競馬の期待値~オッズの歪みとは?馬券で勝つ理論。プラスになる馬券

【競馬の期待値~オッズの歪みとは?】


▼馬券で勝つために最も重要なことは、「期待値」について知ることだと、私ブエナは考えています。

競馬で勝てない人ほど、「当たる・当たらない」ばかりを考えてしまう傾向にあります。

ですが、馬券で勝つためには、的中や不的中は、あまり関係がないと思うわけです。
(あくまで私の自説です)

標識


▼馬券で「長期的に」勝つためには、トータルの収支をプラス回収にしなければなりません。

そのためには、的中率はあまり関係なく、大事なことは馬券の期待値です。

「期待値」という言葉は、最近ではバラエティー番組などでも「期待する」の意味で使われていますが、「確率の期待値」としては、ちょっと意味が違います。



期待値というのは、期待感が上がるということではなく、確率における「回収期待値」のことです。

期待値が「1」を超える馬券を買い続ければ、必ず長期的な収支はプラスになります。

その結果、PAT残高も、短期的には波があっても、長期的には右肩上がりで増えていきます。
(あくまで長期的な話です)



さて、ではこの期待値の高い低いは、どのようにして判断するのか?

これが競馬の最も難しいところであり、面白いところでもあります。

なぜ期待値を判断するのが難しいのかというと、それは、

競馬における期待値は、目に見えない」からです。
(マツリダ予想より引用)



▼期待値がもし目に見えるなら、こんなに簡単なことはありません。

期待値とオッズを見比べて、お得な部分だけを買えば儲かるわけです。


ですが、競馬においての期待値は目には見えない。

経験を積めば見えるようになってきますが、それは数字ではなく、「感覚的なもの」になります。



ちなみに、期待値は目に見えませんが、「データ分析」すれば、期待値を数値化することも、ある程度は可能になります。

それは過去のデータからの数字なので、厳密に言えば、そのレースの期待値ではありませんが、「過去を未来に適用する」というイメージで、期待値を予測して、馬券購入するわけです。
(あくまで私ブエナのやり方です)


このような手法なら、目に見えない期待値を、可能な限り可視化することも可能だと思うわけです。



▼さて、期待値を判断するために、1つだけ明らかに目に見えるものがあります。

それは何か?

オッズ」です。


期待値を判断するのに、唯一の確実な指標となるのが、オッズです。

馬券で勝っている人で、オッズを見ない人はいません。

逆に言えば、馬券で負けている人の多くが、オッズをあまり見ていないわけです。




▼例えば、競馬新聞やスポーツ新聞だけを見て、何となく予想して、なんとなく馬券を買っていませんか?

これが競馬で最も負けるパターンです。
(多くの人がこのパターン。私の経験談でもある)



▼極端な話をすれば、競馬新聞なんか見なくても良い。

オッズと出馬表さえあれば、馬券収支をプラスにすることは可能です。
(すでに、プラスロジックが頭に入っている人の場合です)


なぜ、そうなるかというと、「期待値の高い馬券だけ買えば、プラスになる」からです。

これは初心者さんには意味不明かもしれませんが、慣れれば短期間で習得することが可能です。



▼簡単に言えば、「オッズ以上に、来る確率が高い馬を狙い撃つ」、ということです。

わかりやすい例で言えば、

単勝オッズ100倍以上だけど、100回走れば1回くらい勝つであろう馬

を狙い続ければ、競馬の収支がマイナスになることはないわけです。

そしてPAT残高が少しずつ増えていくというわけです。



▼これは的中率など全く考えていませんが、馬券で勝つためには非常に重要な考え方となります。

馬券の期待値や、オッズの歪みについては、経験を積むことが必要で、自力で独学で学ぶというのは、かなりの時間がかかってしまいます。


ですから私の場合は、最初の頃はマツリダ予想で馬券の期待値や、レースの選び方について学びました。

初心者の人は、怪しい競馬予想会社の買い目などに頼らず、信頼できる自分の師匠を見つけて、そこから馬券の基礎を学んでいくことも大切な気がします。



▼ちなみに、「有料のサービスに頼らず、自力で期待値の高い馬を探したい!」という人は、私がいつも書いている通り、

「データ」「パドック」「血統」

このどれかを勉強していく。


これが、自力で高期待値馬を探すための、基本中の基本になると思います。
(ただし、これらを学ぶまでに、いろいろとお金がかかりますが。)

とは言え、すべてを自分の力で、ゼロから創り上げていくというのは、どんな世界でも、とんでもなく大変なことだと思います。



▼例えば、競馬新聞を山のように積んで、手書きでデータを取っていっても、限界があるわけです。
(経験談)

というか、このアナログ手法で勝つのは、現在ではほぼ不可能に近いと思います。
(多くの競馬ファンが、デジタルデータを活用しているので。)



▼さて、話を戻しましょう。

期待値が高い馬」というのは、具体的には、

長期的な単勝回収率が100%以上の馬

これが代表的ですね。


このような馬を探すには、要するに「絞り込んでいく」わけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼例えば、

「2015年1月~10月までの単勝をすべて購入すると、回収率78%」

ですが、

「そのうち、ミルコ・デムーロの単勝だけを購入すると、回収率108%」

になるわけです。


あるいは、

「田辺裕信の単勝だけを購入し続けると、回収率117%」

ですね。


このように、「仮説を立てて絞り込んでいく」ことで、地道に「期待値が高い馬券」を、探し出していくわけですね。

かなり地道な作業なので、自力でやるのは大変ですが、これをやらずに長期的な馬券収支をプラスにすることは、不可能だと思います。



いつも書いていますが、競馬新聞に赤ペンでマルをつけても、長期的な馬券収支がプラスになる可能性は、極めて低いと思います。

長期的に勝つためには、しっかりと馬券・ギャンブルについて勉強する必要があると思うわけです。



▼ということで本日は、競馬における期待値について書いてみました。

私なりにまとめると、


「競馬における期待値とは、オッズと確率のズレであると、私は考えている」

「要するに、強いのにあまり人気がない馬。このような馬を、期待値が高い馬と考える」

「期待値が高い馬だけを購入すれば、長期的な馬券収支をプラスにすることが可能になると思う」



私はこのように考えています。



▼日本の競馬は変動オッズなので、そのオッズには「歪み」が必ず発生します。

そして、その「歪み」を探し出して狙い撃つことで、長期的な馬券収支をプラスにすることができるわけですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



馬券の期待値を分析する方法


▼馬券の期待値についての話を続けます。

まず、競馬の確率における期待値を、私なりに定義してみると、


「長期的に見て、賭け金の何%が戻ってくるかの見込み値」

私ブエナは、このような認識です。



▼簡潔に書けば、「見込みの」長期回収率が何%になるのか?ということです。

過去のデータを未来に適用して、見込みの回収率を推測する。


その見込み回収率が高ければ「期待値が高い馬券」

その見込み回収率が低ければ「期待値が低い馬券」

と、考えます。



▼このような馬券の期待値は、確率の話なので、ある程度のサンプル数を分析しないと意味がない。

サンプル数が不足していると、それは単なる確率の偏りかもしれない。

これをマツリダ予想では、「アポフェニア」と解説されています。



▼私の場合は、馬券の期待値を分析するのに必要なレース数は、「最低100レース」と考えています。

基本的には、1万レース以上を分析することが多いです。

これくらいのサンプル数を調べれば、確率を収束させ、ある程度の信頼できる馬券期待値を探し出すことが可能になるかと思います。



▼そう考えると、やはり手作業では不可能ということになる。

競馬ソフトを使わないと無理です。

ただ、競馬ソフトを使うのも月額の利用料がかかる。
(2000円から数万円まで、ピンキリです)



▼私がアドバイスするときは、「時間がない人は自力でのデータ分析はせず、信用できる人のデータを使う方が良いです」と言います。

競馬のデータ分析には膨大な時間がかかり、家族との時間を失ったり、仕事がおろそかになったりしてしまうからです。



▼もちろん、パソコンや数字が好きな人は、趣味として馬券の期待値を分析してみると面白いです。

競馬の期待値分析は、「どこまでやってもゴールがない」

それが魅力であり、難しい部分でもありますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング