競馬はみんな負ける?全員勝てない?馬券 勝ち組と負け組の違い

【競馬はみんな負けるのか?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬ファンの90%以上は、年間回収率がマイナスだと思う」

「でも、残り10%未満の人は、プラス収支の勝ち組を続けている印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬をあまり知らない人が、 1年や2年、馬券を買ったくらいで、

「競馬は全員負けるようになっているゲームだ!控除率があるから、絶対に勝てない! 」

などと言い始めるケースが非常に多いです。

泣く3


▼競馬はみんな負けると言う論理の根拠は、競馬というギャンブルは、25パーセントの「テラ銭」が最初から奪われているから・・・ということらしい。


パチンコの控除率は、もっとずっと低いから、競馬は勝てない。パチンコの方がマシ。みたいな論調ですね。

しかしながら、これは少々、間違っているかなと。

以下、私ブエナの独断と偏見で書いてみます。



ギャンブルの知識さえあれば、パチンコも競馬も、どちらも長期的に利益を出し続けることは可能です。

パチンコの場合は、パチプロに代表されるように、ずっとパチンコ屋に入り浸って、台の前に座っていなければ利益を出せません。


しかし競馬は、今や携帯電話でも簡単に馬券を買えますし、家族と買い物に行っていても利益が出るし、女の子をナンパしていても利益は出るわけです。

これは競馬の大きなメリットの1つですね。



▼「競馬は全員負ける!」と言っている人は、ただ勝ち方を知らないだけ。

勝ち方を知る前に、途中で諦めてしまった人が多いです。


そういう私も、競馬で勝つのなんか無理だ!と、諦めかけたことが、この人生の中で50回ぐらいあります(笑)

一生懸命に努力しても報われない世界。頑張っても頑張っても馬券収支をプラスにできない世界。

がんばり屋さんほど、努力が報われなくて心が折れてしまうんですね。



▼しかし、馬券というのは知識のゲームですから、知識さえ身に付けば勝てるわけです。

知識というのは、血統を知っているとか、競走馬に詳しいという事ではなく、「ギャンブルの本質」という意味です。
(マツリダ予想より引用)

ここに気づくまで、私は、20年近くかかっています。私の場合はずっと、自力で競馬を研究してきたので、無駄な遠回りをしてしまいました。



▼競馬は大好きなので、諦めたくなかった。

だからここまで粘って、いろいろな馬券知識を集めて、今は長期的にはプラス収支が続いています。


ですが、人生は競馬だけではないので、これを読んでいる人には、競馬に人生を奪われてしまわないようにして欲しいと思います。

そのためには、正しい知識を身に付けることが重要です。

自力で競馬を研究しても、いつかは勝てるようになる可能性が高いですが、あまりにも長い年月を犠牲にすることになってしまう。


だから私は、常日頃から、先人の知識を利用しましょうと言っているわけですね。自分の人生の時間を無駄にしないために。



▼さて、本日の本題に戻りましょう。

競馬はみんな負けるのか?

正解は、

競馬で、ずっと勝っている人もいる。ただし、その割合は5%くらい

だと思います。



▼馬券の世界において、勝ち組は5%くらい。負け組は95%くらい。

あくまでも私ブエナの個人的な見解ですが、これぐらいの割合かなと感じます。


5%と言うと、すごく少ないように感じるかもしれませんが、ほとんどの競馬ファンは遊びで馬券を買っているので、真剣に取り組んでいません。

なので、真剣に馬券に取り組んでいる人は、10~20%くらい勝ち組かもしれません。



▼「競馬には控除率が25%もあるから、全員負ける!」

というのは、私はちょっと違うと思います。

なぜなら、「競馬にはデータがあるから」です。


中央競馬では、膨大な量のデータが公開されている。

これをしっかりと分析して、期待値が高い馬券だけを買うようにすれば、控除率の25%を上回る事は、十分に可能です。



競馬の勝ち組は、膨大な時間をかけて過去のデータを分析し、儲かる馬券だけを買う。

競馬の負け組は、競馬新聞に適当に赤丸をつけて、フィーリングで馬券を買う。



その差が、長期的な回収率の差になります。

控除率が25%だからって、全員の回収率が75%になるわけでは無い。

競馬は努力が報われるゲームなので、努力した人の回収率は120%になり、努力しなかった人の回収率は50%になる。

そんな、フェアなギャンブルと言えます。



▼ということで本日は、競馬は全員負けるか?について書いてみました。

競馬は努力すれば、高確率で勝てるようになる。

それは、「馬券が的中しまくる」という意味ではなく、「長期的な回収率がプラスになる」という意味です。


もし馬券収支をプラスにしたかったら、「馬券知識」をたくさん集めるしかないです。

馬券知識を集めれば集めるほど、長期回収率は上がっていきますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬で勝つ人と負ける人の違い


▼競馬はみんな負けるのか?についての考察を続けます。

競馬の控除率25%というのは、確かになかなか厳しい数字です。

何も考えずに馬券を買い続ければ、絶対に回収率75%以上にはならないわけです。



▼しかし、上述したように、世の中には毎年、馬券収支をプラスにして利益を出している人も、数%ですが確かに存在している。

私ブエナも、少額ですが、少しは年間プラスになっています。

控除率が25%なのに、なぜ勝てる人々がいるのか?



▼それは、「期待値が高い馬券しか買っていないから」です。

馬券の控除率は25%ですが、それぞれの馬券には、それぞれの回収期待値が存在している。

なぜなら、日本の競馬は変動オッズだから。



▼つまり、多くの人が買いたくなるような馬は、たくさんの投票が入り、儲からない馬となる。

逆に、あまり人の目につかないような馬は、過小評価され、儲かる馬となる。

馬券で年間の収支がプラスになっている人は、必ずこの「儲かる馬」だけを選んで購入しているわけです。



▼もし、競馬にデータがなく、宝くじのように適当に番号で買うしかないというゲームだったら、これはほぼ、みんな負けると言っても過言ではないと思います。

厳密に言えば、「勝ち逃げ」する事で、控除率の壁は越えるわけですが、買い続ければマイナスになるでしょう。



▼しかし、馬券はどの馬を買うか、自分で選べる。

そして、「どの馬を買わないかも自分で選べる」わけです。

ここ重要です。



▼先ほどから書いている通り、馬券の控除率は平均25%

なので、数多くのレースに手を出せば出すほど、この控除率に足を引っ張られ、回収率が下がっていきます。

だからこそ、「購入する馬券は厳選して選ぶ」という事が重要なわけです。



▼まず1番大事な事は、「レースを選ぶこと」

重賞レースだからと言って、すべての重賞レースに手を出していたら、なかなかプラス収支にすることは難しい。


人それぞれ、「得意なレース」というものがある。

自分の得意なレースだけで勝負し、苦手なレースは「見送る」

勝ってる人は、「レースを見送る」という自制心があります。
(マツリダ予想より引用)



▼ここまで書いてきたとおり、競馬というのは、期待値が高い部分だけを購入しなければ負ける。

そして、馬券の控除率が25%である以上、「全員が勝ち組になることはありえない」

多数の負け組の上に、少数の勝ち組が君臨することになる。



▼競馬に限らず、どんなビジネスでも、結婚相手を探す時も、全員が勝ち組になれるわけでは無い。

でも、努力した人は、必ずそれなりの成果を手にしている。


馬券も同じです。

競馬はみんな負けるわけでは無い。

努力しなかった人は負け、努力した人は勝つ。

そんなシンプルな世界でもあると、私ブエナは考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング