スワンステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。グランプリボス・ダイワマッジョーレ

【スワンステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
スワンs



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
スワンm



まとめと総括


▼日曜日はいよいよ天皇賞秋ですが、その前に土曜日は、マイルチャンピオンシップの前哨戦、スワンステークスです。

このレースは京都の1,400メートルの重賞レースということで、波乱になるケースが非常に多いレースです。

今年は頭数が手頃なので、それほどの超大波乱は可能性が低そうですが、なかなかに難解なメンバー構成となっています。



▼スピード指数の第1位は、グランプリボスです。

ちなみに、マイニング指数でも、グランプリボスが第一位となっており、今年のスワンステークスは、グランプリボスを中心としてレースが展開されそうです。



▼グランプリボスは、京都コースでの安定感は抜群で、1,400メートルも得意。

昨年度は、このスワンステークスを勝って、本番のマイルチャンピオンシップでもタイム差なしの2着でした。

やはりこれを見ると今年もグランプリボスを中心として考えたくなります。



▼ただ、グランプリボスは、どうも気性的に気まぐれというか、いつ走るか分からないところがあります。

グランプリボスの成績を見ても、「連対するか、惨敗するか」という両極端な成績となっています。

ですので◎にするのはなかなかに怖い馬、と言うこともできますね。私も、過去に何度も裏切られたことがあります。



▼ということになると、スピード指数的に、次に有力なのは、ダイワマッジョーレということになります。

前走は初めてのg1挑戦で、9着。タイム差は0.7ということで、まずまずかなと言う感じです。


この馬は、もともとは2,000メートル前後を使われてきた馬ですが、ここの所マイル前後をターゲットにしています。

詰めが甘い部分はありますが、マイル前後なら安定して伸びるタイプで、安定感を求めるならグランプリボスよりも、ダイワマッジョーレの方が安定はしていそうです。



▼スピード指数から次に浮かび上がるのは、マジンプロスパーでしょうか。今やすっかりスプリンターというイメージの馬ですが、1,400メートルの阪急杯を勝っており、距離は問題ないでしょう。


前走のスプリンターズステークスでは、インコース有利の馬場状態の中、唯一外から差してきた馬で、能力は非常に高いですね。

ただ、京都コースに実績が無いのは気がかりです。



▼ということで、スワンステークスの軸馬候補はこのあたりでしょうか。

あくまでもマイルチャンピオンシップの前哨戦ということで、各馬の仕上がりも読み切れない部分があり非常に難しいレースです。

あまりがっつり馬券を買うレースではなく、広めに買って高配当を狙いたいところです。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング