競馬予想の仕方~基本的なコツ。当てるための予想の組み立て方。馬券的中

【競馬予想の仕方・コツは?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私の競馬予想の仕方は、まず1~10番人気馬までで馬券を構成することが多い」

「馬券種は、回収率に特化させるなら、三連複と単勝が使いやすいと思う」

「馬券構成は、人気馬と人気薄の組み合わせにすると、バランスが良くなる印象」



はい。これらは私ブエナの経験と、マツリダ予想からの引用を交えた手法です。

ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼初心者さんはもちろんのこと、ある程度の競馬歴がある人でも、自分の競馬予想方法に自信が持てない人は多いようです。

「競馬予想の基本を教えて下さい」というご質問もよくいただくので、本日は基本的な馬券の組み立て方について、私の独断と偏見で解説してみたいと思います。

若葉マーク


▼まず最初に言っておきますが、

競馬で利益を出す方法は無限にあります

私の方法でしか利益を出せないという訳ではありません。


競馬は、ごく少数の人間が利益を上げ続け、ほとんどの人はお金がマイナスになっていくという厳しいゲームです。

しかし、基本的なギャンブルの本質及び、競馬の本質を知っていれば、利益を出すための買い方というのも必然的に見えてくるわけです。



▼ちなみに私は、「三連複のフォーメーション」を中心として利益を上げていますが、これは私の好みであって、これ以外にも勿論、単勝馬券でも安定的に利益を出せますし、三連単ならもっと利益を出しやすくなります(三連単は資金力がある人のみ有効)


競馬は、まずその本質を理解することが必要です。

本質が分かれば、どんな馬券種で馬券を買っても利益を出すことが可能です。
(複勝馬券だけは、ちょっと利益を出しにくいかも…)



▼ということで前置きが長くなりましたが、競馬予想の基本的な組み立て方について解説してみます。

まず競馬というのは、利益を出すためには、本命サイドの馬券を買っていては厳しい。


これについては当ブログでも再三にわたって書き続けていることなので、他の記事も参考にしてみてください。とにかく本命サイドの馬券というのは利益を出しにくいと、私は感じるわけです。

(※データでフィルタリングすれば、本命サイドでも利益を出せますが、穴サイドの方が利益を出しやすいです)



▼本命サイドの馬券というのは、「オッズの歪み」の幅が極めて狭いわけです。

オッズの歪みの幅が狭いということは、長期的な回収率が上がりにくい。

すなわち、還元率の75パーセントからスタートして、回収率を100パーセントオーバーにするのが困難であるということです。



▼これに対して、中穴・大穴馬券というのは、オッズの歪みの幅が広いため、狙いどころさえ理解していれば、長期回収率を100%オーバーにすることは、比較的容易なわけです。


ですから利益を出すための馬券の組み立て方に特化するなら、「中穴~大穴」を狙うことになります。

本命サイドの堅い馬券を狙っているうちは、なかなか回収率を伸ばすことはできないと思う。

(※本命サイドは、初心者さんでも安定的に回収率80%前後にできる代わりに、100%を超えることが難しいです)

(※逆に、穴サイドは、馬券知識がない人は回収率40%とかになってしまう代わりに、知識がある人は100%を超えることが容易です)




▼さらに具体的に言えば、馬券の構成は「人気馬と人気薄」の組み合わせとします。

この組み合わせが最も効率よく回収率をアップさせることができるからです。
(マツリダ予想より引用)


ですから私の場合は、本命決着と大荒れの決着のときは素直にあきらめます。

自分が狙うゾーンをピンポイントで狙う。これが一番、競馬で勝ちやすい方法だと思います。



▼シンプルに馬券の構成を解説すると、このようになります。

意味が、ちんぷんかんぷんな人は、まだ馬券を買う段階にはないかもしれません。

知識なしで馬券を買い続けると、お金が減り続けますので、まずは馬券知識を身に付けることが先になります。


お金が減っても楽しければいい、と言う人はそれでもいいのですが、馬券でお金を減らしたくない人や、プラス収支を目指したい人は、とにかく最初はギャンブルと競馬について「本質」を勉強するところから始めましょう。



▼さて、「競馬予想の仕方」の話に戻ります。

私が、回収率を向上させるために、意識していることは、


・中穴~大穴を狙う(本命サイドを狙わない)

・主に、三連複か単勝を使う

・午後のレースのみ狙う(マツリダ予想を使っているため)

・重賞レースばかり買わない

・裏開催/ローカルは、基本買わない

・人気馬と人気薄で組み合わせる

・断然人気の馬から流さない



はい。
私の基本的な競馬予想の仕方、組み立て方は、こんな感じです。

私ブエナの独断と偏見で書いていますので、これ以外のやり方で利益を出している人もたくさんいます。

1つの参考として、見ていただければと思います。



▼尚、「節約のため、スポーツ新聞だけで予想する」という人は多いですね。

130~140円のスポーツ新聞だけで利益を出せれば、ボロ儲け。

しかし、現代競馬は、スポーツ新聞や競馬新聞だけで利益を出す事は、ほぼ不可能なレベルになっています。
(他の競馬ファンの予想レベルが上がっているため)


なので、スポーツ新聞や競馬新聞だけで馬券を購入するのは、よほどの天才でもない限りは、やめた方が良いと思います。

超高確率で、お金が減ってしまうからです。

※情報料をケチると、馬券のマイナスは、それをはるかに上回ってしまう。経験談。まず間違いないです

※ただし、月額で何万もかかる情報はダメです。元が取れません。月額5,000円以内じゃないとダメ。これも体験談



▼ということで本日は、競馬予想の仕方と、基本的なコツについて書いてみました。

本日の内容は、ごくごく基本的な話なので、さらに突っ込んだ内容については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。

馬券検討のヒントになれば幸いです。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



レース選びの重要性について


▼競馬予想の仕方についての考察を続けます。

先程は、具体的な馬券構成について、私ブエナの独断で解説しました。

そして、競馬予想には、もう一つすごく重要なポイントがあります。



▼それは、「レース選び」です。

JRAの競馬は、朝の1レースから最終の12レースまで、バラエティあふれる番組構成となっています。


芝のレース。ダートのレース。牝馬のレース。GIレース。平場のレース。ハンデ戦。短距離戦。長距離戦。。。

このような、バラエティーあふれるレースが存在することによって、中央競馬はとても魅力的な娯楽となっているわけですね。



▼その反面、すべてのレースを同じ買い方で購入していると、なかなかうまくいかなかったりします。

中央競馬は、バラエティあふれる番組構成が魅力ですが、馬券を購入するときは、そのレースに応じた買い方をしていかなければならない。



▼先ほど私は、「三連複で中穴狙い」をすると書きましたが、レースによっては、この狙い方では惨敗するケースも多いわけです。

例えば、「10頭立ての、1,200メートルの2歳戦」

このようなタイプのレースで、三連複を多点買いして中穴を狙っても、配当は固く収まってしまうことが多く、回収率は上がりません。



▼なので、私ブエナが「三連複で中穴狙い」をする時は、「中穴が出そうなレース」に絞って、そこにだけ参戦するわけです。

自分が狙っている配当が出やすいレースだけを狙う。

逆に、自分の土俵ではないレースは、すべて見送る。


マツリダ予想からの引用ですが、私の場合はこのようなスタイルで、回収率を底上げしています。

どんなに馬券の買い方が上手くても、レース選びができていなければ勝てませんので、要注意です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング