」ということです。

これができている人は回収率が高いし、人と同じ馬券を購入する人は、頑張っても回収率が70%くらいまでしか行かないわけです。



▼変動オッズというのは、みんなが購入した馬券は、払い戻しが少なくなる。

誰も購入しない馬券は、払い戻しが多くなる。


馬券の回収率をアップさせるには、このようなゲームの特性をしっかりと把握して、自分に有利な馬券だけを購入していく必要がある。

そのために、データ分析したり、血統を勉強したりするわけです。



▼「期待値が高い馬券」「儲かる馬」は、競馬新聞には載っていません。

競馬新聞には、すべての馬が記載されていますが、「どの馬の期待値が高いか?」は、書かれていない。

だから私は、競馬新聞だけではなかなか勝てませんよ、といつも書いているわけです。



▼競馬で回収率を高めて、PAT残高を減らさないためには、「自分だけの武器」が必要です。

あるいは、「少数の人しか使っていない武器」ですね。

私は、データ・血統・パドック、の3つが、主要な武器になると考えます。

3つ全てを極める必要はなく、どれか1つでも精通してれば、回収率100%超えが可能になると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング