アルテミスステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。マーブルカテドラル・マイネグレヴィル

【アルテミスステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
アルテミス2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
アルテミス2013m



まとめと総括


▼さて、今週の土曜日は格付けのない重賞レース、アルテミスステークスですね。

今年で2回目なので、まだデータが全然ありませんが、考察してみましょう。



▼注目はなんといっても、クリスマス。まだクリスマスには早いのですが、クリスマス付近の阪神ジュヴェナイルフィリーズへ向けて、ここで距離が持つかどうかが最大の焦点となります。


武豊への乗り替わりは、ちょっと残念ですね。もちろん丸山元気より武豊の方が大舞台での実績もあるし、先を見据えての乗り替わりですが、私は馬と騎手との絆のようなものが好きなので、できれば乗り変わらないで欲しかったような気もします。



▼さて、馬券的な視野で考えれば、この武豊への乗り替わりは、明らかにクリスマスへの過剰投票を招くでしょう。

クリスマスは、デビュー戦がぶっちぎりのレコード。そして2戦目の函館2歳ステークスでは、逃げなくても強いということを見せつけました。

能力は相当に高いのですが、やはり初めてのマイル戦。しかもハードなレースになりやすい東京競馬場のマイル戦です。



▼武豊といえば、先週もトウケイヘイローで逃げてバテてしまいましたね。

今回クリスマスもスピードを生かして先行策を取るのか?それとも武豊だから差す競馬を教えるのか?ちょっと読み切れません。

いずれにしても、不確定要素の多い馬が断然人気ということは、それ以外の馬の期待値が上がるということだけは確かです。



▼バゴ産駒といえば、ビッグウィークですね。菊花賞馬です。

バゴ産駒は、距離適性がよくわからない馬が多く、クリスマスもスプリンターなのか距離が持つのか不明ですね。

ただ、やはり函館での1,200メートルのレースぶりがあまりにも強かったので、スプリンターっぽいですね。

このコースでバテずに伸びたら、相当な可能性を秘めているといえますが、オッズほど信頼できるかと言われると微妙ですね。



▼さて、スピード指数とマイニング指数で、ともにトップだったのが、マーブルカテドラルです。

デビュー戦は東京競馬場の1,400mで楽勝。ハイレベルの新潟2歳ステークスでは、先行馬不利の流れを、先行してギリギリまで粘っていました。

先行しての粘り強さは相当なものがあり、クリスマスをマークする形で行ければ、逆転の可能性も十分にあると考えられます。



▼スピード指数の2位は、マイネグレヴィル。札幌2歳ステークスでは先行してかなり強い競馬を見せました。

ただ、今年の北海道の芝は、相当に特殊な馬場状態だったので、ここでの好走を評価していいのかどうかが微妙なところです。


まずは人気が予想される、クリスマスの取捨選択ですね。期待値的には、クリスマスよりもマーブルカテドラルの方が、旨味はあるといえます。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング