万馬券を当てる方法~大穴馬券・高額馬券の取り方について。三連複・三連単

【万馬券を当てる方法】


「万馬券を当てるには、どうすればいいですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、万馬券を当てる方法について、私(ブエナ)の独断と偏見で、考察してみたいと思います。

金塊


万馬券を当てるには、どうすればいいか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私が万馬券を当てる際に狙うポイントは、まず1番人気馬が断然人気のレースで、その1番人気馬に死角がある場合」

「それから万馬券を狙う条件として重要なポイントの2つ目が、多頭数のレースを狙うことかなと。」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼「万馬券を当てたいです」

このようなご質問を受けることが、実は頻繁にあります。

特に、競馬初心者さんは、万馬券を一度も取ったことがないという人も多く、万馬券の取り方すらわからないとおっしゃる方も多いです。



▼しかし、私ブエナの考えでは、万馬券を取ることは難しくないです。

万馬券を当てるために重要なポイントは、


万馬券になる馬券を買うこと

当たり前だと思いましたか?

でも、初心者さんで万馬券を取りたいと言っている人は、なぜか1番人気の馬から、馬連の流し馬券を買ってしまったりするわけです。


初心者さんにとっては、まず「人気薄の馬券」を買うということが難しいわけです。

なぜなら、「自分の中に、人気薄を買う根拠がない」からです。



自分の中に確固たる理論なり根拠がなければ、競馬新聞に全く印がついていない馬を購入することはできない。

その結果、自分の中に根拠がない初心者さんは、競馬新聞で◎がたくさん付いている馬を買ってしまう。

そして万馬券が取れなくなる、というパターンが多い。



▼万馬券というのは、少数派の予想ということですから、多くの人が知らないファクターで予想する必要があります。

適当に、人気薄を多点買いするだけでも万馬券は当たりますが、これをやると長期回収率が大きく下がってしまい、長い目で見ると、お金が減ってしまいます。
(経験談)


▼人気薄の馬を買うために必要なのは、勇気ではなく、無謀なヤケクソ根性でもなく、ただ「ロジック」です。

自分なりの根拠、及び理論ということです。



▼ちょっと話がややこしくなりましたが、そもそも万馬券と一口に言っても、馬券種によって万馬券の意味合いは全く違ってきます。


万馬券というのは、「100円が1万円以上になって帰ってくる馬券(オッズ100倍以上)」のことですが、複勝の万馬券は難しく、三連単の万馬券は簡単です。

なぜなら、 「出現率」が全く違うからですね。


ですから、万馬券を取りたい!というお気持ちはわかりますが、どの馬券種で万馬券を取りたいのか?これによって作戦が全く変わってきます。



▼私ブエナがお勧めする万馬券の取り方は、「三連複で万馬券を狙う」という方法です。

まず、単勝と複勝の万馬券は、出現率が低すぎて的中率&回収率が下がりまくるのでお勧めしません。

また、馬連の万馬券も、回収期待値が低いので、あまりお勧めしません。


なぜ馬連万馬券の回収期待値が低いかというと、馬連の万馬券というのは、「人気薄同士の組み合わせ」を買うことになるからです。
(マツリダ予想より引用)


▼この辺の話については、初心者さんは、ややこしく感じてしまうと思いますので、当ブログの記事なども参考にして、少しづつ慣れてください。


話を戻します。

私ブエナの万馬券ゲット作戦のオススメは、

「三連複での万馬券」を狙う方法です。

オッズで言えば、100倍から200倍くらいのゾーン。


200倍以上の三連複は、これまた回収期待値が下がる印象なので、私としてはオススメできないゾーンになります。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼「三連複100倍から200倍」というのは、要するに、

中穴

私がいつも当ブログで書いている通り、回収率を上げやすいから中穴狙いです。


これはあくまでも、私ブエナのやり方であり、「三連複の本命サイド」や「三連複の大穴サイド」でも、しっかりと期待値を分析して馬券購入すれば、長期的な回収率をプラスにすることは、もちろん可能になります。



▼ちょっと脱線しますが、「万馬券」というものに、あまりにも価値を見出しすぎている人が多い気がします。

昔の、枠連時代の名残から、「特券(1000円券)」とか「万馬券」という響きに、麻薬的な魅力を感じてしまっている人が多いと思うわけです。


しかし、あくまでも私の感覚ですが、三連複や三連単が登場した現在、「万馬券」には、それほどの価値はないような気もします。

特に、三連単などは、そのほとんどが万馬券であり、そこに意味は無いように思うわけ。



▼いつも書いていますが、

馬券の目的は、長期的な回収率をプラスにすること

です。


万馬券をどんなに当てても、長期的な回収率がマイナスだったら、意味がないわけです。

「トータル収支がマイナスでも、大穴万馬券をゲットできればいいのだ!」という人は、それでもいいと思いますが、多くの人は、トータルの収支をプラスにしたいと思いますので、

「万馬券にこだわらなくても良い」

という考え方も、1つの戦略として、頭に入れておくと良いかと思います。



▼ということで、本日は、万馬券を当てる方法について書いてみました。

私なりにまとめると、


「万馬券を当てるためには、万馬券が出そうなレースを選び、三連系の100倍以上を狙うのが、一番、手っ取り早いと思う」

「ただし、長期的に利益を出すためには、上記の作戦に加え、期待値分析が必須だと思う」



私はこのように考えています。



▼万馬券を当てる事は難しくないです。

私ブエナも、頻繁に万馬券は当たります。
(三連複メインなので)


しかし上述した通り、馬券の目的は、万馬券を当てることではなく、トータルの収支をプラスにすることです。

ここの部分を見誤らないよう、ご注意ください。



▼今日のテーマは、ちょっと初心者さんには難しかったかもしれませんが、慣れれば簡単に万馬券は取れるようになります。

なので万馬券ゲットに慣れたら、今度は単純な高配当を取るだけでなく、長期的な回収率も視野に入れながら、自分自身の馬券戦略を考えていくと良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





万馬券を当てるコツ


▼万馬券を当てる方法についての話を続けます。

まず、万馬券を当てるためのコツとして、

「1番人気が過剰人気のレースで、1番人気を外した馬券を狙う」
(マツリダ予想より引用)

この戦略はシンプルですが、万馬券を取るためには有効な戦略だと思われます。



▼逆に、「大混戦のレース」は、荒れやすく、みんな万馬券を狙います。

しかし、このような大混戦のレースでは、穴馬券が当たっても、意外と万馬券にならないものです。

なぜなら混戦のレースでは、「みんな穴馬券・万馬券を狙うから」


本来であれば万馬券になるような決着でも、大混戦のレースの場合、多くの人が穴狙いをするため、穴サイドのオッズが下がってしまい、万馬券になりにくいわけです。



▼その点で、先ほど書いた、「断然の1番人気を切る」という戦略は、多くの人の考えの「逆」を行くことになる。

「すごく強い馬」が1頭いるレースの場合、競馬新聞には◎がずらりと並ぶ。

このようなケースだと、やはりその断然人気の馬からの馬券が売れるわけです。



▼人間の心理として、混戦レースだと穴を狙いたくなる。

逆に、明確な軸馬がいるときは、その馬から買いたくなる。


何も考えずに競馬新聞を見てしまうと、多くの人はそのような行動を取ります。

なので、万馬券を当てるためには、そのような大衆心理の逆を行かなければならない。

なぜなら、万馬券というのは、多くの人と「違う選択」をすることで取れるものだからです。



▼例えば、私ブエナがよくやる、三連複での万馬券狙いは、


・断然の1番人気が信用できないレースを探す

・その信用できない1番人気馬は切る

・2~4番人気の馬の中で、期待値が高い馬を探して軸にする

・ヒモは、5~9番人気馬から、期待値が高い馬を選ぶ

・上記の軸馬から、上記のヒモへ、三連複ながし


はい。
このやり方だと、的中率は低くなりますが、的中時の万馬券率はかなり高くなります。

断然の1番人気がなかなか消えてくれないため、根気が必要ですが、私はこの買い方で何度も万馬券を取っています。



▼日本の競馬は、変動オッズ。

つまり、競馬ファンの心理がオッズそのものとなる。

そして万馬券というのは、多くの競馬ファンが見向きもしない馬券なわけです。

誰も買わないからこそ、オッズが100倍以上になる。



▼でも、誰も買わない馬券というのは、確かに的中率が低い。

平均的には、万馬券の的中率は1%未満。

これだと、トータル収支はマイナスになる確率が高い。

トータルマイナスでも万馬券が獲れればいい!と言う人はそれでもいいんですが、私ブエナは「年間プラス」を常に目指すので、マイナスはしたくありません。



▼そこで考えるのが「期待値」

やっぱりここに立ち戻ります。

万馬券を狙いながらも、その万馬券の期待値が高いレースで勝負する。

上述した通り、馬連の万馬券は期待値が低くなりがちですが、三連複の万馬券は100~200倍くらいなら、高期待値のゾーンに入りやすい印象。
(あくまで私ブエナの見解です)


▼ここで先ほどテーマにした、「断然の1番人気に死角があるレース」

これが意味を持つことになる。

断然の1番人気馬は、多くの場合、過剰人気になります。

だからこそ、その1番人気馬「以外の」馬券には、期待値的な優位性が付随してくると考えられるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング