斤量が重い馬と軽い馬、どっちが儲かる?斤量の有利と不利。回収率

【斤量が重い馬と軽い馬、どっちが儲かる?影響と狙い目】


▼斤量が重い馬と軽い馬は、どちらが強いか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


斤量が重い馬の方が強く、回収率も上げやすいと思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬では、「斤量」という重りが決まっています。

基本的には、全ての馬が同じ重さで走ることになりますが、賞金の荒稼ぎを防ぐために、実績のある馬には徐々に重い斤量が乗せられていきます。

おもり


▼この斤量ですが、競馬では非常に重要な意味を持ちます。

私は、休み明けや馬体重の変動は、あまり気にしませんが、やはりこの斤量はしっかり見るようにしています。



▼斤量が重い馬というのは、実績がある馬なので有名馬が多いです。

ですから投票が入りやすくなる。つまりオッズが下がります。

斤量が重くて不利なのに、オッズが低いということになりやすいわけです。
(オープン馬の話)



▼特に、重賞レースでは、賞金を稼いでいる馬は、斤量が非常に重くなっていくので稼ぎにくくなっていきます。

それでも、過去の実績から人気になるわけです。


なので、特に「軸馬」を決めるときには、斤量が他の馬に比べて不利ではないか?ここが重要なポイントになります。



▼重賞レースにおいて、斤量の重い馬が惨敗するというケースは、頻繁に見られます。

そして、そのような重い斤量で負けた馬は、本番のGIで斤量が軽減するため、巻き返すというケースが増えるわけです。


馬券が苦手な人というのは、このように、斤量が重い重賞の時に買ってしまって惨敗
  ↓
次走、GIで人気を落とした時に軽視して、来てしまう・・・。このような裏目の馬券の買い方をしてしまう人が多いですね。



▼さて、これだけで話が終われば簡単なのですが、斤量については、少し複雑な事情があります。

私ブエナの独断と偏見なので、参考程度に聞いてください。


上述したように、斤量が重い馬は明らかに不利なので、能力を発揮できないことがある。

しかしその一方で、

斤量が重いという事は、能力が高いということでもある

わけです。



▼実績があるから、より重い斤量を背負わされる。

ですから、「斤量が重い馬は、強い馬である」と言えます。


さらに、「斤量が重いことで、競馬ファンがあまり馬券を買わない

という傾向になります。


「58キロかあ~。これは厳しいなぁ~。切ろう!」

という判断は、誰もがやったことがあると思います。



▼しかしここで問題が発生します。

斤量が重い馬は、強い馬である。でも斤量が嫌われて、馬券があまり売れないなら、むしろ斤量が重い馬は、儲かる馬であるとも言える

と、私は考えます。



▼ちょっと話が複雑なんですが、要するに、

斤量が重いことで人気を落としている馬はむしろ、回収率が高い傾向にある

ということです。

逆に、

斤量が重いのに、人気が落ちていない馬は、儲からない

とも言える。



▼確かに重い斤量は、走破時計に影響を与えますが、サラブレッドの馬体重は500キロ前後あるので、「1~2キロの斤量を苦にしない馬」も、たくさんいます。
(※大型馬とは限らない)


そのような、斤量を苦にしない馬は、斤量が重いとオッズが上がる分、回収率も上がる。

強いのに、斤量が重いという理由で、競馬ファンがあまり馬券を買わないからですね。



▼馬券は常に、他の馬券購入者との戦いですから、人の裏を突いていかなければなりません。
(マツリダ予想より引用)

世論がどのように流れているのか?

これを読むのが馬券収支をプラスにする秘訣です。


競馬は、「強い馬を探すゲーム」ではなく、「儲かる馬を探すゲーム」です。

そのためには、他の人の動向を見てから参戦するということが必要になるわけですね。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼さて、それでは実際に、斤量によるデータを見てみましょう。


【特別戦の斤量別データ】
(ブエナ調べ)
2010~2015
2003レース分析
定量・馬齢は除く


◆斤量57.5キロ以上の馬

単勝回収率91%
複勝回収率90%



はい。
かなり優秀な回収率となっています。


斤量57.5キロ以上となると、イメージ的にも「重い」と競馬ファンが感じるため、あまり馬券が売れないわけですね。

ちなみに上記データから「重賞レースを除く」と、回収率はさらに上がります。



▼ついでに言うと、

斤量57.5キロ以上の馬で、単勝オッズ5倍以上の馬

なら、かなり回収率が上がります。


これはつまり、「強いのに、あまり馬券が売れていない馬」ということになります。

このタイプの馬を狙っていくことで、斤量データだけでも、回収率を向上させることが可能になるわけです。



▼例えば、

「重賞で、斤量57.5キロ以上の馬」


単勝オッズ4.9倍以下
単勝回収率 66%


単勝オッズ5倍以上
単勝回収率 95%



はい。

要するに、「重賞レースで57.5キロ以上が嫌われて、人気が落ちている馬は、回収率が高くなる」というシンプルな話です。

逆に、「斤量が57.5キロ以上なのに、人気になっている馬は、回収率が下がる」ということになります。


あくまでも傾向ですが、重賞で57.5キロ以上を狙うなら、単勝オッズ5倍以上の馬を狙う方が、長期的な回収率は高くなりやすいと、私は考えます。



▼ということで本日は、斤量が重い馬と軽い馬、どっちが儲かるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


平均的には、軽量馬より、斤量が重い馬の方が儲けやすいと思う

そして上述したように、「斤量が重く、あまり人気がない馬」が、儲かる馬と考えます。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レースで斤量が重い馬は買いか?


▼斤量が重い馬と軽い馬、どちらが儲かるか?についての話を続けます。

多くの人は、重賞レースを購入することが多いと思うので、重賞レースのデータを見てみます。


【重賞レースの斤量データ】
(ブエナ調べ)
2010~2016.9
特別戦・牡馬
608レース分析


58kg
単勝回収率 91%

56kg
単勝回収率 63%

54kg
単勝回収率 69%


はい。
牝馬を入れると、話がややこしくなるので、牡馬限定データです。



▼上記のデータを見てもわかる通り、一般的には「重い」と言われる58キロは、回収率が高くなっています。

普通に考えると、「2キロ差があるから、なんとかなるはず!」と言って、58キロより、56キロを選びたくなる。

しかし、回収率を考えると、58キロを選んでいく方が儲かる、ということになります。



▼なぜそうなるかというと、「みんな56キロの方を選びたくなるから」です。

いつも書いている通り、馬券というのは、強い馬を探すゲームではない。

他の人が買わない馬を探すゲームです。

みんなが買う馬は、儲からない。

みんなが買わない馬は、儲かる。



▼この考え方は、斤量だけでなく、他のすべての項目にも言えることです。

例えば、「前走で、ぶっちぎりで勝った馬」

タイム差1秒以上のぶっちぎりで勝った馬は強い。競馬新聞を見ても目立つ。

だから皆が買いたくなる。

その結果、オッズが下がって儲からない馬となるわけです。



▼「斤量が重い馬は、あまり馬券が売れず、むしろ儲けやすい」

この傾向は、特に芝のレースで顕著ですが、ダートでもやはり同じような傾向が見られます。


ダートの場合、斤量が重いとダッシュがつかず、前に行けなくなるので、勝率が少し下がりますが、複勝回収率はやはり58キロの馬の方が高くなる傾向にあります。

58キロは、ちょっと手が出しにくい斤量ではありますが、回収率を考えると、敬遠しなくても良いと私ブエナは考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング