京都大賞典2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。ゴールドシップ・トーセンラー

【京都大賞典2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
京都大賞典



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
京都大賞典m



まとめと総括


▼さて、今週は、凱旋門賞に出走するオルフェーヴルとキズナがスポットライトを浴びていますが、国内でも超重要な前哨戦、京都大賞典が開催されます。


京都大賞典には、海外には見向きもせず、国内で荒稼ぎというスタイルを貫いているゴールドシップが登場します。

ゴールドシップは、天皇賞春で断然の1番人気を裏切り敗戦しましたが、次の宝塚記念では、一番人気のジェンティルドンナをぶっちぎって圧勝。



▼ちなみに、マツリダ予想では、天皇賞春の◎がフェノーメノで、宝塚記念の◎がゴールドシップという、まさに人気の裏をかく予想を配信しており、私もすごく勉強になりました。


ゴールドシップといえば、まさに「ズブい馬」という印象で、内田博幸騎手がどんだけ押しても、動かない時は全く動かないという、かなり個性的な馬ですね。



▼ゴールドシップは、言わずと知れた「黄金配合」

ステイゴールド×メジロマックイーン、ですね。オルフェーヴルやドリームジャーニーと同じです。



▼さて、 2013年の京都大賞は、このゴールドシップが断然人気になりそうです。宝塚記念の圧勝を見せられれば当然ですね。

休み明けでも一生懸命に走る馬で、58キロなら、ちょっと付け入るスキがないという印象です。


スピード指数的にも、ダントツで1位となっており、まともに走れば楽勝となるでしょう。



▼ただ、いつも言うように、このような断然人気の馬を軸にして流し馬券を買うと、長い目で見ると馬券は、どんどんマイナスが積もってしまいます。


ですから、馬券の買い方としては、ゴールドシップを押さえに回すか、ゴールドシップを思い切って外すか、それか馬券は控えめにして見て楽しむレースにするか、選択肢としてはこの辺になります。



▼もちろん、低配当でも、長期的な利益が出なくても、競馬を楽しみたいとか、ゴールドシップが大好き、という場合にはゴールドシップからの流し馬券はアリだと思います。


スピード指数的には、2位はヴィルシーナですが、このタイムランキングは、ヴィクトリアマイルでのものです。

つまり、 1,600メートルでのタイムを補正しているわけですね。今回は2,400メートルなので、全く条件が違うため、このスピード指数を鵜呑みにはできない部分があります。



▼3位はトーセンラー。ゴールドシップ以外で軸にするならこの馬が有力となるでしょう。

マイニングではゴールドシップを押さえて1位。京都コースは大得意で、ここはゴールドシップがモタモタしてくれればチャンスとなるでしょう。


ただ、主線の武豊が、キズナの凱旋門賞のために不在なので、代打の幸英明がしっかり乗れるかどうかがポイントになりますね。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング