競馬 開幕週とは?必勝法・攻略法~馬券の買い方。内枠逃げ先行馬有利

【開幕週の馬券の買い方は?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「開幕週の芝のレースは、セオリー通り、内枠・先行を中心に考えていくスタンスでいいと思う」

「ただし、開幕週の内枠・先行は、過剰人気になりやすいので、オッズに注意」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬には、「開幕週」というものが存在します。

開幕週というのは、競馬場が入れ替わったときに、最初に行われる週の開催を、開幕週と言います。

開幕週


▼競馬では、1つの競馬場を使っている間に、使われていない競馬場の馬場状態を調整します。

例えば、東京競馬場を使っているときには、中山競馬場の芝を修繕したりするわけですね。

ですから、開幕週の芝というのは修繕されたばかりなので、すごくきれいなわけです。荒れた馬場ではないということですね。



▼さて、開幕週で、芝が綺麗だとどうなるのか?

これは常識ですが、当然インコースが有利になります。
(芝のレースの話です)


開幕週はインコースが有利。なぜならインコースもアウトコースも同じ条件だとしたら、インコースを走った方が最短距離で走れるからです。


これは特に、小回りの競馬場で顕著に現れる現象で、中山競馬場や、北海道や、ローカルの競馬場だと、明らかに開幕週はインコースを走った馬が有利になります。

また、東京や阪神など、直線が長くダイナミックな競馬場であっても、やはり開幕週はインコースが有利になります。



▼ですから、開幕週の馬券の買い方としては、インコースを走れる馬。つまり内枠の馬か、逃げ・先行馬が有利ということになります。

とにかく開幕週は、インコースを走った馬が有利なので、逃げ馬が多少ハイペースでかっ飛ばしても、そのまま粘ってしまう傾向が強いわけです。



▼ですから、開幕週で軸馬を決めるときには、内枠の馬か、先行できる馬を選ぶのが基本になります。

これはあくまでも私の考え方ですが、このようなシンプルな考え方でも、私ブエナの馬券収支は良いものとなっています。



▼私の場合は、開幕週ではまず、土曜日に芝の状態をチェックして、日曜日から本格的に馬券を購入し始めることが多いです。

こういう細かい努力が報われやすいのが、開幕週の芝と言えます。

基本的に、開幕週は内枠を狙うだけで勝てることが多い印象です。
(もちろん裏目に出ることもあります。長期的な話。)



▼開幕週の馬券で注意すべき部分は、いくら内枠の馬だったとしても、逃げ馬だったとしても、それがすでにオッズに過剰に反映されている場合。

この場合は、内枠でも、利益の出る馬ではない場合があるということです。



▼ちょっとややこしい言い方になってしまいましたが、具体的に言えば、開幕週で先行有利の芝状態。

自分が本命にしようと思っている馬が、単勝1倍台だったとしたら、私はその馬を本命にはしません。

なぜならその馬はすでに、他のみんなが目をつけてしまっている馬だからです。



▼私がこのブログでいつも言っている通り、他の人と同じ馬を狙っていては、競馬では勝てません。

ですから私は、開幕週で逃げ馬有利であっても、その馬が断然人気であれば、押さえに回して、別の馬を本命にすることが多いです。

開幕週に限らない話ですが、この感覚がつかめてくれば、競馬で利益を積み重ねることは、難しくないということがわかると思う。



▼蛇足ですが、上述したような「開幕週はインコース有利。先行馬有利」という傾向は、ハイレベルなレースになるほど顕著になります。

例えば、

「開幕週の重賞レース」と、

「開幕週の午前中の平場レース」



この2つを比較した場合、重賞レースの方が、インコース有利がはっきりと出やすい、と思います。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼これは私の経験と感覚ですが、午前中のレースなど、レベルの低いレースでは、馬の能力に差があるため、あまり馬場状態などの影響が強く出ない。

逆に、重賞レースなどハイレベルなレースでは、各馬の調教状態や能力が拮抗しているため、ほんのわずかな馬場状態の有利不利が、はっきりと出てしまうような気がします。


なので、開幕週の時は、特に重賞レースや特別戦などのハイレベルなレース、賞金の高いレースで、「インコース狙い」をしていくと、回収率を上げやすいと思う。
(経験談)



▼ということで本日は、競馬の開幕週の狙い方について書いてみました。

基本的に、芝のレースはインコース有利になりやすいですが、開幕週の、特にハイレベルなレースだとその傾向は顕著になるような気がします。

そのあたりを馬券に反映させることで、長期的な回収率を向上させることが可能になります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



開幕週の内枠・先行は過剰人気になる


▼開幕週の狙い方についての考察を続けます。

先程、「小回りコースや、ローカル競馬場の開幕週は、内枠有利&先行有利が顕著である」と書きました。

小回りの競馬場は、カーブがきついので、内外の馬場状態が同じであれば、圧倒的に内枠有利となります。



▼ただ、そんなに簡単ではない部分もある。

小回りコースの開幕週だと、内枠の馬や、先行馬が「過剰人気」になるわけです。

夏競馬などでは特に顕著なんですが、小回りコースの開幕週は、内枠というだけで人気になってしまう。


【開幕週データ】
2013~2016.10
特別戦
318レース分析(ブエナ調べ)


1~8番枠
勝率8%
単勝回収率77%
平均オッズ41倍


9~18番枠
勝率6%
単勝回収率73%
平均オッズ54倍


はい。
開幕週では、明らかに内枠の馬の方が勝率がいい。

しかし、回収率で見ると、ほとんど差はない。

これは、「平均オッズ」を見るとわかるように、内枠の馬が過剰人気になるからです。



▼当ブログではいつも書いている通り、競馬というのは変動オッズなので、いかに他の人が目をつけていない馬を探すか?

ここがポイントになります。

なので、すでにみんなが気づいているロジックなら、そこに優位性は無いわけです。



▼開幕週に関しても、内枠・先行有利というのは、すでにみんな分かっている。

なので、「開幕週だから内枠狙い!」ということをやっても、的中率は上がっても、回収率はほとんど上がらないわけです。



▼これに関しては、「中山1,600メートル」や「新潟の直線1,000メートル」で、さらに顕著な傾向があります。

中山のマイル戦は、内枠絶対有利。

新潟の直線は、外枠絶対有利。


これは多くの人が知っている。

多くの人が知っているということは、そこに優位性はない。


中山のマイル戦では、内枠の穴馬が過剰人気になり、穴馬ではなくなることも多いです。

新潟の直線レースでも同じ。外枠の穴馬に過剰な投票が入り、穴馬ではなくなってしまうことも多々ある。



▼余談ですが、開幕週の場合、若い馬よりも、5~6歳のベテランの馬が穴をあけることが多かったりする印象です。


【開幕週の5~6歳】
前掲条件

単勝回収率 107%
複勝回収率 96%


はい。
競馬の場合、通常は若い馬の方が回収率が高くなりやすいです。

しかし、開幕週はなぜか、若い馬よりも、5~6歳馬が激走することが多いような。
(あくまで私ブエナの見解とデータです)



▼若い馬は、下の馬場が多少荒れていても、若いパワーでなんとかなるけど、オッサン馬は、きれいな芝の方が走りやすいんでしょうか。

真偽は定かではありませんが、ブエナ調べのデータでは、そのような傾向があるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング