菊花賞2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。エピファネイア・マジェスティハーツ

【菊花賞2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
菊花賞2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
菊花賞2013m



まとめと総括


▼2013年の菊花賞は、どうやら一強ムードですね。

皐月賞馬もダービー馬もいない菊花賞。ここは実績的に、エピファネイアが断然人気になるのは当然でしょう。

個人的にはエピファネイアは、かなり強い馬だと思っていますが、京都の3,000メートルがベストな条件とは思いません。



▼どちらかと言えば菊花賞よりも、天皇賞秋に出た方が舞台設定としては合っていると思いますが、今年の菊花賞は相手関係があまりにも楽なので、その辺も考慮したのでしょう。


エピファネイアの能力は、かなりのものがあると思いますが、ここまで断然人気になってしまうとちょっと怖いかもしれません。怖いというのは、当然、過剰人気であるという意味です。



▼スピード指数的には神戸新聞杯のタイムが優秀だったので、エピファネイアがダントツ。そして二番手は2着のマジェスティハーツですね。


エピファネイアは神戸新聞杯のように、普通に回ってくるだけで勝ってしまいそうな気もしますが、菊花賞というのは、

「ここでだけ激走してしまう馬」というのがたまに出現します。



▼菊花賞で激走して、その後、鳴かず飛ばずになった馬というのは山ほどいますね。ビックウィークなども、菊花賞を勝った後は鳴かず飛ばずで、ついには障害レースに転向してしまいましたよね。


なので、菊花賞は馬の能力よりも、展開やスタミナというものが重要になってくるわけです。



▼今年の菊花賞は、エピファネイア以外は大混戦で、どの馬が来てもおかしくないという状況です。

また、マイニング指数では、1位がユールシンギング。2位はサトノノブレス。3位がフルーキー。

このような順番になっており、エピファネイアは5位となっています。波乱の予感もしますが、エピファネイアが3着を外す可能性は、10パーセントもないかもしれません。



▼といっても、10パーセントの確率でエピファネイアが凡走するとするならば、「合成オッズ」が10倍以上の買い方をすれば、長期的にはこのようなオッズバランスのレースでも利益を出しやすくなります。


この辺の解説については、初心者さんにはわかりにくいかもしれませんが、簡単に言えば、馬券というのはどんなに強い馬でも、一定の確率でこけるわけですから、そこを狙うということになります。



▼といっても今年の菊花賞において、エピファネイアが馬券圏内から外れる可能性は低く、おそらく私の感覚では80パーセントから90パーセント位の確率で馬券になってくると思われます。


ですので私は、いつもフォーメーションを多用するわけです。

エピファネイアが来ても来なくても、「相手さえ間違えなければ」的中できるし、利益を出すこともできるというわけです。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング