秋華賞2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。メイショウマンボ・デニムアンドルビー

【秋華賞2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
秋華賞2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
秋華賞2013m



まとめと総括


▼さて、牝馬クラシックの最後の1戦。秋華賞ですね。

注目は、やはりオークスの上位3頭になります。デニムアンドルビーとメイショウマンボは、ローズステークスでも良い競馬をしており、秋華賞でも人気になるのは間違いないでしょう。



▼デニムアンドルビーは、もっと断然人気になるかと思いましたが、予想オッズを見てみると、それほど一本かぶりにはならないかなという感じです。


これは明らかに、先週の京都大賞典でのゴールドシップの敗戦が影響していると思われます。

つまり、京都は高速馬場だから、ゴールドシップと同じようなタイプのデニムアンドルビーは、まくりきれずに負けるかもしれないのではないか、と考える人が多いということです。



▼そうなってくると、今度は逆に、デニムアンドルビーが狙い目になってきたりするわけです。とはいっても、確かに京都の芝は高速馬場で追い込みが決まりにくいため、今回デニムアンドルビーが勝つかどうかは微妙ですが、馬券を買うときの考え方としては、常にそのように考えることが重要です。



▼メイショウマンボは、前走のローズステークスは、若干仕掛けが早かったかなという印象ですが、ギリギリまでがんばっていました。

メイショウマンボは京都コースでは連を外していませんが、京都の芝が先週のままだとしたら、差し切るのはなかなか難しいかもしれません。

しかも今回もまた外枠ですね。高速馬場では外枠がかなり不利になってしまうので、道中で内に潜り込みたいところですが、武幸四郎さんは、あまり馬群に入れないような気もします。



▼逆に絶好の内枠を引いたのが、凱旋門賞のキズナは残念だった、お兄さんの武豊、スマートレイアーですね。

末脚がかなり切れる馬で、日曜日の京都がパンパンの良馬場の高速馬場なら、条件バッチリという感じです。

ただちょっと人気になりすぎている感じがありますね。過剰人気であれば、狙いにくくなってしまいます。



▼ローズステークスで穴を開けた、シャトーブランシュは、先週のヒットザターゲットで大穴を開けた、北村友一さんですね。

この馬も内枠ですが、脚質的に追い込み馬であり、高速馬場になってしまうとちょっと厳しいかなという気がします。ただスピード指数は上位で能力が高いですね。



▼オークスで2着だった、エバーブロッサムは、ローズステークスでは重馬場で足をとられて惨敗しましたが、良馬場で先行できれば面白いかなという感じ。


2013年の秋華賞は、どちらかと言うと有力馬が差し追い込み馬であり、馬場状態はその反対に高速馬場。

そうなってくると、波乱になるケースも想定しておいた方が良さそうです。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング