ワイド馬券で勝つ方法~必勝法・攻略法は?確率で稼ぐ方法

ワイド馬券で勝つ方法。必勝法・攻略法はあるか?


▼ワイドで勝てるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「ワイドでも期待値の高い部分を狙っていけば、プラス収支にすることは可能」

「ただ、三連系や単勝・馬連の方が、回収率は上げやすい気がする」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼最近はあまり買う人が多くないワイド。

でも使い方によっては、このワイド馬券は、回収率の向上に貢献してくれる馬券と言えます。

ワイド


▼ワイドの基本的な使い方としては、「馬連のリスクヘッジ」という使い方が一般的になるかと思います。

特に、馬連一点勝負の時には、ワイドでも同じ買い目を買っておき、3着でも的中できるように、押さえておくというのは基本です。


配当で言えば、ワイドよりも馬連の方が明らかに高くなりますが、ワイドでも3着で拾っておけば、資金の減少を防ぐことができます。

(※ただし、その買い目の期待値が低かったら、馬連とワイド、ダブルで回収率を下げることになってしまいますので要注意)



▼さて、回収率が100パーセントを超えている場合、資金がしっかりと回転していけば、長期的には、右肩上がりでPAT残高が増えていくことになります。

しかし、馬連しか買わないケースでは、外れてしまうと賭け金はゼロになってしまうため、スムーズに資金を回転させることができないわけですね。



▼ですから基本的には、ワイド馬券というのは、押さえ馬券で使うことが、私の場合は多いです。

競馬で年間プラスを実現している人で、ワイドをメインにしている人は、私はあまり見たことがありません。

(ワイドで年間プラスにできるなら、三連系や単勝なら、もっとプラスにできることが多いため)



▼これは私の持論ですが、「ワイド馬券と複勝馬券」は、やや利益を出しにくいような気もします。

(ローリスク・ローリターン、という印象)

配当に「幅」がある馬券というのは、どうしてもオッズの歪みを計算することができないため、「狙って稼ぐ」ということが、しにくいと思うわけです。



▼ちょっと表現がわかりにくいかもしれませんが、狙って利益を出しに行くためには、オッズに幅がない方が攻めやすいということです。
(あくまで私ブエナの考え方です)

ちなみに、複勝よりは、ワイドの方が回収率をプラスにしやすいと思います。



▼競馬の目的は、馬券を当てることではなく、回収率を上げることです。

馬券が当たっても、回収率がマイナスになっては意味がないわけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)

そう考えると、ワイドや複勝をメインの馬券として勝負するのは、プラス収支を目指すなら、ちょっとどうかなと思う部分もある。



▼ちなみに、ワイドを買う場合でも、馬券の構成としては、「人気馬と人気薄」を組み合わせるのが、私の経験では効果的かと思います。

ワイドだと大きな配当を狙って、「人気薄同士」の組み合わせを狙う人が多いのですが、ワイドの人気薄同士の組み合わせというのは、出現率が低い割には、配当もあまりつきません。


日本競馬は変動オッズ。

「ワイドで人気薄ボックス」という買い方をする人が多いため、ワイドの人気薄が的中しても、「あれ?思ったほど配当がつかないな」と感じることが多かったりします。



▼逆に、ワイドというのは本命サイドがあまり売れないので、意外と本命サイドが美味しかったりします。

それでも所詮は本命サイドですので、回収率を上げるのは、なかなか困難ですね。



▼ということで本日は、ワイド馬券で勝つ方法について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ワイド馬券で利益を出すには、他の馬券種と同じように、期待値の高い部分だけを購入する必要がある」

「馬券の構成は、人気馬+人気薄、とすることが、私ブエナは多い」

「ワイドの中穴をボックス買いすると、トリプル的中があるので、回収率を上げやすいと思う(マツリダ予想より引用)」



私はこのように考えています。



▼まあ、回収率を追求するのであれば、ワイドよりも三連系や馬連の方が、効率的かと思います。
(単勝も良い)

ただ、初心者さんで、まだどうやって馬券を買っていいか分からない状態の人は、まずワイドでいろいろ試しながら勉強していくのはアリだと思います。



▼ワイドは、ある程度の的中率を確保できるので、初心者さんが低リスクで馬券購入しながら、競馬を学んでいくには、ワイドはなかなか良いと思います。


馬券予想に自信がない人が、いきなり三連単を買うと、悲惨なことになるケースが多いので、自信がないうちは三連単ではなく、ワイドで勉強することをオススメします。



▼ちなみに、ワイドで回収率を上げるための方法として、私がよくやる買い方で、

ワイドトリプル的中を狙う

というものがあります。


ワイド馬券というのは、的中する買い目が「3つ」あるので、それをすべて拾うと、一気に回収率が向上します。

マツリダ予想の参考買い目でも、掲載されている買い方ですが、トリプル的中を狙うわけですから、

「ボックス買い」ということになります。



この買い方は、「三連複ボックス」と同じ意味合いですが、三連複は3頭すべて的中させないとハズレなのに対し、ワイドボックスは、「1点だけ的中」という保険が効くので、三連複ボックスより、資金の増減が緩やかになります。



▼ワイド4~5頭ボックスで、3つ的中すれば、「6~10点でトリプル配当」となります。

なのでワイドの買い方としては、


「ワイド流しで、人気馬から人気薄へ」

「ワイド4頭、中穴ボックスで、トリプル的中狙い」



どちらでも、長期回収率100%を超える事が可能です。



▼逆に、私がやってみた感じ、ワイドで回収率100%を超えにくい買い方としては、

「×人気サイドのワイドボックス」

「×超人気薄のワイドボックス」



この辺は、工夫して買ってみても、なかなか回収率が100%を超えませんでした。
(あくまでも私の場合です)

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ワイド馬券で勝つ買い方を考察


▼ワイド馬券で勝つ方法についての話を続けます。

私がワイドを買うケースは、


「中穴ワイドボックスで、トリプル的中を狙える場合」

「馬連1~2点勝負するときに、リスクヘッジとしてワイドを押さえる」

「期待値が高い中穴馬を見つけた時に、そこから人気馬へワイドをぶつける」



はい。
私ブエナは、このようなケースの時に、ワイド馬券を選択することが多いです。



▼トリプル的中については、先ほども解説した通りです。

ワイドには、3つの当たりがあるので、ボックスで構成する事でトリプル的中が狙える。

それと同時に、1点だけの的中もあるので、三連複ボックスより、連敗リスクを下げることができる。



▼また、「軸馬と、期待値の高い中穴」が、2頭分かっている時。

この場合、馬連1点勝負することもあります。

その際に、馬連の保険として、ワイドで同じ買い目を買っておく。


3着でも資金を減らさないように、リスクヘッジする。

これは消極的な資金マネジメントですが、馬連1~2点買いだと、連敗リスクがあるので、ワイドで少し調整するわけです。



▼それと、「期待値が高い中穴馬を見つけた時」

私の場合は、その馬の単勝を買うことが多いわけですが、それと同時に、その中穴馬から人気馬へぶつけるワイドを買うこともあります。


期待値が高い中穴馬の、単勝回収率部分は単勝で狙い、複勝回収率部分はワイドで狙う。

なぜなら、複勝馬券だと期待値の分散が少ないので、なかなか長期回収率を上昇させにくいと思うからです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ワイドでも馬連でも、勝つ方法は基本的に同じです。期待値が高い馬を狙うだけ。

ワイドのメリットは、「波が穏やかであること」です。

つまり、資金のアップダウンが小さい。


という事は、少ない資金で効率よく回転させることが可能であるということ。

三連系は、資金変動の波が激しすぎて、PAT残高がすぐに無くなってしまうのがデメリットですが、ワイド馬券の場合は波が小さいので、そのメリットを最大限に生かすことで、ワイドでも勝つ方法を確立していけると考えます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング