重馬場の時は馬券を買わない?スピード指数と雨。不良馬場の不確定要素

重馬場の時は馬券を買わないほうがよい?


▼雨の日は、馬券購入しない方がいいのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「雨で馬場が重い日は、各種データの信頼度が落ちるため、あまり大きく勝負しない方がいいと思う」

「雨の日でも優位性があるとすれば、血統からのアプローチかと思う」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬は、アウトドアスポーツなので、雨が降ったり雪が降ったりします。

そして、芝やダートの水分含有量によって、馬場状態は、

「良馬場、稍重、重馬場、不良馬場」

という風に変化していきます。

雨


▼さて、この馬場状態ですが、私の感覚では、雨の日はあまり大きく馬券勝負しない方が良いかと思います。

何故かというと、馬の能力(調教)というのは、良馬場の前提で作られていると思うからです。


日頃のサラブレッドの調教は、雨でドロドロの馬場状態で戦う事は、想定していないわけです。

だから雨の日は、能力比較が正確にできないことが多い。



▼また、競馬ソフトなどでスピード指数等を使って予想する場合も、雨が降ってしまうと、その指数がほとんど役に立たないことになってしまいます。

スピード指数というのは、主に良馬場の時に、その馬が発揮できるパフォーマンスであり、雨が降ってしまうと何が何だか分からなくなってしまうからです。



▼重馬場~不良馬場の時は、まともな予想が通用しなくなるケースが多い。

逆に言えば、プロとアマとの差がなくなるとも言えるので、初心者の方は、重馬場~不良馬場の時に馬券を買えば、プロに勝つことができるケースもあるかもしれません。


ただ、正統派の予想を目指していくなら、雨でドロドロの日より、良馬場の日に予想していく方が、予想力は上がる気がします。



▼この文章を読んでいる方々は、みなさん自分自身の馬券力を向上させようと努力されている方だと思います。

なので、雨の日に適当に馬券を買うのではなく、自分自身のスタイルをしっかり確立して「勝つべくして勝つ」という馬券を購入していくのがよいと思います。


そのためには馬場状態が不安定だったり、雨が降っている時には、あえて馬券は見送ってレースだけ見る、という精神力も必要になります。


馬券はお金を減らさないことが最も重要です。

マイナスが増えていくと、せっかくの楽しい競馬を続けることができなくなります。



ですから、雨や不良馬場に限らず、馬体重の大幅な増減など、「不確定要素が多いとき」は、勇気をもってそのレースを見送るという判断も、馬券収支をプラスにし続けるためには必要なのかもしれません。



▼では次に、具体的なデータも見てみましょう。


【重馬場~不良馬場のデータ】
2010~2015
2491レース分析


芝のレース。1番人気の単勝回収率

⇒67%



はい。かなり低いですね。

上述した通り、重馬場~不良馬場では、能力比較が困難なため、一番強いと思われた馬でも簡単に負けます。



▼また、当ブログでは何度か書いていますが、通常「2桁人気の馬」は、あまり期待値が高くないものですが、重馬場~不良馬場の場合↓

重馬場~不良馬場(芝)
10~12人気
単勝回収率 86%



はい。
雨が降って馬場がチャグチャになってしまうと、1番人気より、10~12人気の方が、回収率が高くなります。
(※回収率が高いだけで、的中率は当然、1番人気の方がはるかに上です)



▼ちなみに、「雨が降ると成績が良い騎手」というのも存在します。

逆に、「雨が苦手な騎手」も存在します。

例えば、


【重馬場~不良馬場(芝)】騎手の単勝回収率と複勝回収率


柴田大知 253% 155%

柴田善臣 118% 105%



はい。雨が降ると成績が良い、ダブル柴田ですね。

単勝回収率だけでなく、複勝回収率もプラスというのは、かなり凄いことだと思います。

その他にも、江田照男・藤岡佑介など、「穴騎手」は、やはり荒れる条件で活躍する傾向にありますね。



▼そのような傾向を探っていくと、

雨で重馬場~不良馬場になったときは、1番人気を切って、普段狙わないような大穴を狙ってみる

というのも、アリなのかもしれません。


雨で、1番人気の期待値が低いということは、その他の馬の期待値が上昇するからです。

1番人気を外したボックスなども、馬場が悪い時には意外と有効と言えます。



▼当ブログでは、何度か書いていますが、

「競馬というのは、1番人気の馬を中心に考える」

まずこれがスタートラインになると思います。


「1番人気が強いレース」は、それ以外の馬の期待値が下がります。

「1番人気が弱いレース」は、それ以外の馬の期待値が上がります。




▼なので、私ブエナの場合はまず、「このレースは、1番人気の期待値が高いか低いか?」を、長期データから判断します。

そして、1番人気が弱いなら、穴狙い。

1番人気が強いなら、見送るか、1番人気から少点数で狙う、という感じで、私は馬券を構成することが多いです。


そう考えると、重馬場の日は、1番人気の期待値が下がるので、穴狙いが理にかなっていると、私は思います。
(個人的には、馬場が悪くなったら、あまり馬券購入はしません)



▼ということで本日は、重馬場の考え方について書いてみました。

私なりにまとめると、


「重馬場の日は、能力比較が困難になり、1番人気の信頼度が下がり、穴馬券の期待値が上がると思う」

「基本的には、馬場状態が悪い時は、あまり馬券購入しない方が良いと思う」



私はこのように考えています。



▼イメージ通り、「重馬場は荒れやすい」という認識で良いかと思います。

そして、「雨の日は、通常よりも1番人気の信頼度が下がる」ということになると思います。


私ブエナは、天気が悪い日は、馬券は控えめにした方が、長期回収率は上げやすいと感じます。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重馬場で有利な脚質は逃げ?


▼では次に、重馬場で有利な脚質を考察してみたいと思います。

雨が降って、馬場状態が悪くなると、グリップが効かなくなるので、スピードが出ません。

スピードが出ない。すなわちトップスピードが遅くなる。

このような馬場状態になると、「切れ味勝負の馬」は、その武器を失います。



▼後方から、上がり32秒台の脚で追い込む馬などは、雨が降ってグリップが効かない馬場では、得意の末脚を炸裂させることができません。

重馬場のレースは、極端に言えば、全馬が同じ速度で走っている様なイメージ。なだれ込む感じです。

これだと、前を行く馬に追いつけない。

追い込み馬の武器は、先行する馬よりはるかに速いトップスピードだからです。



▼実際にデータを見てみましょう。


【重馬場~不良馬場データ】
特別戦
546レース分析(ブエナ調べ)
2010~2016.9


芝コース
逃げ 334%
先行 71%
差し 54%
追い込み 33%


ダートコース
逃げ 175%
先行 112%
差し 47%
追い込み 30%


はい。
芝でもダートでも、雨で重馬場の時は、逃げた馬が圧倒的な回収率となっています。



▼多くの人が、雨の日は逃げ馬が有利だというイメージを持っていると思います。

データ的にも、重馬場の時は、逃げる馬の馬券を買えば、かなりの回収率になることがわかります。



▼ただ、ここには1つ問題があって、

「どの馬が逃げるか分からない」わけです。


これは良馬場の時でも同じなんですが、逃げる馬が分かれば、馬券で勝つのは簡単です。

しかし、逃げる馬がわからない。



▼上述したデータは、「そのレースで逃げた馬」です。「逃げ馬」ではありません。

本来、逃げ馬ではない、重馬場が得意な馬が、スイスイと逃げてしまった、というケースも多々あるわけです。


これをレース前に予測することはかなり難しい。

ただ、逃げる馬をズバリ読み切ることはできなくても、「たぶん前の方に行くであろう馬」は、重馬場の日には、回収率が高くなるので、やはり雨の日は逃げ・先行馬を狙っていくのが基本になると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング