馬連は何点買うのがベストか?2点3点4点?多点買いのメリット

【馬連は何点買うのがベストか?】


▼馬連は何点買えばいいのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「馬連は、本命サイドなら1~2点。中穴なら3~10点。大穴なら20点でも回収できると思う」

「重要な事は、合成オッズを下げすぎないことである」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼最近は、三連複や三連単が人気ですが、古くからの競馬ファンには、今でもやはり馬連は人気です。

馬連はご存知の通り、1着と2着を順不同で当てる馬券です。

連対馬を当てるということですね。

馬連2


▼さて、この馬連ですが、何点買えばいいですか?という質問をたまに受けるので、ちょっと考察してみます。

私が馬連を買う場合は、多い時は大体「10点くらい」買います。私は中穴狙いなので。

絞るときは、3~4点です。


ボックスにはしません。多くは流しかフォーメーションです。

box馬券は、「期待値分析」が難解なので、あまり買いませんね。



▼さて、馬連で10点というのは多いと感じるでしょうか?

初心者さんに多いのが、馬連で1点とか2点で勝負するタイプ。

ただ、初心者さんで馬連1~2点タイプは、負けている人が多い印象です。
(本命サイドに突っ込む人は特に。)



▼もちろん、馬連1~2点ピンポイントで、期待値の高い部分だけを狙い撃っているプロの馬券師もいますが、これはプロの領域なので、初心者さんは真似しない方が良いかと。


また、プロ馬券師でも、馬連1~2点では、あまり的中させることはできません。

でもプロ~セミプロは、「回収できれば良い」と思っているので、的中率より回収率を重視している。

外れることを恐れないわけです。

また、連敗に耐えるだけの資金力もあります。



▼ですが、まだ競馬でプラス収支になっていない人は、いきなり馬連1点とか2点という買い方は、しないほうが良いかもしれません。

このような買い方は、資金のドローダウンが頻繁に起こり、モチベーションも下がりやすいので、長続きしないからです。



▼私の馬連の買い方は、「人気馬から人気薄に流すこと

これが、比較的、回収率を上げやすい買い方かと思います。
(マツリダ予想より引用)


レース選び」さえしっかりできていれば、このようなシンプルな買い方でも、回収率を上昇させることが可能だと思います。

(馬連が中穴になりそうなレースに限定する、という意味)



▼ちょっと脱線しました。

さて、馬連は何点買うのがベストか?

この問いに対する答えは、1つではありません。


正解を探している人は、「1つの正解が欲しい!」と思っている人が多いと思いますが、競馬においては「ケースバイケース」という状況が頻繁に発生します。



▼なぜかというと、「競馬のレースは、その特性によって、何種類にも分類可能である」

からです。

簡単に言えば、


「馬連1点勝負向きのレース」

「馬連3~10点向きのレース」

「馬連20点向きのレース」


レースタイプによって、違ってくるわけですね。


先ほども書きましたが、「想定配当」によって、「最適な買い目点数」は、違ってきてしまいます。
(荒れるレースなら、多点買いでもよいと思う)



▼買い目点数と回収率の関係については、こちらの記事でも書きました。
  ↓
多点買いは負ける?


一般的には、「買い目点数は、少ない方が回収率は上がる!」と言われていますが、私の考えでは、あまりそうは思わないです。

むしろ馬券で長期的にプラス収支にしている人は、他の人よりも、多点買いの傾向にあるような気がします。



▼馬連でも、考え方は同じで、

「馬連を全通り買えば、長期的な回収率は60~70%前後になる」

わけです。


なので、

全通りの中から、期待値の低い馬券をカットしていく作業

これをやる必要があるわけですね。


この買い方の場合、買い目点数は多めになりますが、的中率が上がるので、収支は安定しやすいと思います。

ただし、「期待値の高い馬券」を判断できていないと、単なる多点買いになってしまい、回収率が下がりますので要注意です。



▼あるいは、消去法ではなく、

ピンポイントで期待値の高い馬連だけを狙い撃つ」というやり方もあります。


これだと買い目点数は少なめになります。

そして的中率は低くなります。


これは、データ分析によって、「回収率が高いと見込める馬」だけを狙い撃つやり方です。

ただし、この場合も、期待値の高い馬を選別できなければ、回収率は上がりません。



▼上述した2つの馬券作戦は、どちらも「期待値の低い部分には手を出さない」という点において共通しています。

馬券というのは、期待値が低い部分を買えば負ける。

だから、「何点買うか?」ではなく、「期待値の高い部分を買う」という発想になると思うわけですね。



期待値というのは、過去のデータ分析をすれば見えてきます。

ただ、かなり難解な競馬ソフトを使い、ひたすら長時間、分析し続ける必要があるため、パソコンが苦手な人や時間がない人には、なかなか難しい作業になります。


ですが、データという武器を持たずに、馬券という戦場に出れば、火だるまにされるのは明白です。

競馬新聞だけで戦うのは、現代競馬ではかなり不利。というか、ほとんど勝てないと思います。
(私は無理でした)



▼ということで本日は、馬連は何点買うのがベストか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「私の場合は馬連は、中穴狙いで、3~10点くらいで購入することが多い」

「その場合、特に、”軸馬の期待値”が高いことが、長期的な馬券収支をプラスにするためのポイントになると思う」



私はこのように考えています。



▼上述したように、「期待値が高いおいしい馬」を狙うなら、何点購入してもいいんですが、オーソドックスなのは「3~10点」くらいかなと思います。

ただし、「本命サイドの馬連5頭ボックス」などは、回収率が上げにくいので、お勧めしません。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



馬連の買い目点数と合成オッズの関係


▼馬連は何点買うか?の話を続けます。

馬連に限らずですが、馬券を何点買うか決める際に、重要なポイントが、

「合成オッズ」です。


要するに、複合的な的中時の払戻倍率ですね。



▼大穴狙いなら多点買いでもいい、というのは、大穴狙いは合成オッズが高くなるからです。

馬券というのは、合成オッズを最適に調整することが重要です。

だからこそ、本命サイドは買い目を絞る。大穴サイドは少し広めに買ってもOK。

ということになると思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼先ほども書きましたが、単純に「馬連10点」を「馬連5点」に絞り込んだからといって、長期回収率が上がる事はありません。

たしかに短期的には、買い目を絞り込んで、一点あたりの投資金額を上げれば、目先の払戻金は増えます。

なので、「やっぱり買い目を絞った方が大きく儲けることができるんだ!」と思ってしまいがちですが、長期的にはこれはあまり意味がないです。



▼実際に、馬券を買わずに仮想収支をつけてみるとわかります。

馬連10点でも、馬連5点でも、単純に買い目を減らすだけでは、長期回収率は変わらないことがわかると思います。



▼私自身も、「期待値」をわかっていなかった頃は、回収率を上げるために、むやみに買い目点数を絞っていましたが、回収率は上がりませんでした。

期待値を考慮しない、単純な買い目点数の抑制は、ただ的中率を下げるだけで、回収率には貢献しないと感じました。



▼馬連を何点買うか?を考えるより、

「合成オッズをどれくらいにするのか?」

「期待値の高い馬はどれか?」

これをしっかり考えていくことの方が、長期的な利益につながっていくし、迷った挙句に失敗するということもなくなっていくと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング