競馬ソフト TARGET(ターゲット)予想活用法~当たる?使い方。評価評判とレビュー。値段価格

競馬ソフト TARGET(ターゲット)なら勝てるのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「ターゲットは、ただのデータ分析ソフトなので、ターゲットを使っても馬券収支が良くなるとは限らない」

「また、ターゲットでのデータ分析には、膨大な時間がかかるので、数字が嫌いな人には非推奨」

「激戦の現代競馬で勝つには、ターゲットの他にも有料ソフトを使う必要があると思う」

「ただ、期待値が高い馬を探すツールとしては、まずまず使えるソフトだと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼自力で競馬予想するなら、もはや、なくてはならないソフトと言えるのが「ターゲット」です。

もちろん私ブエナも、毎日のようにターゲットで、ちまちまとデータを分析しています。


私は、「今は競馬新聞だけではもう勝てない時代」と、よく書きますが、それはこのターゲットが普及していることも、かなり影響していると思います。

ターゲット



▼ターゲットは要するに、「データベース」です。

過去の数十年のレースが、すべてデータベースとして閲覧できるわけですね。

そして、どの条件だったらどの騎手が上手いか?どの種牡馬が回収率が高いか?など、的中率や回収率なども簡単に調べることができます。



▼パソコンにインストールするタイプのソフトなので、パソコンがないと使えないのがネックですね。

ソフト自体も重たいソフトなので、ある程度のパソコンのスペックも必要になります。


ですからパソコンがない人や、自分でデータを分析するのが苦手な人は、マツリダ予想などの、すでにターゲットを使って分析された予想を使う方が良い面もあります。料金的にもあまり変わらないです。



▼ターゲットの料金は「月額2052円」です。

私のクレジットカードからは、毎月ターゲットの 2052円が引き落とされます。

それでも、ターゲットがないと不便なので、毎月払っています。

(※正確に言うと、ターゲットなどのソフトを使うための「DataLab.(データラボ)会員サービス」の料金です)



▼「ターゲットを使えば馬券収支をプラスにできますか?」

というご質問もたまに頂くのですが、これは「使う人次第」となります。


ターゲットは、買い目を出してくれるわけではありません。

ただのデータベースです。

料理でいえば「材料」に過ぎないわけです。



▼ですからその材料を調理するのは、自分自身ということになります。

膨大な数字を見て、その中から馬券収支をプラスにできる要素を抜き出す感覚が必要です。


よく競馬中継などでも、データを使って予想している人もいますが、テレビに出ている多くの予想家は「データがピンポイントすぎる」印象ですね。

データは、一部分を極端に抜き出しすぎると、全く効果がないものになってしまいます。
(ただの確率の偏り・誤差だったりするので。)



▼ターゲットは非常に優れたソフトで、使い方によっては馬券収支を大幅に向上させることができますが、数字を見たり、データを分析できない人にとっては、あまり意味のないソフトとも言えます。
(というか、ほぼ無意味)


先ほども書きましたが、ターゲットを使っても馬券が当たるわけではないし、買い目が出るわけでもでもありません。

なぜならデータベースソフトだからです。

「買い方を指示してくれるソフトではない」、ということですね。



▼なのでターゲットは競馬歴の浅い人や、競馬初心者さんには、向かないですね。

自分なりに競馬の理論が確立していて、「調べたいデータ」がある人にはターゲットは武器となります。


まだそこまでの段階にない人は、「安くて優良な予想」を使う方が、的中率や回収率を上げることができると思います。



▼とは言え、ターゲットはデータ分析以外にも、出馬表やオッズが簡単に表示できるので、JRAの公式サイトのように、ブラウザで閲覧するタイプより、軽くて使いやすいというメリットもあります。
(パソコン専用ですが)


オッズ順に並び替えたりすることも、簡単にできるので、オッズを見るだけでも使えると思います。

ただ、「ターゲットから直接馬券を買う」のは、私の個人的な感想としては、ちょっと使いにくい。

慣れれば問題ないんですが、慣れないうちは、買い間違い等が起こりやすい画面のような気がします。



▼ターゲットの活用法としては、私がメインで使っているのは、

「レース検索」

「馬券シミュレーション」



この2つですね。

「レース検索」は、自分の仮説を検証するために、データ分析する機能。

「馬券シミュレーション」は、具体的に馬券種を指定して、過去の回収率を調べる機能。


この2つの機能を使うことで、「自分としてはいけると思ったロジックも、長期的にはダメだった」ということが、すぐに調べられます。


この分析を実戦の中で試していくと、膨大な時間がかかる上に、結局馬券もマイナスになるという悲惨なことになるので、先に「仮説」をターゲットで分析して、高回収率を立証できた場合のみ、実際に馬券を購入するという感じで、私ブエナの場合はターゲットを使っています。
(あくまで私の使い方です)



▼あと、ベタな使い方としては、「騎手」「調教師」「種牡馬」

これらを抜き出して、それぞれの回収率が高い条件を調べたりします。


例えば、キングカメハメハの得意条件や、岩田康誠の得意条件など、コツコツと分析し、自分なりの馬券購入ルールを作っていくわけですね。



▼ただ、上述したように、データ分析というのは、あまり詳細にやってしまうと、単なる確率の誤差を拾ってしまうので、使い方を間違えると諸刃の剣になります。

そこだけ要注意ですね。



▼ということで本日は、競馬ソフト TARGET(ターゲット)予想活用法について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

ターゲットは非常に便利ですが、

ターゲットのデメリットは、「有料」「膨大な時間がかかる」「数字が苦手な人には無意味」

という点ですね。



▼特に、時間はめちゃくちゃかかります。

よほど競馬に対して情熱と愛がなければ、ターゲットを導入しても結局使わないまま、ということになってしまうと思います。


なので、そこまでの情熱と時間がない人は、「他の誰かが膨大な時間をかけて分析した予想」を購入した方が、時間的にもロスが少ないかもしれません。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ターゲットのデメリット


▼TARGET(ターゲット)についての考察を続けます。

ここまで書いてきたとおり、ターゲットは基本的な中央競馬のデータを調べることが可能なソフトです。

ターゲットでデータ分析した要素を、うまく組み合わせれば、長期回収率をプラスにする条件を探すことも可能になると思います。時間はかかりますが。



▼ただ、私ブエナが使った印象として、ターゲットは、ちょっと調べられる項目が少ない印象です。

初心者さんなど、最初に見た人は、「こんなに調べられるのか!」と驚くと思いますが、何年も使っていると、意外と物足りなく感じます。



▼私の場合は、もう何年もターゲットを使っているので、ターゲットで調べられる事は、だいたい頭に入っています。

なので、ターゲット以外の有料ソフトや、マツリダ予想を併用して、さらに自分自身の馬券力を磨いている状況です。



▼ターゲットは、「この条件で回収率の高い騎手」などのデータを調べることができます。

しかし、これが分かっても、なかなか回収率に直結してこない。

実際にターゲットを使ってみると、たぶんそう感じると思います。



▼ターゲットというのは、あくまでも過去のデータです。

競馬というのは、生き物である馬が走り、生き物である人間が騎乗する。

そして、生き物である人間がオッズを作る。

そんな流動的なゲームです。



▼なので、「過去のデータで鉄板条件」であったとしても、それが必ずしも未来に適用されるわけではない。

あくまでも確率。

ある程度の試行回数が必要ということです。

また、過去に有効だった戦略が、使えなくなることも多々あります。



▼ターゲットはデータ競馬専用なので、競馬というゲームが、ある意味、ちょっと無味乾燥に感じてしまうことがある。

私ブエナの印象ですが、競馬新聞でアナログ競馬を楽しむ方が、娯楽としては楽しいと思う。
(競馬新聞では勝てませんが)


だから私のオススメとしては、ターゲットは予想ツールの1つとして、競馬の楽しさを損なわない程度に利用するのが良いと考えています。

ターゲットにハマりすぎると、競馬が無機質なものになり、つまらなくなる可能性もあるので、そこは注意した方が良いかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング