アルゼンチン共和国杯2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。ムスカテール・ルルーシュ

【アルゼンチン共和国杯2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
アルゼンチン共和国杯2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
アルゼンチン共和国杯2013m


まとめと総括


▼今年で、第51回になる伝統のハンデ戦、アルゼンチン共和国杯。

ハンデ戦だけあって、ガチガチの決着から、大荒れまで、バリエーション豊かな配当が並びます。

つまり難しいということです^^;



▼スピード指数のトップは、ムスカテール。

前走のオールカマーでは、展開が向かなかったこともありますがまったく伸びず。とはいっても、0.7秒しか負けていないので、あまり気にする必要はないと思います。



▼なんといっても、ムスカテールは東京コースがやはりマッチしています。昨年のこのレースは2着。そして、春の目黒記念はこのレースと全く同じ、東京2,500メートルの舞台で、レコード勝ち。


まぁ、目黒記念に関しては、先行馬が壊滅したレースであり、展開がズバリ、ハマったとも言えますが。



▼ムスカテールがこの条件で強いのは間違いないのですが、やはりハンデ戦なので斤量の57.5キロが気になるところです。

昨年2着とは言え、昨年は55キロですからね。 2.5キロ増量はやはり強調材料ではありません。

基本的には追い込み馬なので、57.5キロを背負って切れを発揮できるかどうかがポイントですね。



▼スピード指数2番手は、ルルーシュ。昨年のこのレース、上述したように2着はムスカテール。そしてそのムスカテールに勝ったのが、このルルーシュでした。


潜在能力的には、G1でも勝負になるくらいの逸材であり、名伯楽の藤沢先生もかなり自信を持っているようです。


ただ、藤沢厩舎とこの勝負服は、ペルーサを思い出しますが、なんだか「人気になってこける」と言う印象があるコンビですね。

斤量的にも57.5キロはムスカテールと同様、厳しい斤量といえます。ただジャパンカップに出てもいい勝負になるほどの逸材なので、ここは勝ち負けしたいところでしょう。



▼スピード指数3番手は、メイショウナルト。ここのところ5戦連続で連対しており、先行して確実に足を伸ばす安定感が威力です。

小倉記念ではレコードで重賞制覇。前走のオールカマーでも2着に来ており、ここも確実に人気になるでしょう。


メイショウナルトは、今年の5月から急に強くなった馬で、すごい勢いで出世していますが、東京コースに実績がありませんね。

先行して粘るタイプだけに、東京コースというのはあまり良い材料とは言えないかもしれません。


ただ、スピード指数上位の、ムスカテールとルルーシュが57.5キロなのに対して、メイショウナルトは、 56キロなので、このハンデのアドバンテージを生かして立ち回れば、重賞2勝目と言うこともあるかもしれません。スピード指数的には優秀です。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング