競馬で負ける原因と理由~勝てないのはなぜ?馬券が当たらない。的中しない。

【競馬で負ける原因は?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「長期的な馬券収支がマイナスになるとしたら、その理由は、控除率を超える期待値の馬券を購入していないからである」

「期待値が1を超える馬券だけを選んで購入し続ければ、長期的な馬券収支をプラスにすることは可能」

「尚、短期的な的中・不的中は運であり、これはコントロールできない」



私ブエナはこのように考えます。

ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬というゲームは、すべての参加者に平等で公平なゲームですが、ほとんどの人が競馬の負け組となります。

平等なゲームなのに、なぜほとんどの人が負け組になってしまうのか?

私なりの見解を書いてみます。



▼多くの人が競馬で負け組になってしまう理由は2つ。

「控除率」と「一部の人が勝つから」

この2つが大きな原因となっていると思う。

金



▼まず控除率についてですが、競馬というのは公営ギャンブルですから、胴元すなわちJRAが「テラ銭」をもっていくわけです。

簡単に言えば、みんなで合計 100億円の馬券を買ったとしたら、そのうちの25億円はJRAが持っていきます。

そして残った75億円を、馬券購入者同士で奪い合う、というわけですね。



▼つまり、自分たちが出したお金よりも、少ない額のお金を皆で奪い合うことになるため、どうしても多くの人がマイナス収支になってしまうわけです。

この「控除率」が、競馬で負ける大きな原因の1つです。


とは言え、公営ギャンブルですから、そのルールに則って払い戻しが決められているのは当然ですね。

また、控除率が25%あったとしても、結局、戦う相手は「他の馬券購入者」ですから、そこでの戦いに勝てば収支はプラスになるわけです。

(※控除率が低いギャンブルなら勝ちやすいというわけではない)



▼つまり、これがもう一つの競馬で負ける原因「一部の人が勝つから」ということです。

競馬は多くの人が負けるゲームですが、一部の人だけは勝ち続けています。


例えば、競馬で巨額の利益を計上して税金を請求されているニュースなどがありますよね。

競馬は勝つ人は「密かに」勝ち続けているわけです。コツがあるからです。



▼一部の人が勝ち続ければ、競馬初心者さんや、あまり競馬に詳しくない人などは、「控除率以上に」さらに負けてしまうというわけです。

まずはこの基本的な原理を理解してください。



▼また、ほとんどの人は「馬券が当たらないから負ける」と思っています。

しかしそうではない。

馬券は、的中・不的中に関わりなく、馬券を購入した時点で、すでに長期的な勝ち負けは決まってしまっているのです。

(あくまで私ブエナの考え方です)



▼競馬は馬券を当てるゲームなのですが、本質的には馬券を当てるゲームではありません。

わかりにくいかもしれませんが、競馬の本質は、

「他の馬券購入者に勝つこと」なのです。

それはつまり、「的中率よりも回収率が重要」という、当たり前の原則に従います。



▼ここを勘違いしてしまうと、馬券を当てることばかりに集中してしまい、他の馬券購入者の動向などを見なくなってしまいます。

他の馬券購入者の動向。つまり「オッズ」を見なくなってしまうというわけです。


オッズを見なければ、「長期的に」馬券で勝つことは、ほぼ不可能です。

(※単発で万馬券は当たっても、長期的な収支はマイナスになるという意味)



▼競馬というのは、特別な才能がなくても勝てるし、データや血統を知らなくても勝てます。

もちろんデータや血統を知っていれば、より競馬を楽しむことができます。

でも、馬券収支をプラスにするのに、データや血統は必須ではない。

私ブエナは、あまりデータや血統を知りませんが、最近はもう何年もPAT口座にお金を入金した事はありません。
(昔はめちゃくちゃ負けましたが。)



▼さて、ここまでで、競馬で負ける原因は、「控除率」と「プロ馬券師の存在」である事を解説しました。

ついでに、もう1点、考察してみたいと思います。

それは、

「過剰投票」です。



▼過剰投票。すなわち、そのサラブレッドの能力以上に馬券が売れてしまっている状態です。

日本競馬は、「変動オッズ制」なので、競馬ファンがたくさん投票した馬はオッズが低く、ほとんど誰も投票しなかった馬はオッズが高くなります。


オッズの精度は非常に高く、長期的には、人気がある馬ほど馬券になる(1~3着)可能性が高くなります。

これは絶対です。



▼ただ、「部分」で見ると、「人気があるのに弱い馬」や「人気がないのに強い馬」といった現象が起こることがわかります。

これが、「オッズの歪み」です。

当ブログでも、いつも書いている通りです。



▼競馬には、オッズの歪みがあるので、「お買い得な馬券」と「損な馬券」が、必然的に発生します。

なので、長期的な馬券回収率が、「65%以下」の人は、「損な馬券」をいつも買わされている、ということになります。

逆に、長期的な回収率がいつもプラスの人は、「お買い得な馬券」ばかりを選んで購入しているわけです。


この概念は非常に重要であり、「お買い得な馬券」を選んで購入できれば、長期的な馬券収支をプラスにすることは、それほど難しくありません。



▼ということで本日は、競馬で負ける原因について簡単に解説してみました。

競馬は一部の人が勝ち続けて、その他の多くの人が負け続けるゲームです。


勝ち続ける側に回るためには、「馬券知識」を身につけさえすればよい。

ただそれを「学ぶ場所」がないんですよね。

世の中にある、ほとんどの有料予想は、「予想のみ」で、馬券の勝ち方を教えてくれるサイトは、ほぼ皆無です。

私がマツリダ予想を推奨しているのは、予想だけでなく、馬券の本質や考え方まで学べるからなんですね。



▼まぁ有料予想を使うにせよ、自力でやるにせよ、とにかく馬券というのは適当に買うと、どんどんマイナスが積もっていきますので、先ほども書いたとおり「お買い得な馬券」を探すこと。


「お買い得な馬券」というのは、長期的な回収率が100%を超えると思われる馬券です(データ分析による)

初心者さんには難しいところかもしれませんが、頑張ってください。

くれぐれも適当に馬券を購入し続けて、大切なお金を減らしてしまわないように。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ガチガチ本命馬券と、大穴馬券の罠


▼競馬で負ける原因についての考察を続けます。

私ブエナが、色々な人の馬券の買い方を見てきた中で感じる事は、

「ガチガチの本命サイドと、超大穴を狙う人は、負け組になりやすい気がする」



▼多くの競馬ファンは、それほどガチで競馬研究をしていないので、なんとなくの感情で馬券を購入します。

なんとなく購入すると、どうなるか?

「ガチガチの本命サイド」か「超大穴」を、狙いがちになると思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼これは人間の深層心理から来るもので、まず多くの人は競馬新聞やポーツ新聞で予想します。

そして、競馬新聞に「◎◎◎◎」こんな感じで、がっつり印が付いている馬がいるとする。

競馬記者の記事を読んでも、その馬を褒める言葉ばかり。


こうなってしまうと、競馬新聞を読めば読むほど、「◎◎◎◎」⇒こんな馬から馬券を購入してしまうわけです。

ある意味での大衆心理であり、洗脳でもあります。



▼あるいは逆に、まったく競馬新聞に印が付いていない馬。

オッズを見ると、100円が1万円になったり、100円が10万円になったり、三連単なら100円が1000万円になったりする。

そして欲望のままに、超大穴馬券を購入し続ける。宝くじのように。



▼このパターンも、馬券で負ける原因だと私は考えます。

なぜなら、超大穴馬券はほとんど当たらない。

当たればでかいが、当たって一時的に資金が増えたとしても、また次の夢を求めて大穴馬券を購入し続けてしまう。

すると、勝ったはずのお金はいつの間にか消えてしまい、また連敗街道をひた走ることになる。



▼大穴馬券というのは、単純に期待値が低いです。

上記のような心理状態で、宝くじ感覚で大穴馬券を購入する人が多いので、基本回収率が低くなってしまう。
(マツリダ予想より引用)


なので、大穴馬券で勝つためには「勝ち逃げする」しかないわけです。

なんとなく欲望のままに大穴馬券を買い続ければ、超高確率で競馬の負け組となります。
(経験談)


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング