乗り替わりの狙い方~競馬騎手 乗り替わり馬券の買い方?回収率は高い?ジョッキー交代変更

乗り替わり騎手の狙い方は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「騎手の乗り替わりを狙うなら、人気薄の一発を狙うのが効果的だと思う」

「逆に、人気馬の信頼度を高めるなら、乗り替わりより、連続騎乗の方が良いと感じる」

「外国人騎手への乗り替わりは、信頼度も高く、儲けやすいと思う」

「リーディング上位騎手への乗り替わりも、同じく信頼度が上がる印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。

%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%82%8f%e3%82%8a


▼まず、具体的に重賞レースでのデータを見てみます。


【重賞レースの乗り替わりデータ】
2000~2016.10
2218レース分析(ブエナ調べ)


継続騎乗
勝率8.3%
連対率16.0%
単勝回収率 72%
複勝回収率 73%


乗り替わり
勝率5.4%
連対率11.2%
単勝回収率 82%
複勝回収率 78%



はい。
好走率は、連続騎乗の方が良い。

が、回収率は乗り替わりの方が良い。

これは何を意味しているか?



▼私ブエナの考えですが、

「乗り替わりは、継続騎乗より信頼度が落ちるが、人気薄での一発が狙えるのではないか?」

と思うわけです。



▼乗り替わりというのは、馬にとっては「刺激」になります。

スランプでなかなか成績が出ない馬は、刺激を与えることで急に走ることがある。


なので、乗り替わりが刺激であるならば、なかなか成績が出ない人気薄が乗り替わってきた時、激走する確率が上がると思うわけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼通常、馬券では「超人気薄」の馬は、宝くじ効果(造語)で過剰人気になるので回収率が上げにくいんですが、「乗り替わり」の超人気薄は、やはり回収率が高くなると思う。

例えば、上述した私ブエナの分析データでは、

「乗り替わりの16番人気馬」は、単勝回収率が118%です。

これは通常ありえないことです。

いかに乗り替わりが刺激となり、人気薄の激走を誘発するかがわかります。



▼逆に、人気を集めるような実績のある馬は、乗り替わりだといつものリズムが狂ってしまい、好走率が下がるように思う。

なので、私ブエナの場合は、軸馬はできるだけ連続騎乗の馬。

大穴を狙う場合は、乗り替わりを狙うことが多いです。



▼ちなみに、外国人騎手のデータも、少し見てみます。


【外国人騎手の乗り替わりデータ】
上掲期間を踏襲


外人騎手への乗り替わり
単勝回収率 98%


外人からJRA騎手への乗り替わり
単勝回収率 96%



はい。
この場合は、どちらも素晴らしい回収率です。

外国人騎手への乗り替わりが、回収率が高いのはなんとなくわかりますが、外国人騎手からの「乗り戻り」も、回収率が高い。



▼これは、外人騎手の過剰人気から解放され、期待値が上がったのではないか?と、私ブエナは考えます。

尚、好走率では、「外人騎手への乗り替わり」の方が優秀です。

つまり、人気サイドの軸馬を選ぶなら、「外人騎手への乗り替わり」は、使えると思うわけです。



▼尚、「リーディング上位騎手への乗り替わり」も、軸馬の信頼度を上げるように思います。

今の競馬は、「エージェント」という、調教師と騎手をつなぐパイプ役が、騎乗馬の確保に強力な影響力を持っている。


つまり、リーディング上位騎手には、力のあるエージェントが付いている。

という事は、リーディング上位騎手に乗り替わってきた馬は、「調子がいい馬」というケースが多いと思うわけです。

なので、外国人騎手への乗り替わりと同様に、リーディング上位騎手への乗り替わりも、軸馬の信頼度を上げると、私ブエナは考えます。



▼さて、重賞レース以外の、さらに詳細な乗り替わりデータも見てみましょう。


【騎手の乗り替わり時データ】
2010~2015
特別戦
芝レース
3915レース分析


・北村宏司⇒横山典弘(単勝回収率113%)

・蛯名正義⇒吉田隼人(単勝回収率136%)

・田中勝春⇒柴田善臣(単勝回収率183%)


はい。
芝のレースでの乗り替わりで、単純に回収率が高い組み合わせを抜き出してみました。

N数が不足していると思われるので、どこまで信憑性があるかわかりませんが、乗り替わりによって回収率が高まる組み合わせは、確かに存在します。



▼ただ、このような組み合わせをすべてチェックして、馬券購入の時に、それを考慮するというのは、私はちょっと面倒なので、私の場合は、乗り替わりはあまり馬券検討の材料にはしていないです。


それと、「乗り替わりで回収率がアップする」というのは、論理的に説明しにくい部分だったりします。

なぜ、「北村宏司⇒横山典弘」このように乗り替わると、回収率が上がるのか?

説明できないという事は、「誤差」や「偶然」の範囲を抜け出していない可能性もあるわけですね。



▼そう考えると、「単純な乗り替わり」より、私が考えるのは、

「騎手と調教師の組み合わせ」

こちらの方が、回収率を上げやすいし、人間ですから「絆」のようなものもあると説明できます。



▼例えば、「酒井学と西園正都」というタッグの場合。

ハクサンムーンが有名ですが、この場合の単勝回収率は、「214%」になります。

このような、「騎手と調教師の組み合わせ」は、数多くあるので、また別の機会にでも書いてみたいと思います。



▼ということで本日は、騎手の乗り替わりについて、私の独断と偏見で書いてみました。

下手な騎手から、うまい騎手への乗り替わりは魅力的で、ついつい買いたくなりますが、みんな考える事は同じです。


うまい騎手に乗り替わった時点で、オッズが下がっているなら、「的中率は上がっても、回収率は上がらない」ということになってしまうわけですね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



乗り替わりのデメリット


▼先ほどは、乗り替わりについての具体的なデータを見てみました。

ここでは、乗り替わりについて、より論理的に考察してみたいと思います。



▼馬券の狙い方の1つとして、「騎手の乗り替わりを狙う」というのがあります。

簡単に言えば、下手な騎手から、上手い騎手に乗り替わっている馬を狙う、というやり方ですね。

乗り替わり



当然ですが、ジョッキーには腕の差があり、同じ馬に乗ってもリーディング下位の騎手が乗るよりも、うまいジョッキーが乗った方が、3着内に入る確率は高くなるわけです。


ジョッキーの腕の差は、大きなレースになるほど顕著になりますので、重賞やジーワンでの乗り替わりは注目されるわけです。



▼わかりやすい乗り替わりで言えば、「外人ジョッキーへの乗り替わり」ですね。

外人ジョッキーは基本的に、その国でトップクラスの腕を持つジョッキーが来日しているので、乗り替わりによって、3着内率がアップするケースが多いです。

ただ1つ問題があります。



▼私ブエナの見解ですが、確かに外人ジョッキーや一流ジョッキーへの乗り替わりは、その馬の3着内率をアップさせます。

が、だからといって乗り替わりの馬を狙っても、「それだけでは」馬券収支をプラスにすることは難しい、と考えます。


なぜなら、乗り替わったことによって「オッズが下がる」からです。

世界最高峰のジョッキーである、ランフランコ・デットーリが乗れば、「3馬身違う」とか「5馬身違う」と言われます。

でも、その分だけオッズが下がってしまえば、すでにその馬は「儲からない馬」になってしまうわけですね。
(軸馬としては使えますが。)



▼もう一つの問題点は、「どのくらいのスパンで回収率を計算するのか?」という部分です。

例えば、「A騎手⇒B騎手」への乗り替わりが、単勝回収率120%だとしましょう。

この乗り替わりの馬をひたすら買い続ければ、馬券で永遠に儲けることができるのか?


そうではない。ここが落とし穴です。



▼乗り替わりのデータというのは、あくまでも過去のものであり、これから先も、その単勝回収率120%になるわけではないということです。

過去のデータを盲信して、その回収率が未来にも適用される、と考えてしまうと「策士策に溺れる」という状態になります。

つまりデータによって馬券収支がマイナスになるということも、あり得るということです。



▼「プラス回収になる乗り替わり」というのは、無限にあります。

しかし、その組み合わせというのは「過去のある一定の期間」でのものです。

いったいどこまで遡るのか?

1年?3年?5年?

このデータのスパンによって、回収率は大きく変動します。



▼ちょっと脱線しました。

要するに、「騎手の乗り替わり」というのは、威力はありますが、それだけで馬券収支をプラスにすることは、少々難しいということです。


乗り替わりのデータを集めるだけで、競馬で永遠に利益を出し続けることができるならば、数学が得意な人や、Excelでのデータ分析が得意な人は、全員が大金持ちになってしまいます。でもそんな事はありませんね。



▼乗り替わりは、あくまでも競馬を予想するための「ファクターの1つ」です。

なので、私ブエナは乗り替わりは、それほど意識しません。

いろいろなデータを頭に入れれば入れるほど、逆に、馬券収支がマイナスになっていく人も多いので、本末転倒にならぬよう、要注意です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング