府中牝馬ステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。ホエールキャプチャ・マイネイサベル

【府中牝馬ステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
府中牝馬s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
府中牝馬m



まとめと総括


▼さて、今週の競馬は、三日間開催で、日曜日に秋華賞が行われた後にも、月曜日に府中牝馬ステークスが行われますね。


三日間開催は、馬の体調が予想しづらく、意味不明な大波乱になることも多いので、できれば三日間開催はやめて欲しいのですが、開催を、土日祝と三日間にすると、JRAの売り上げが伸びるので、JRAとしては売り上げを伸ばすために三日間開催をやりたがるんですね。


ただ、 3日開催は、調教師や関係者の間でも評判が悪く、競馬ファンとしても3日も連続で競馬があると、いいかげん飽きてくるので、土日の二日間くらいが丁度良いのではないかと思うんですけどね。



▼それはさておき、今年の府中牝馬ステークスは、中心馬不在の混戦模様です。

安田記念で15番人気で4着まで来た、マイネイサベルが人気になりそうですが、この馬は人気になるとコケて、人気薄で激走するという、私と似ていてちょっとひねくれ者なので、なかなか悩ましいところがあります。


とは言え、マイネイサベルは東京コースの1600から1800までの距離はかなり堅実で、当然ここでも要注意でしょう。



▼マイニング1位のアロマティコは、前走条件戦でしたが、本来、重賞を勝っていてもおかしくない馬であり、秋華賞で3着の実績からも、能力的にはトップレベルです。

問題は、脚質的に追い込みなので、今の東京コースで大外一気が決まるかどうかですね。

今週の東京コースは、インコースも伸びているので、大外一気の形になってしまうと、ちょっと危ないかもしれません。



▼スピード指数1位は、ホエールキャプチャ。春のビクトリアマイルで優勝にも等しいハナ差2着でしたが、東京コースのマイル戦はドンピシャの条件です。


前走の札幌記念は、なんと5.4秒も差をつけられてしまいましたが、あの時は芝の状態が非常に特殊で、あの敗戦は度外視しても良いと思います。



▼スピード指数での能力上位では、ハナズゴールですね。こちらは武豊への乗り替わりで、人気になりそうですが、やはり爆発力はかなりのものを秘めており、前走のオールカマーでも、6着とは言え0.3秒しか負けていないので十分だと思います。


府中牝馬ステークスは、ここを叩いてエリザベス女王杯が大目標という馬も多いので、仕上がり状態がポイントになりそうです。パドックは要注意ですね。



▼後はスピード指数的には、ドナウブルーですね。メンディザバル騎手を確保して、ここは相手を考えても上位に顔を出したいところでしょう。ドナウブルーは、去年のこのレースで3着なので、コースへの適性はあると思います。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング