ワイド馬券術で勝つ方法~必勝法・攻略法は?稼ぐための的中率・回収率UP方法

【ワイド馬券で勝つ方法】


▼ワイドで勝つ方法は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


ワイドも、三連複や馬連と同じく、人気馬と人気薄の組み合わせの中から、期待値の高い部分だけを狙えば、回収率がアップすると考える

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼馬券別の攻略法、本日はワイド馬券についてです。

ワイド馬券については、以前にも別の記事で考察していますので、そちらも併せてご覧ください。
  ↓
ワイド馬券で勝つ方法



▼さて、ワイドとは、3着以内に入る馬の組み合わせを当てる馬券です。

ワイドのメリットは、軸馬が惜しくも3着だったときでも、馬券が的中するという、「的中率のアップ」が魅力です。

ワイド


▼ただ、その一方で、馬連に比べると当然ですが、配当が大きく下がってしまいます。

的中率が3倍になりますので、配当も約3分の1になってしまうというわけです。


ちなみに、この配当の3倍とか、3分の1といった比率は、本命サイドを狙うか、大穴サイドを狙うかで変わってきます。

大雑把に言えば、大穴サイドは、ワイドの配当がかなり安くなってしまいます。



▼通常、「馬連の3分の1」程度の配当がワイドになりますので、馬連が3万馬券だったとしたら、ワイドは1万馬券になるはずです。

しかし、ワイドの場合は、馬連が3万馬券だったら、ワイドが5,000円ということもしばしば起こります。6分の1になってしまっていますね。

これは、ワイド馬券を買う人が、人気薄のゾーンを狙うことが多いからです。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼「これは馬連ではあまり来なそうだから、ワイドで押さえておこう」という買い方をしたことはありませんか?

多くの人が、このように人気薄の部分をワイド馬券で構成することが多いため、ワイドは、大穴サイドを狙ってもあまり配当がつかないということが多いと思うわけです。



▼では逆に、「本命サイドのワイド馬券」を考えてみましょう。

例えば、馬連が300円の配当だとします。ガチガチの決着ですね。

この場合、馬連の3分の1の配当だと、ワイドは100円という感じですが、実際は、馬連300円でワイド200円ということも頻繁に起こるわけです。


このケースは先ほどと逆で、本命サイドのワイド馬券というのは買う人が少ないため、配当が上がりやすいと思うわけです。



▼以上のようなことを勘案した上で考えてみると、ワイドは本命サイドの方がお得と言うことができるわけですが、そんなに簡単ではないのが、競馬というゲームの難しいところであり、面白いところでもあります。


確かにワイドは、本命サイドのゾーンがあまり売れないので、回収率は比較的高くなりやすいのですが、それでもワイドの本命サイドで回収率100%超えを狙うのは、かなり難しいです。
(経験談)



▼なぜなら、本命サイドの馬券すなわち、低配当の馬券というのは、「オッズの歪みの幅が狭すぎる」ため、控除率の25パーセントを超えることが極めて難しいからです。

初心者さんには、この辺はちょっと難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です。



▼競馬をやる上において、期待値や控除率や、オッズの歪みといった概念は、知っておいた方がいい。

このような馬券の知識に関しては、当ブログの他の記事も参考にしていただければと思います。

基本的な部分はカバーできるように記事を書いています。



▼さて、ワイドの買い方に戻りましょう。

私の結論として、ワイドの買い方は、馬連と同じ買い方になります。

つまり、「人気馬と人気薄の組み合わせ」ということです。

私が当ブログでいつも書いている通りですね。
(マツリダ予想より引用あり)



▼本命サイドでは、平均控除率の25パーセントを超えることが困難である。

また、前述した通り、大穴サイドのワイド馬券は不利である、ということを勘案すると、その中間である「中穴」ゾーンを狙うのがワイドの買い方の基本となるように思います。


要するに、

1番人気と2番人気のワイドはダメ。
10番人気と11番人気のワイドもダメ。
1番人気と6番人気のワイドはアリ。


という感じですね。
(あくまでも私ブエナの個人的な考え方です)



▼注意点として、「1番人気と6番人気のワイド」を狙う場合、「断然の1番人気は避けた方が良い」と思います。

単勝2.5倍以下くらいの断然の1番人気馬は、多くの人が勝つと思っているため、すべての馬券種において「過剰人気」となりやすいです。


私がいつも書いている通り、「馬券というのは他人と違う考え方をしなければ負ける」わけですから、誰もが買うような、断然人気の馬を軸馬にしてしまうと、たとえ相手を人気薄にしても、なかなか回収率が上がらないことになります。
(これも経験談)



ですから私の場合は、断然の1番人気がいる場合は、2~3番人気からワイドの軸馬を探すことが多いです。

断然の1番人気がいるレースは、その1番人気馬に過剰投票が入るため、2~3番人気馬の期待値が上昇するケースが多いわけですね。


仮に、その断然人気馬に勝たれても、「ワイド馬券なら2-3着でも的中」ですから、ある程度の的中率を維持しつつ、回収率を上昇させることが可能になります。



▼あとは、前に別のページでも書きましたが、

ワイドボックスでトリプル的中を狙う

という買い方も、私の場合はよくやります。



▼例えば、ワイド5頭ボックスで、3頭すべて拾えれば、「ワイド3点的中」となるわけです。

これはワイドの大きな魅力の1つであり、トリプル的中によって、回収率を上げにくいワイド馬券でも、馬連以上の回収率にすることも可能になるわけですね。


上述してきたような買い方であれば、後は「レース選び」が分かっていれば、ワイド馬券であっても長期的にプラス回収にすることが可能です。



▼ということで本日は、ワイド馬券術で勝つ方法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ワイドでも、人気馬+人気薄で、中穴ゾーンを狙っていくのが、回収率を上げるには良いと思う」

「その場合、軸馬かヒモ馬どちらかの、データ的な期待値が高いことが望ましい」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



本命サイドのワイドで回収率を上げる方法


▼ワイド馬券術で勝つ方法についての話を続けます。

ここで少し、具体的なデータも見てみましょう。


【ワイドデータ】
G1レース
2010~2016.9
159レース分析(ブエナ調べ)


1番人気と2番人気のワイド
的中率28%
回収率75%
平均配当271円


はい。
見事にオーソドックスな数字となりました。

ワイド馬券を買う人の中で、1番売れているのが、1番人気と2番人気のワイド。

しかし、GIで単純に1番人気と2番人気のワイドを買い続けても、きれいに控除率の分だけ負けていくということになります。



【ワイドデータ②】
上記条件

1番人気から、2.3.4番人気への流しワイド
的中率51%
回収率81%
平均配当477円


はい。
先程のワイド1点買いから、ワイド3点買いに増やしてみました。

さっきより、的中率・回収率ともにアップしています。

馬券は、買い目を絞ればいいというものではない、ということですね。



▼ちなみに、この3点買いは、2010年からのすべてのG1レースのデータです。

ここから、少し絞り込んでみます。


⇒17~18頭立てのGI
105レース分析
上記の3点買い

的中率51%
回収率90%


はい。
多頭数のGIに絞ってみました。

的中率はそのままに、回収率が飛躍的にアップしています。



▼少頭数のレースだと、どうしてもオッズの歪みが出にくいので回収率が上がりにくい。

なので、17頭以上の多頭数のG1に限定する。

そうすることで、投票が「超人気薄の馬」に分散していくことになる。


その結果として、「人気サイドのワイド」という、超シンプルな買い方の期待値が上がる。

おいしそうな穴馬が揃いやすい 17頭以上のGIで、「1番人気から2~4番人気にワイドで流そう」と考える人は少ない。

だから、このように一気に回収率が上がると考えられます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼このように、簡単な絞り込みをするだけでも、回収率は大きく上昇します。

回収率を上げにくいと言われるワイド馬券であっても、いくらでも勝つ道はあります。

なので、常に広い観察眼を持って、客観的に馬券を構成していくことで、一歩づつ、勝ち組に近づくと私ブエナは考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング