一点買い・二点買いで馬券は勝てるか?単勝・複勝・馬連・ワイド

一点買い・二点買いで馬券は勝てるか?


▼馬券の1~2点買いでプラスになるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「1~2点買いでも、期待値が高い馬を狙えば、長期回収率はプラスになる」

「ただし、合成オッズが上がるので、多少の連敗は覚悟する必要がある」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬において、最もカッコいい的中と言えば、一点買いでの的中でしょう。

「男は1点勝負だ!」と言って、バッチリ的中させたときの快感は、何物にも代えがたいものがあります。

喜ぶ


▼さて、この一点買いですが、一点買いで馬券収支をプラスにすることはできるのか?

私の結論から言えば、もちろんできると考えます。

1点買いであれば、合成オッズを4倍以上に設定することは容易であり、狙いどころ(期待値)が明確であるならば、一点買いは、プラス収支にしやすい馬券戦略だと思います。



▼ただし、ここで要注意ポイントがあります。

それは、「一点買いは回収率を高めることはできても、的中率が下がる


つまり、収支を長期で考えなければならない、という点です。

1点だと、基本的には的中率が下がりますので、確率が収束するまでの時間が、長くなるわけです。
(※合成オッズが高い場合は特に。)



▼なので、 一点買いは、自分が馬券で勝っているのか負けているのか、非常にわかりにくい買い方でもあります。

トータル収支でプラスになっていたとしても、「一点買いは、基本的にずっと連敗中」という感覚なので、あまり勝っている気がしません。
(経験談)



▼また、「複勝の1点買い」で、馬券を購入する人は、初心者さんを中心に多いです。

が、複勝の1点買いで利益を出すことは、なかなかに困難であると思われます。


なぜなら、複勝というのは、投票が分散しにくく、オッズに歪みが出にくいと思うからです。

要するに、複勝というのは、人気サイドであっても人気薄であっても、長期的には還元率である70~80パーセントに限りなく、収束しやすくなってしまう馬券と言えます。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼複勝馬券というのは、人気薄の馬も売れやすいです。

むしろ人気薄の複勝の方が、過剰人気になりやすく、回収率が下がりやすい印象です。


なので、せっかく穴馬を見つけても、複勝では利益を出しにくいということになりがちです。
(あくまでも私の感覚です)



▼ですから穴馬を見つけたら、複勝1点買いではなく、

その穴馬から、三連複やワイド流しで人気馬にぶつける

という買い方の方が、回収率が向上すると、私は考えています。
(マツリダ予想からの引用もあり)

もちろんこれは、その穴馬の選び方が正しかった場合においての話になります。



▼また、「単勝の一点買い」も、複勝と同じで、オッズに歪みができにくい馬券となります。

ただ、私の感覚では、複勝よりは単勝のほうが勝ちやすいと思います。

単勝10倍程度の馬で、能力はあるのに人気がない馬を狙えば、長期的にはプラス回収にすることも十分に可能です。



▼ただ、「中穴の単勝1点買い」というのは、確率収束まで、かなりの数のレースを買わなければならず、例えば、重賞だけ楽しむというタイプの人は、やはり一点買いは、不向きであるとも言えます。


単勝でも複勝でも馬連でも、1点買いでの回収率を見るときには、少なくとも、100レース以上の試行回数が必要になると思います。

これでは非常に時間がかかるので、私は一点買いよりも、多点買いをメインにしています。



▼少点数での馬券勝負がお好みの場合は、

期待値の高い部分をピンポイントで狙う

ことが重要だと思います。


馬券は回収率をプラスにしないと何の意味もないので、「当たりそうだから」という理由で、本命サイドの馬券に突っ込むと、長期的にはどんどんお金が減ってしまいます。

たまに本命サイド1点で、ドーンと儲けても、同じような買い方を続ける限り、長い目で見ると、マイナスになっていく可能性が高いと思われます。
(これも経験談)



▼なので、一点買い・二点買いで勝つためには、「あえて的中率を下げる」ということが必要になります。

つまり、本命サイドではなく、少しだけ中穴サイドにシフトする。


先ほど、単勝馬券の時にも書きましたが、少点数で狙う場合、

「的中したときに、4倍以上のお金が戻ってくる」

これぐらいのオッズゾーンを狙う方がいいと思います。



▼逆に、「的中したけど2倍にしかならなかった」なら、狙うオッズゾーンが、本命サイドに寄り過ぎていると思います。

あくまでも私の感覚ですが、的中して2倍くらいにしかならない感じでは、「控除率の壁」を超えることは、なかなか難しいと思われます。



▼蛇足ですが、馬券というのは「期待値が高い要素を融合させて狙う」ものですから、単品のロジックより、「組み合わせて狙う」方が勝ちやすくなります。

騎手でも血統でもタイムでも、そこに期待値的な優位性があるならば、一点買いでも二点買いでも、長期的にはプラス収支になります。



▼ですから、「1点買いと多点買い、どっちが勝てるか?」と考えるのではなく、

まず最初に、期待値の高いロジックを探す

優先順位としてはこちらが先になります。

その上で、1点買いで行くのであれば、高確率で馬券収支はプラスになると思います。



▼ということで本日は、一点買い・二点買いで馬券は勝てるか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「1~2点買いでも、長期回収率をプラスにし続ける事は、もちろん可能だと思う」

「大切な事は、本命サイドに寄りすぎてしまわないこと」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



オッズ2倍の1点買いで、回収率をプラスにするポイント


▼一点買い・二点買いで勝つ方法についての話を続けます。

先ほど、「1点勝負なら、オッズ4倍以上を狙う方が良い」と書きました。

これは、2倍程度のオッズでは、控除率の20%~25%を超えることが難しいからです。



▼ただ、 「1点勝負のオッズ2倍」でも、長期回収率をプラスにすることは可能です。

中穴を狙う方が簡単にプラス回収にできるので、私ブエナは、あまり本命サイドの1点勝負はしませんが、やろうと思えば可能。



▼「オッズ2倍の1点買い」で、回収率をプラスにするポイントは、

「徹底的にレースを選ぶ」

これが必要不可欠だと、私ブエナは考えます。



▼例えば、「オッズ2倍の単勝1点買い」で、長期回収率をプラスにするためには、

「勝率50%以上」が必要になります。

通常の1番人気の勝率は、「30%前後」です。

なので、何も考えずに単勝2倍の馬を買い続けても、ほぼ確実にマイナス収支になる。



▼これをプラスにするためには、

「1番人気の勝率が、圧倒的に高い条件でのみ勝負する」ということが必要になります。


1番人気の勝率は、上述の通り、30%前後ですが、それはあくまでも平均の話。

それらの1番人気の中には、「強い1番人気」もいれば「弱い1番人気」もいる。

この中から、データ分析で「強い1番人気」だけを抜き出し、そこでのみ勝負する。



▼そのためのアプローチ手法は無限にあります。

日本の競馬は、様々な角度から分析することが可能な環境にあり、それをコツコツと調べていけばいい。

これは年単位の時間がかかることもあるので、パソコンが苦手な人は、他の人がデータ分析した情報を使えばいい。



▼とにかく、一点買いでも二点買いでも、そして多点買いでも、競馬新聞だけで適当に馬券購入しないことです。

適当に買うから、長期収支がマイナスになる。

でも、馬券というのはしっかり分析して、買うべき部分だけを買えば、回収率はどんどん上がっていくわけです。

一点買いや二点買いでも、その理屈は全く同じです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング