IPATで馬券を買うと勝てる?ウインズや競馬場で買うと負ける

IPATで馬券を買うと勝てる?負ける?


▼IPATで、勝てるようになるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「PATは、パソコンやスマホで、落ち着いてデータ分析して馬券購入できる分、かなり有利だと思う」

「ウインズや競馬場に行くと、これらの武器が奪われる上に、テンションが上がって馬券を買いすぎてしまうので、回収率が下がりやすくなる印象」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼昔は、馬券を買うためには、競馬場かウインズに行かなければ買えませんでした。

が、現在は便利な時代になり、パソコンやさらには携帯電話でも、簡単に馬券が買えるようになりました。

携帯


▼昔は、競馬をやると言えば、競馬新聞を買ってウインズか競馬場に出向いて、そこでタバコの煙にまみれながら、おっさんの加齢臭に苦しみながら、マークシートを塗るというのが競馬でした。


しかし今では、エアコンの効いた部屋で、ビールを飲みながら携帯で馬券を買い、BSで競馬中継を観るということが可能になったわけです。

ちょっと前までは、競馬中継を見るのにも、グリーンチャンネルでしか見ることができなかったので、 BSでタダで競馬中継が見られるというのは、ものすごい進化だと思います。



▼こんなに馬券が買いやすい環境になったのに、馬券の売り上げが伸びないのはなぜでしょうか?

私は、馬券をパソコンや携帯で、いつでもどこでも買えるという環境が、逆に、売り上げを下げているような気もしています。


ウインズや競馬場にわざわざ出向いていくと、せっかく来たんだからという気持ちで、ガッツリと馬券を買ってしまうわけです。

ですが、家にいればいつでも買えるので、メインレースだけちょこっと買うという買い方が多くなります。

これでは、なかなか売り上げを伸ばすことはできないかも。



▼ちょっと脱線しました。

さて、馬券収支の話に戻りますが、馬券で勝つには、PCや携帯電話で買った方が良いのか?

それとも、ウインズや競馬場に出向いた方が良いのか?



▼ここまでの流れを読んでいただければわかると思いますが、私の考えでは、IPATで馬券を買うほうが馬券収支は向上しやすいと思います。
(あくまで私ブエナの考え方です)

なぜなら、余計なレースを買わなくなるからです。



▼競馬場やウインズに出向くと、最後の100円まで使い果たしてしまい、「オケラ街道」と呼ばれる、スッカラカンの帰り道を体験することになりますが、PAT残高が0円になるまで馬券を買う人は、あまりいないわけです。

ですから、馬券収支という点から考えるなら、家でPATで馬券を買うべきでしょう。



▼しかしその反面、ウインズや競馬場に行って、大勢の人と同じ時間を共有するという楽しみ方は、競馬が最も楽しいと感じる遊び方でもあると思います。

ですから基本的には、PATでの馬券購入を推奨しますが、たまにはウインズや競馬場で生のライブ感を体験するのも、また良いと思っています。



▼あと、家で馬券を買うメリットは、やはり「パソコンが使えること」

私の場合は、マツリダ予想のほかにも、自分でデータ分析ソフトを使っているので、競馬場やwinsに行ってしまうと、この武器がなくなります。
(ノートパソコンは重いので持ち歩かない主義)



競馬というのは、その人が持つ「データ量」が勝ち負けを決めると言っても過言ではないくらい、データが重要です。

競馬新聞に赤ペンでマル印をつけても勝てません。よほどの天才以外はムリ。

私たちのような凡人は、やはりコンピュータやデータの力を借りて戦うのが基本になります。



▼その点でやはり、競馬場やwinsで馬券を買うのは、使えるデータが少なくなる分、負けやすくなる気がします。

ノートパソコンを持っていけばいいのかもしれませんが、winsではノートパソコンはなかなか使うスペースがないし、競馬場ではサラブレッドの走る姿を見たいので、パソコンを持って行く気になりません。



▼だから私は、競馬場に行く日は、回収率とかあまり気にしないで、「純粋に競馬を楽しむ」ようにしています。

現場で競馬を楽しめたから、多少、回収率が悪くなっても、まあいいか。という感じで。


その代わり、家で馬券を買うときは、徹底的に期待値を分析するし、無駄なレースは一切買いません。

メリハリをつけて馬券を購入しています。



▼PATでの注意点として、

「全レース、気軽に購入できるため、朝から晩までダラダラと馬券購入してしまいがち」

という部分。


私の経験上では、ウインズや競馬場に行く方が、馬券購入額は上がる印象ですが、人によっては、土日の朝から晩まで、なんとなく IPATで馬券を買い続ける人もいます。

このタイプは、最もマイナスが増えやすいタイプなので、「購入レースを厳選する」という自制心が必要になります。



▼ということで本日は、ウインズや競馬場で馬券を買うと負けるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


馬券でプラス収支にしたいなら、PATの方が有利だと思う

私はこのように考えています。



▼やっぱり現場で馬券を購入するとテンションが上がってしまうし、レースを見送ることが難しくなるので、長い目で見ると、負ける可能性が高くなると思います。
(経験談)


ですから、「楽しむ日」と「ちゃんと勝負する日」を明確に分けて、勝負する日は、家でしっかりとデータを分析してから馬券を購入するという風にした方が良いと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



IPATは国税局が来る?


▼IPATの話を続けます。

インターネット投票のデメリットとして、「国税局が来る!」というのを警戒している人もいるようです。

これまでも、馬券で億単位の利益を出した人が、2~3人、話題になっていました。

これはどうすればいいか?



▼あくまでも私の印象ですが、億単位の馬券購入額でなければ、国税局が家に来たりすることは、まずないと思う。

普通の人は、1点100円~1000円くらいで、ささやかに競馬を楽しんでいると思います。

これくらいの範囲なら、確定申告がどうのとか、国税局がどうのとか、その辺は全く問題ないと思います。



▼基本的には、馬券で50万以上、年間プラスになったら、一時所得として確定申告することになります。

安定的に年間50万円以上、利益を出している人は、確定申告します。

まあ、控除額があるので、確定申告しても税額は少額です。よほどの高収入の人でない限り。

(※競馬の一時所得は、分離課税ではなく総合課税のハズなので。)



▼そもそも、ほとんどの人は年間プラスになっていないと思うので、税金に関しては心配しなくてもよいかと思います。

まずは、年間プラスを安定的に達成できるようにすること。

少額で楽しむこと。

ツールで自動購入しないこと。


要は、普通に少額で競馬を楽しんでいる範囲なら、IPATでのインターネット購入でも、何も怖い事はないと思うわけです。



▼競馬で多額の利益を出し、税務署にマークされる人は、パソコンを使っての自動購入をしていたようです。

競馬ソフトにあらかじめロジックを入力しておき、条件に合致した時、自動的に購入するシステムです。

これを朝から晩まで稼働させると、かなりの額の馬券購入額になる。

当然、払い戻し金額も、数千万単位の膨大な額になります。



▼IPATは、銀行口座が動くので、数千万円~数億円単位の入金があるPAT口座で、確定申告されていない場合は、税務署もマークしてしまうようです。

なので、競馬ソフトでの自動購入は非推奨です。



▼そもそも、税金とかいう問題以前に、競馬ソフトとIPATで自動購入すると、大金を失うリスクがあるからです。

あくまでも競馬はささやかに楽しむこと。

年間で、ほんのちょっとだけお小遣いが増えるような形を目標として楽しんでいくのがベストだと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング