競馬で的中率を上げる方法~馬券を当てる方法。馬券が当たらない時。

【競馬で的中率を上げる方法】


▼的中率を上げるには、どうすればいいか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「的中率を上げるのは簡単。買い目点数を増やせばいいだけ」

「難しいのは回収率を上げること。回収率を上げるためには、あえて的中率を下げなければならないと思う」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼初心者さんからのご質問で多いのが、「的中率を上げるには、どうすればいいですか? 」という質問です。

的2

私の考えでは、競馬で的中率を上げることには、あまり意味がないような気がします。

が、的中率を上げる方法は簡単です。


答え① ⇒「狙うオッズゾーンを人気サイドにシフトすればいい」

答え② ⇒「買い目点数を増やせばいい」



はい。
的中率を上げる方法としては、本命サイドの馬券を買うか、買い目点数を増やせばいい。

これをやれば、簡単に的中率が上がります。

ですが、前述したように、競馬において的中率を上げることには、ほとんど意味がないと私は思います。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なぜなら、仮に的中率が 「50%」であっても、回収率がマイナスだったら、お金が減ってしまうからです。

長期的に見て、お金が減ってしまうなら、的中率を上げても意味がありません。


逆に、的中率が「1%」でも、回収率が100%を超えているなら、長期的にはお金が減る事はなく、少しずつ増えていきます。

私はこの状態が、「競馬の勝ち組」だと考えています。




▼ですから、競馬をやる上で、重要な考え方としては、

「いかにして的中率を下げるか?」

ということになると思うわけです。

発想を逆にするわけですね。



▼つまり、的中率を下げていって、回収率を上げていくわけです。

本命サイドの馬券や、極端な多点買いでは、回収率を上げることはかなり困難なので、このような発想になります。

かと言って、全く人気のない馬ばかりを狙って、大穴馬券ばかりを狙っていても、全く当たらないので、これもまた問題です。


ですから、競馬においては、的中率をある程度、「あえて下げる」ということが重要になってくるわけですが、的中率を下げすぎてもダメなわけですね。



▼さて、的中率を上げる方法という話に戻りますが、極端な話、そのレースにおいて、最も的中率が高い馬券というのは、何だと思いますか?


答え ⇒「1番人気の複勝」


はい。
1番人気の複勝を買えば、1点買いでは、最も高い的中率にすることができます。

しかしながら、一番人気の複勝では、長期回収率をプラスにすることは、かなり困難です。



▼もちろん、一番人気の複勝であっても、「単発で勝ち逃げ」すればプラスになるわけですが、競馬というのは、何レースも積み重なっていくものですので、試行回数が多くなればなるほど、一番人気の複勝の回収率は、マイナスになる確率が高くなります。



▼さて、競馬をやる上で最も重要な数字が、

「的中率」

「回収率」


この2つです。


的中率が高く、回収率も高いのが理想なんですが、世の中そんなに甘くないので、どちらかを捨てる必要があります。

ほとんどの人は、馬券収支をプラス回収にするために競馬をやっていると思うので、「ある程度、的中率は捨てる」ということになると思うわけです。



▼上述したように、「究極的にハイアベレージの的中率」を求めていくと、「1番人気の複勝」に、たどり着いてしまいます。

あるいは、「全通り買い」ですね。

全通り買えば、的中率はマックスの100%です。

しかし回収率は、50~70%前後の大赤字となってしまうわけです。



▼なので、考え方としては、

全通り買いから、余計な買い目をカットしていって、回収率を上げていく

ことになります。


これは言い換えれば、「あえて的中率を下げて、回収率を上げる作業」と言えます。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼私が思うに、

競馬の的中率というのは、すべてオッズに支配されている

と思うわけです。


的中率を上げるために騎手のデータや、タイムや、血統を調べる人がいますが、これは的中率を上げる作業ではなく、「回収率」を上げる作業と言えます。



▼要するに、

長期的中率は、購入する馬券のオッズによって決まる

と、思うわけです。
(マツリダ予想より引用あり)



▼例えば、1番人気の単勝は「30%」くらい当たるし、10番人気の単勝は「1%」くらいしか当たらない。

データ分析などの技術介入によって、多少この数字を底上げすることは可能ですが、10番人気の馬の的中率を30%にすることはできない。


だから私達が考えるべき事は、「回収率を上げること」なのです。



▼ということで本日は、馬券の的中率を上げる方法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「的中率を上げるには、本命サイドにシフトするか、買い目点数を増やせばいい」

「ただ、このやり方では、的中率は上がるが回収率が上がらない」

「なので、そこから期待値の低い馬券をカットしていって、的中率が下がってもいいから、回収率を上げていく必要がある」



私はこのように考えています。



▼競馬において、的中率を追求することは、私はあまり意味がないと思います。

回収率を100%超にすることが、競馬予想の最大目標ですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



配当ゾーンごとの的中率データ


▼競馬で的中率を上げる方法についての話を続けます。

上述したように、馬券の的中率というのは、ほぼオッズに依存すると、私ブエナは考えます。


「オッズが低い馬券は、的中率が高い」

「オッズが高い馬券は、的中率が低い」



長期的には、必ずこうなります。これは例外はありません。



▼だから先程、私は、「馬券の的中率を上げたければ、本命サイドにシフトすれば良い」と書いたわけです。

馬券の的中率はオッズに比例するわけですから、本命サイドの馬券を買えば、簡単に的中率が上がる。

馬券が当たらないと悩んでいる人は、穴を狙うから当たらないわけです。



▼では、少し具体的なデータも見てみましょう。


【馬連ながしデータ】
2010~2016.9
特別戦
6277レース分析(ブエナ調べ)


◆馬連1番人気から、2~6番人気へ、5点ながし
的中率38%
回収率75%
平均配当 986円


◆馬連5番人気から、6~10番人気へ、5点ながし
的中率4%
回収率77%
平均配当 9877円


◆馬連10番人気から、11~15番人気へ、5点ながし
的中率0.3%
回収率33%
平均配当 44411円


はい。
本命サイドにシフトすればするほど、一気に的中率が上がるのが分かります。

逆に、大穴を狙えば狙うほど、ほとんど馬券は当たらなくなる。



▼また、大穴サイドは的中率が低いだけでなく、回収率も低くなっています。

これは、「夢を求めて」宝くじ感覚で、大穴馬券を買う人が多いからです。
(マツリダ予想より引用)

日本の競馬は、変動オッズなので、多くの人が購入する馬券は、回収率が低くなります。



▼私がいつも「中穴」を狙うのは、大穴サイドは上述したように、過剰投票の問題があって回収率を上げにくいと感じるからです。

また、中穴より、本命サイドの方が的中率は高いんですが、本命サイドだとオッズの歪みが小さく、プラス回収まで持っていくことが困難です。

そのような理由により、私の場合は中穴を狙うことが多いということです。



▼上述したデータを見てもわかる通り、大穴馬券には夢があります。

本命サイドは、「500円が1,000円になる」くらいの配当ですが、大穴サイドは「500円が4万円になる」わけです。

だからこそ、夢を求めて購入する人が多い。

その結果、大穴サイドは、的中率が下がり、回収率も下がってしまうことが多いと思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング