馬体重の増減と馬券。プラス馬体重とマイナス馬体重。切る?回収率

馬体重の増減は馬券に影響を与えるか?


▼馬体重が増減しているときは、どうする?

私(ブエナ)の経験則で書けば、

その馬の期待値が高いなら、直前の馬体重が多少変動していても、そのまま購入することが多い」です。


具体的には、「20キロ以上増減していなければ、あまり気にしない」です。
(あくまで私の認識です)

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬は、パドックで馬体重の増減をチェックしてから馬券を買うことができます。

この馬は+10キロだから太め残りだ!とか、この馬は-20キロだからガレ気味だ!とか、そのような判断が一般的です。

太る


▼馬体重に増減のない馬は特に問題ありませんが、上記のように、二桁レベルの体重変動がある馬は、切った方が良いのか?

これに関しては、人によって意見が違うと思いますが、私の見解では、馬体重は無視しても、馬券でプラスにすることは十分可能、と考えます。



▼というか、実際に私ブエナの馬券は、馬体重をほとんど見ないで買いますが、長期的にはマイナス収支にはなっていません。

馬の体重というのは、500キロ前後ありますので、 10キロぐらい増減したところで、走るパフォーマンスにそれほどの影響を与えるものではないと考えます。
(あくまで私の考え方です)



▼特に、条件戦などのレベルの低いレースの場合、多少太め残りだろうが、痩せ過ぎだろうが、強い馬は強いです。

一日36レースのうちのほとんどは、このようなレベルの低いレースですので、私の場合は、馬体重はほとんど気にしません。


しかしこれが、ジーワンレースなどの、超ハイレベルなレースになった場合、わずかな体重の変動が結果に影響を与えるケースが多くなります。

ボクシングと同じで、究極的なハイレベルレースになったときは、体重というのはベストでなければ勝てませんね。



▼なので、馬体重と馬券の関係については、

重賞レース以上になると考慮する

それ以外の条件戦では、私は馬体重はあまり見ません。



▼馬体重よりも、「オッズ」の方が、よほど重要なファクターと言えます。

馬体重を見るのは確かに大切なのですが、私たち一般人にとって、パドックで馬の調子を判断することは極めて困難です。

そこに時間を割くよりも、「レース選びやオッズ分析」に時間を使った方が、馬券収支はプラスになっていくと考えます。
(マツリダ予想より引用)


馬体重を見るのが無駄なのではなく、あくまでも優先順位の問題ということですね。



▼「パドック眼」というのは、持っている人には強力な武器になりますが、ほとんどの人はパドックを見てもわからないと思います。

私ブエナも、パドックはよくわかりません。

例えば、「+10キロだけど、成長分」とか、「-10キロだけど、絞れて良い状態だ」・・・という判断は、私も含めて、ほとんどの人には難しいと思います。


なので、馬体重より、もっとわかりやすいファクターで期待値を判断し、馬券購入していく方が、時間の節約にもなるし、回収率も上がりやすいと思うわけです。



▼さて、それでは具体的に、馬体重が大きく増減した馬のデータも見てみましょう。


【馬体重マイナス20キロ以上】
2010~2015
18172レース分析
(ブエナ調べ)


単勝回収率 52%
複勝回収率 47%



はい。
さすがに20キロ以上も体重が減ると、「ガレ気味」の状態になり、走れない馬が多くなります。

ただ、-20キロ以上の減少というのは、かなりレアケースであり、ほとんど見ることはないですね。


重賞では、2015年のフィリーズレビューで、クイーンズリングが-20キロ(1着!)でした。

1番人気なら、多少の馬体重の増減があっても、好走率は高くなります。

ただ、「回収率」は、上記の通り、低くなります。



【馬体重プラス20キロ以上】
2010~2015
18172レース分析
(ブエナ調べ)


単勝回収率 69%
複勝回収率 60%



はい。
馬体重プラス20キロ以上も、回収率は低くなります。
(今回のデータ全体の平均は、単勝回収率72% 複勝回収率76%)



▼このように、馬体重が20キロ以上も増減している場合は、回収率がやや下がる傾向にあるので、積極的に狙っていく必要はないと思います。

ただ、20キロ以上の増減というのは、上述の通り、珍しいレアケースなので、それほど神経質に見なくてもいいのかなという感じです。
(数が少ないので、長期的な収支には、ほとんど影響しないという意味)



▼あと余談ですが、馬体重つながりで言えば、「体重そのもの」も回収率に影響します。


【馬体重が419キロ以下の馬】

単勝回収率 41%


です。
競馬において「馬格」つまり、体の大きさは意外と回収率に影響します。

ちなみに、500キロ以上の馬は、


【馬体重が500キロ以上の馬】

単勝回収率 83%


はい。
回収率が全然違いますね。

「419キロの小柄な馬」より、「500キロ以上の大きな馬」の方が、長期的な回収率は明らかに高くなるということになります。


馬体重の増減とは関係のない話ですが、「馬体重そのもの」も、大切な要素でもあります。



▼ということで本日は、馬体重の増減について書いてみました。

私なりにまとめると、


「期待値分析がしっかりとできていれば、馬体重は見なくてもプラス収支にできると思う」

「ただ、20キロ以上の増減は、回収率を低下させるので、リアルタイムで馬体重を見ることができる時は、20キロ以上の増減馬は、少し評価を下げた方がいいかも」



私はこのように考えています。



▼あくまでも私の個人的な見解で書きましたが、「馬体重については、最優先事項ではない」と考えます。

あくまでも補助的な予想ファクターなので、まずは馬体重よりも、「レース選び」や「過小評価されている馬を探す」

回収率を上げるには、こちらが最優先になると思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



馬体重と回収率の関係


▼馬体重の変動についての話を続けます。

先ほど、大幅な馬体重の増減は、回収率を下げると書きました。

その中で、ちょっと例外があります。


「3ヶ月以上の休み明けの馬の場合、大幅な馬体重の増減が、逆に回収率を上げるケースもある」

という部分です。



▼別の記事でも書きましたが、休み明けの馬が、大幅に馬体重を増やしたり減らしたりしている場合、多くの競馬ファンは、「これはダメだ」という感じで、馬券を購入しない傾向にあります。

そのため、「休み明けで、馬体重が増減している馬」は、私は逆に狙っていくことも多いです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼でも基本的には、私の場合は、マツリダ予想とデータ優先なので、直前の馬体重は無視することが多いです。

土日は、家族サービスしなきゃいけないし、リアルタイムでテレビやパソコンにかじり付いて競馬ばかりできない状況です。

なので、とにかく期待値が高い馬だけ、しっかり分析するようにして、直前のパドックは暇な時だけ見る、という感じにしています。



▼注意点として、先ほども書きましたが、

「G1・G2・G3の重賞レースは、休み明けや馬体重の増減が、回収率に影響するケースが多い」です。

下級クラスのレースでは、能力の絶対値で結果が決まりやすいわけですが、重賞やG1は、全馬の能力が高いので、絶好調でないとなかなか勝てません。



▼これを読んでいる人でも、重賞レースしか買わない人も多いかと思います。

重賞で勝負する場合は、できるだけ直前の馬体重をチェックして、激しく増減している馬の評価は少し下げるなどしていくと、回収率も上げやすくなるかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング