ファンタジーステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。エイシンオルドス・グランシェリー

【ファンタジーステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
ファンタジーS2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
ファンタジーS2013m


まとめと総括


▼2歳の女の子のチャンピオンを決める「阪神ジュベナイルフィリーズ」。その前哨戦として、最も重要なレースがこのファンタジーステークスですね。


東では先週、マーブルカテドラルが名乗りを上げましたが、今週も新しいスターの誕生に期待したいところです。



▼さて、 2013年のファンタジーステークスですが、スピード指数のトップはエイシンオルドス。前走はファンタジーステークスと同じ舞台である、京都の1,400メートルの「りんどう賞」を快勝しました。


今年のファンタジーステークスは、このりんどう賞で戦った馬たちの再戦ムードという印象です。



▼りんどう賞は、スローペースの上がり勝負になってしまったため、先行したエイシンオルドスと、マラムデールが粘り込んでしまうという結果になりました。


ですから、エイシンオルドスは、前走の成績だけを見ると有力に見えるのですが、りんどう賞ではかなり展開に恵まれた面もあるため、全幅の信頼を置けるとまではいかないかもしれません。


エイシンオルドスは、スピードタイプの馬で、スピードタイプの馬は、2歳の前半までは非常に活躍するのですが、このファンタジーステークスあたりからは、スピードに任せていくタイプよりも、末脚が切れるタイプが活躍しだすので、その辺も微妙なところです。



▼スピード指数の二番手は、グランシェリーです。

グランシェリーは、りんどう賞ではなく、マイナーな中京の2歳ステークスを勝ち上がってきました。

ローカルなので、相手関係がユルかったというのもありますが、切れ味は素晴らしく、一気に相手が強くなりますが、ここでいい競馬ができれば、阪神ジュベナイルフィリーズでも面白いかなと言う感じです。


ただ、社台の期待馬と違って、血統的にもマイナーなので、大きな舞台ではあまり軸馬にはしたくないタイプであることもまた事実ですね。



▼スピード指数の三番手は、ベルカントです。サクラバクシンオー*ボストンハーバーという、超スピード血統で、小倉の1,200メートルで活躍しましたが、ここは果たして距離が持つのかどうかは微妙です。


先週も、同じ武豊の「クリスマス」が、スタミナ切れでバテてしまいましたが、このベルカントもスタミナに不安がありそうなので、京都の1,400メートルを乗り切れるかどうかはかなり怪しいですね。



▼ということで、今年のファンタジーステークスは、スピード指数上位の馬たちにそれぞれ死角があり、難しいレースになりそうです。

りんどう賞で、後ろから行って届かなかった、リアルヴィーナスと、エルノルテは、展開がハマれば、エイシンオルドスを逆転することも可能なので、後はオッズを見て、どの馬を狙うか決めたいと思います。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング