競馬 ボックス買いは勝てる?勝てない?流しかボックスか。必勝法攻略法

【競馬でボックス買いは勝てるか?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


ボックスでも、荒れるレースを選べば勝てなくはないが、流しやフォーメーションやオッズフィルターの方が、勝ちやすい気はする

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼お手軽に高配当が狙える買い方として、ボックス買い(箱買い)があります。

ボックス買いとは、流し馬券とは違い、軸馬を決めずに、選んだ馬をすべて買い目に入れる買い方です。

この買い方であれば、軸馬が飛んだとしても、馬券は的中することになるので的中率が上がります。

ボックス2


▼的中率が高いので、特に初心者さんには人気の買い方ですが、私の個人的な意見としては、「単純な」ボックス馬券では少々、利益を出しにくいと考えます。


馬券で利益を出すには、「期待値の高い部分をピンポイントで狙う」ということが絶対に必要です。

回収率を上げるためには、これしか方法がないと言っても過言ではありません。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼ですから、「期待値の高い馬を軸にして、そこから流す」という買い方が、回収率を高めやすいと思うわけです。

それに対してボックス馬券というのは、軸馬を決めずに選んだ馬の、「全通り」を買うことになるので、期待値の低い馬券も買ってしまうことになるわけです。



▼ボックス買いでも、5レースや10レースであれば、回収率に差は出ませんが、これが50レース、100レースと増えてくると、明らかにボックス馬券は回収率が下がります。

これはレース数が増えると、確率が収束して、ボックスに入れたうちの期待値の低い馬券が足を引っ張るからです。



▼さて、先ほどから期待値が高いとか期待値が低いとか書いていますが、これはどのように判断したらいいのか?

これも、私ブエナの個人的な意見ですが、例えば、馬連で言えば、「本命サイド」の馬券の組み合わせは、期待値が低くなりやすい印象です。みんなが買うからですね。

基本的に、「多くの人が購入したくなる馬券は、期待値が低くなりやすい」と思います。



▼例えば、 1番人気と2番人気と3番人気のボックス馬券。

このような馬券で回収率を高めていくことは、かなり難しい。

追い上げや増額法を使えば話は別ですが、追い上げはリスクが高いのでお勧めしません。



▼また、期待値の低い馬券としては、本命サイドの他に、大穴サイドも期待値が低い印象です。

例えば、10番人気と11番人気と12番人気のボックス馬券など、回収率が低くなる傾向にあります。

これは馬連でもワイドでも同じです。3連系でも同じです。



▼もちろん、このような超大穴馬券は、当たれば特大なので、一気に回収率が上がりますが、それは一時的なものです。

その後、2匹目のどじょうを狙って、また大穴サイドを買い続けるうちに、確率が収束して、どんどん資金が減少していきます。



▼ただ、レース条件によっては、ボックス馬券でもプラス収支にできる条件は存在します。

しかしながら、このようなbox買いの馬券は、あくまでも押さえ馬券として、本線は期待値の高い馬から「流す」ということになります。
(もしくは、フォーメーション)



▼馬券構成の基本は、人気馬から人気薄に流すこと。

これが私の基本形になります。

マツリダ予想の参考買い目などは、この形になっていることが多いです。



▼さて、ボックス買いの話に戻りましょう。

例えば、あるレースで「6頭」まで絞り込んだとする。

その人気が、

1番人気
2番人気
3番人気
6番人気
8番人気
12番人気

だとします。

これをボックスにすると、先ほども書いたような、「1.2.3番人気のボックス」を購入することになってしまいます。

また、「6.8.12番人気のボックス」は、人気薄を集めたボックスなので、これもまた先ほど書いたとおり、過剰人気になりやすく、回収率を上げにくいことが多いです。



▼なので、もし私がこのようなケースで、「馬連」を買うとしたら、


「馬連6頭ボックスにして、オッズフィルター(20~60倍くらい)で絞って買う」

あるいは、

「1番人気から、3・6・8番人気へ、馬連3点流し」



はい。
これは完全に、私ブエナの買い方ですが、私の場合は、6頭まで絞れたなら、それを単純にボックスにはせず、上記のように「加工」して馬券購入します。



▼まず1つ目の、「ボックスからのオッズフィルター

これは要するに、本命サイドと、大穴サイドをカットしているわけです。

理由は先ほども書いたとおり、本命サイドと、大穴サイドは期待値が低くなりやすいと思うからです。



▼また、2番目の「1番人気から、3・6・8番人気へ馬連流し

これは、「人気馬と人気薄の組み合わせ」にしているわけです。

理由は、「中穴狙い

私の個人的な見解では、中穴を狙う方が回収率が上がると思っているので、意識的に中穴を狙っていくことが多いです。
(ので、12番人気はカット)



▼ということで本日は、馬券のボックス買いについて書いてみました。

私なりにまとめると、


ボックス買いは、期待値の低い馬券まで混ざってしまうので、一工夫することで、回収率を高める

私の場合は、このようなスタンスです。



▼ボックス買いは、シンプルで誰にでもできる買い方ですが、そうであるがゆえに奥が深く、「単純ボックス」で買っても、なかなか回収率が上がらなかったりします。


そこで、上述したような「一工夫」を入れることで、ボックスでも長期的な回収率を向上させることが可能になると、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ボックス馬券の人気別データ


▼ボックス買いは勝てるか?についての考察を続けます。

少し具体的なデータも見てみましょう。


【重賞レース ボックス馬券データ】
2013~2016.10
馬連ボックス3点
514レース分析(ブエナ調べ)


1~3番人気ボックス
的中率27%
回収率79%


5~7番人気ボックス
的中率3%
回収率78%


11~13番人気ボックス
的中率0.2%
回収率47%


はい。
重賞レースで「3頭ボックス」にした時の成績です。

2013年からの514レースのデータです。



▼人気薄のボックスにするほど、回収率が下がっていきます。

的中率に関しては、5~7番人気ボックスでも、「3%」しかない。

5~7番人気の馬連ボックスは、100レース購入しても、97レースは外れる。



▼さらに、11~13番人気ボックスは、的中率「0.2%」

1000レース購入して、998レースは外れる。。。


的中すれば、300円が5万円10万円になる。

でも私は、こんな期待値の低い馬券は買いません。



▼さて、ここまで見てきたように、やはり大穴サイドは「夢を求めて適当に買う人」が多いので、期待値が下がりやすいと思う。

なので、狙うは「本命サイド」か「中穴」

ということになると思う。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼上記の的中率・回収率で見ると、本命サイドの方がおいしいように見える。

ただ、私ブエナの考えでは、「基本回収率」と「回収率の伸び率」は、違うと考えます。



▼つまり、本命サイドは基本回収率は高いが、回収率の伸び率が悪いと感じる。

本命サイドの場合、オッズの歪みが小さいので、レースを厳選してもなかなか基本回収率から、回収率100%を超えるのが難しい印象です。



▼なので私ブエナは、中穴を狙うことが多いです。

中穴は、的中率では本命サイドには遠く及びませんが、回収率の伸びやすさがある印象。

つまり、中穴は技術介入によって、回収率を伸ばしやすいゾーンのように思うわけです。

これは、ながし馬券でも、ボックス馬券でも同様です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング