多点買いは負ける?勝てる?買い目点数が多いと回収率は下がる?

多点買いは負ける?勝てる?


▼多点買いか?少点数か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「多点買いでも、1点買いでも、その購入馬券の期待値が高いなら、どちらでも勝てると思う」

「また、合成オッズを無視した馬券購入では、多点買いでも1点買いでも、長期的には負けると思う」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬の馬券の買い方には、いろいろな方法があります。

多点買いというのは、何点もたくさん買って高配当を狙う方法。


一般的には、多点買いはあまり好まれない買い方という印象です。

「そんなにたくさん買って節操がない」とか言われますね。

多点買い


▼一般的には、少ない買い目で、バシっと的中させるのがすごい!、みたいな風潮がありますが、私はこのようなピンポイント買いは、普通の人には、ちょっと勝ちにくいと思う部分もあります。


何故かというと、少ない買い目で的中を狙うというやり方は、昔の枠連の時代であれば有効でしたが、今は、三連複や三連単が主流になっていますので、少ない買い目では、まず的中させることができません。


的中させることができなければ、資金は徐々に右肩下がりになっていき、いつかパンクしてしまいます。

たまに一発で大きな配当を取れば一気に回収できますが、それまで資金が持つかどうかが問題です。



▼それから、モチベーションの問題として、あまりにも的中率が低くなってしまうと、やる気がなくなってくるというのがあります。

どんなに回収率が高くても、 100レースに1回しか当たらないのでは、モチベーションを維持することはできないでしょう。



▼ですから、特に三連複や三連単を狙うときには、ある程度、「多点」買っていくことが重要と、私は思います。

三連系は、多点買いの方が、収支は安定します。


例えば、私の場合は、「三連複なら30点くらい」買います。

20点~30点ですね。それでも充分にプラス回収になっています。



▼三連単はあまり買いませんが、三連複の「6倍」と考えると、120点~180点となります。

(※これはあくまでも、三連複と同程度の的中率にするための買い目点数であり、全く同じ買い目で買うなら、三連単の意味はありません)



もちろん、「レースの頭数」「レース条件」等によって、最適な買い目点数は変わってきます。

が、基本的に、「三連系」を少ない買い目で当てようとすると、連敗を食って、モチベーションが下がりますので、広めに買うほうが安定的に勝ちやすいと思います。

「買い目が多すぎる!」と言う人に限って、馬券で負けている気もします。



買い目点数は、多くても少なくても、どちらでも勝てると思う。

問題は合成オッズがどれくらいか?ということです。
(マツリダ予想より引用)



合成オッズについては、別の記事でも解説しましたが、つまり、

「的中時の払戻額が同じになるように資金配分した時の、払戻倍率」です。


ざっくり言ってしまえば、「合成オッズが同じなら、何点買いでも同じ」と、私は考えています。

例えば、

「1点で3倍の単勝ゲット!」

「10点で30倍の馬連ゲット!」


この2つは、どちらも「レース回収率300%」で、同じです。

要は、この「平均レース回収率」が、最適な比率に配分されていれば、何点買いでも良いと私は考えています。



▼「三連単が当たらない!」といって嘆く人は、このあたりの感覚が、まだ少し不足している人が多いです。

例えば、

「三連単20点買いで、10万馬券を狙う」

という事は、

「単勝1点買いで、50倍を狙う」

のと同じ意味です。


単勝1点で、50倍の超人気薄を狙っても、ほとんど的中しません。

それと同じように、三連単20点で10万馬券を狙っても、ほとんど的中しないわけです。



▼馬券の成績がイマイチな人は、この部分のバランスが悪い。

単勝1点では5倍くらいを狙うのに、三連単では20点で10万馬券を狙ってしまうわけですね。

そして「三連単は当たらない!」と言う。

それは当たらないです。合成オッズが全然違うからです。



▼初心者さんにはちょっと、ややこしい話になってしまいました。

でも、なんとなく意味は分かっていただけるかと思います。


多点買いを嫌う人でも、「馬券種による最適な買い目点数」が、それぞれ違っていることを認識することで、馬券収支が一気に改善することは、よくあります。



▼あと、先ほども少し書きましたが、重要なポイントとして、

それぞれのレース特性によって、多点買いか、少点数か、変わってくる

と思うわけです。


当たり前の事なんですが、意外と、どのレースも同じように馬券購入してしまっている人が多い印象です。



▼荒れそうなレースなら、たくさんの買い目を購入しても、高配当でペイできる。

逆に、固そうなレースで多点買いすると、平均配当の低さが原因で、回収できなくなる。

なので、そのレースの「想定配当」から、買い目点数を逆算していくことも、私はよくやります。



▼ということで本日は、多点買いは負けるか?勝てるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「多点買いでも、合成オッズが3倍以上で、かつ、高期待値の馬券を狙えば、普通に勝てると思う」

「大切な事は、何点購入するかよりも、合成オッズである」



私はこのように考えています。



▼「買い目点数が多いと回収率が下がる」みたいな話をたまに聞きますが、私はあまり関係ないと思います。

上述したように、


「馬券種による最適な買い目点数」

「レースタイプによる最適な買い目点数」

「そして、それぞれの購入馬券の合成オッズ」


大切なのは、この3つだと思います。



▼私の個人的な意見としては、そのレースの最適な買い目点数が、少点数とは限らないと思うわけです。

だから、多点買いが正解というレースも、たくさんあると思います。

あくまでも私の考え方ですが、参考になれば幸いです。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



多点買いの是非より、払い戻し利益率が重要


▼多点買いは負けるか?勝てるか?についての考察を続けます。

多点買いでも、「過小評価されている期待値の高い馬」を狙えば、当然勝てます。

逆に、どんなに買い目を絞っても、狙っている馬が的外れだったら、長期的な収支はマイナスになります。



▼とは言え、「基本的な買い目点数の範囲」というものもあると思う。

基本的には、簡単な馬券ほど買い目点数は少なくしたい。難しい馬券ほど多点買いでも大丈夫。

という感じになると思います。



▼単勝5点買いは多すぎですが、三連単100点買いは特に多いというわけではない。

馬券種によって、許容できる買い目点数が、全然違ってくるわけです。



▼なので、「多点買いは負けるんだろうか?」と、考える前に、どの馬券種なのかを明確にした方がいい。

馬券種によって、購入していい買い目点数の範囲が違ってくるのは、「合成オッズ」が違ってくるからです。



▼合成オッズ。つまりは、払い戻しの時の資金の増加力ですね。

単勝と三連単では、平均配当が全然違う。

だから、「狙う配当に対して、何点購入するのか?」というところがポイントになると思うわけです。



▼馬券購入するときに、買い目点数の判断基準は、

「そのレースの賭け金が、3倍以上になるか?」
(マツリダ予想より引用)

私はこれを目安にしています。



▼馬券が的中しても、払い戻しが賭け金の3倍にも満たない場合。

これは、「買い目点数が多すぎる」と、私なら判断します。


せっかく馬券が当たっても、賭け金の3倍にもならない資金配分では、なかなか長期回収率をプラスまで持っていくのは難しいと思います。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、繰り返しますが、「多点買いが負けるか?勝てるか?」ではなく、

「自分が狙っている配当に対して、最適な買い目点数かどうか?」

これが重要なポイントになると思います。

例えば、大穴狙いで、期待値判断が適切なら、多点買いでも勝てる、ということになります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング