デイリー杯2歳ステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。ホウライアキコ・ピークトラム

【デイリー杯2歳ステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
デイリー杯2歳ステークスs



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
デイリー杯2歳ステークスm



まとめと総括


▼さて、今週は凱旋門上の他に、重賞レースが3つありますが、土曜日はデイリー杯2歳ステークスです。

近年、レーヴディソールやクラレント等、後の活躍馬も輩出しているレースですね。将来的にも重要になってくる2歳重賞です。



▼2歳戦は、スピード指数やタイムロジックで予想しても、まだ成長期の子供の馬なので、一気にタイムを縮めてくる馬も多く、なかなか難しいです。


小倉2歳ステークスを勝った、ホウライアキコが人気になりそうですが、1,200メートルしか走ったことがなく、今回の1600メートルに対応できるかどうか微妙なところですね。


しかも小倉よりもスケールの大きい競馬場である、京都競馬場で、今までと同じようなスピードを活かした競馬が出来るかどうかがポイントになりそうです。



▼スピード指数から見ると、ピークトラムが1位となっています。

夏に行われた、新潟2歳ステークスの、レースレベルが高かったため、このレースで3着に突っ込んだピークトラムのスピード指数が上位となっています。


勝ち上がるのに3戦もかかっているのは気掛かりなところですが、デビューから一貫して、1600メートルを使われており、距離はバッチリといえます。


脚質的にも自在性があり、先行することもできるので安定感はありそうです。ただ爆発力という点では、もうワンパンチ欲しいところですね。



▼将来性と言う面から考えれば、アトムも有力です。まだデビューしたばかりで1戦しかしていませんが、好タイムでの差し切りでした。

池江泰寿厩舎の、騎手が川田将雅ということで、必要以上に人気になってしまうのが嫌なところですが、能力は非常に高い馬です。



▼京都は今週から開幕で、芝は開幕週なので、あまり最後方からだと届かないことが予想されます。ある程度、前の方で競馬ができる馬を軸にするのが基本となるでしょう。


今年のデイリー杯2歳ステークスは、超大物という馬は出走してきていないので、どの馬にもチャンスがあると言えそうです。



▼ただ、ここも毎日王冠と同じように、頭数が少ないので、あまり広めに買ってしまうと回収率が下がります。

少頭数競馬の基本通り、絞って買うのが良いかと思います。私も当然にそのように買う予定です。

三連複5~6点で仕留められれば、理想的ですね。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング