競馬で平場と重賞はどちらが儲かるか?平場は稼げる。勝つ方法

【平場と重賞ではどちらが儲かるのか?】


▼平場と特別戦(重賞レース含む)は、どちらが回収率を上げやすいか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「個人的には平場より、特別戦の方が勝ちやすいと思う」

「また、重賞レースより、重賞以外の特別戦の方が勝ちやすい気がする」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬の醍醐味と言えば重賞レース。

ジーワンを筆頭とした重賞レースは、トップレベルの馬が集まるレースであり、売り上げも重賞レースに集中しています。

スターホースや有名な馬も重賞レースに集中しているため、多くの競馬ファンは重賞レースを中心に馬券を購入します。

重賞


▼しかし、競馬は、1つの競馬場で12レース行われており、3場開催なら36レースあるわけです。

36個の選択肢」があるのに、重賞レースだけを買うというのは、ギャンブルとしての回収期待値を考えたときには、あまり効率が良いとは言えないわけです。


つまり、競馬というのは、

36レースの中から、最も勝ちやすいレースを選んで勝負する

のがベストだと私は考えています。

それが重賞レースの時もあるし、そうではないときもあるということです。
(マツリダ予想より引用)



▼こんな偉そうなことを書いている私も、以前は重賞レースしか買っていませんでした。

月曜日になると、今週の重賞レースは何かなー?と、週刊gallopや、競馬ブック等を見て、重賞レース「だけ」を、心待ちにしたものでした。



▼競馬を純粋に楽しむだけであれば、このような重賞レース中心の楽しみ方の方が良いような気がします。

ですが、馬券収支にこだわって、的中率や回収率を上げたいなら、重賞レースオンリーの買い方では、勝ちにくくなってしまうという面があると、私は感じます。



▼重賞レースを中心に馬券を購入してきた私が、そのスタイルでは回収率をプラスにできず、何気なく見つけたマツリダ予想の考え方に触れているうちに、「競馬は重賞だけではないんだ」ということに気づかされました。


むしろ競馬は、重賞レース「以外」の方が利益を出しやすいケースも多い気がする。

特に、重賞レース以外の「特別戦」のレースは、重賞レースより的中率を上げやすく、予想しやすいレースが多い印象です。


特別戦なら、何でも勝ちやすいわけではありませんが、正しいレース選びと、馬選びができていれば、重賞レースよりも特別戦の方が、的中率、回収率ともに高くなるケースも多いです。



▼その理由としては、重賞レースというのはビッグレースなので、全馬が勝ちに来るわけです。

調教も、重賞レースでは多くの馬が、ガチンコ仕上げで、展開次第で着順が大きく変わってしまいます。


重賞レースは、どの馬にもチャンスがある。

それに対して、平場~特別戦のレースというのは、能力がはっきりと分かれている場合が多く、馬券になる馬を、ある程度限定することができるわけです。



▼お金が減ってもいいから、趣味で競馬を楽しみたいという人は、重賞レースだけを買う方が良いと思います。

多分、その方が競馬を楽しめる。


でも、 pat残高を減らすのはもう嫌だとか、競馬は回収率をプラスにするためにやりたいという人は、

競馬には36レースの選択肢がある

ということを頭において、重賞レースだけにこだわりすぎない方が、勝てる可能性は広がると思います。


重賞レースだけにこだわるというのは、レース選びの努力を放棄しているということでもあり、レース選びのセンスこそが競馬で勝つために最も重要な能力だと、私ブエナは思います。



▼さて、「重賞レース」と「重賞以外のレース」の違いについて、もう少し考察してみましょう。

私の考え方ですが、

重賞レースは、超人気薄の馬が激走しやすい

と思います。


上述したように、重賞レースというのは賞金が非常に高額なため、各陣営とも勝ちに来る。

勝つために、馬をしっかり調教して、仕上げてくるわけですね。



▼そのため重賞レースは、各馬の仕上がり状態が良く、人気のない馬でも馬券圏内に突っ込んでくることが多々あります。

データ的にもそれは立証されており、「2ケタ人気馬」でも、重賞レースでは頻繁に馬券圏内にくる。


それに対して、重賞レース以外のレースでは、2ケタ人気馬はあまり馬券圏内に来ない。

という事は、「重賞レース以外のレース(平場・特別戦)では、基本的には2ケタ人気馬はいらない

と、考えることもできるわけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼ここで注意するポイントは、先ほども書きましたが、

「レース選び」です。

例えば、「ローカル競馬場での、ダートの短い距離のレース」などは、先行した馬がそのまま残ってしまうことがあるため、「2ケタ人気馬」でも、前残りの流れに便乗して、馬券圏内に来てしまうことがあります。


なので、2ケタ人気をカットするなら、「ローカル競馬場のダート短距離」などは、自分のレース選びから排除していく方が良い、ということになると思うわけです。



▼これはあくまでも一例ですが、競馬にはレースの特性によってたくさんの「決着傾向」がある。

その傾向を探りながら、「自分が勝負するレースを選んでいく」という作業をしていくことによって、的中率と回収率を向上させることができるわけですね。



▼ということで本日は、平場と特別戦(重賞)は、どちらが儲かるか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


「個人的には、重賞レース以外の特別戦を主戦場にすることが多い」

「重賞レースは、2ケタ人気馬も突っ込んでくるので、重賞レースだから大金を突っ込む、というようなことはしない」

「平場(レース名がついていないレース)は、低レベルのレースも多いので、ここもあまり大きく勝負はしない」



私はこのように考えています。



▼本日の記事の内容的には、重賞レース以外の方が勝ちやすいというような流れになってしまいましたが、もちろん重賞レースでも勝てます。

上述したように、重賞レースでは、超人気薄の激走が多いので、「少し買い目を多くして、高配当を狙っていく」戦略も、ありかと思います。

重賞レースについての詳しい話については、また別の記事で書いてみたいと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



平場は回収率が上がりにくい?


▼平場と特別戦と重賞レースについての考察を続けます

もう一度、簡単に説明すると、


・平場⇒ レース名が付いていないレース。1~8Rに多い

・特別戦⇒ レース名が付いているレース。9~11Rに多い。重賞レースも含む

・重賞レース⇒ G1~G3のグレードが付いているレース。11Rに多い



はい。ブエナ調べですが、このような感じ。

下に行くほど、賞金が高くなります。



▼これらの3種類のレース。それぞれに特徴があります。

例えば、


【1~3番人気データ】
2016.1~10.16
1021レース分析(ブエナ調べ)


平場
単勝回収率77%

特別戦
単勝回収率81%

重賞レース
単勝回収率91%


はい。
1000レース程度の分析ですが、クラスが上がるほど、1~3番人気、つまり人気サイドの馬の期待値が上がっています。



▼単勝オッズというのは、ほとんどの場合、「競馬新聞の印」で作られています。

何種類かある競馬新聞の中で、たくさん◎がついている馬は、人気になる。

なので、「人気馬の信頼度」というのは、かなりの部分、競馬新聞に依存していると私は考えます。



▼そう考えると、「人気は人が作るもの」「人気は競馬新聞の記者が作るもの」

なので、よくわからない平場のレースは、競馬新聞の印の精度も下がる印象です。



▼逆に、日本競馬で最大のレース、「日本ダービー」

このレースは、1番人気の信頼度が非常に高い。

競馬新聞の記者が、真剣に取材をするので、競馬新聞の印の精度が上がり、1番人気の精度も上がると考えられます。



▼というか、このような観点を度外視したとしても、私ブエナの経験では、平場より特別戦の方が回収率を上げやすい印象です。
(重賞レースも特別戦です)

平場は、なぜかわからないけど、特別戦と同じように狙っても、なんとなく回収率が低くなる気がする。

競馬初心者さんの参戦が少ないからか?オッズの歪みが小さいからか?

原因はわかりませんが、私の感覚だと、平場より特別戦の方が、長期的な回収率は高くなりやすいと感じます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング