競馬は内枠と外枠どちらが有利?内枠の人気馬は危険。人気薄の内枠は狙い目。インコース

内枠と外枠どっちが有利か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬でも、基本的には最短距離を走れる内枠が有利だと思う」

「ただし、短距離戦とダートは、内枠が不利になるケースもある印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼現代競馬は、昔よりも「枠順」が重要になってきている印象です。

なぜかというと、各馬の能力が昔よりも接近しているからです。

昔は、強い馬は圧倒的に強かったので、多少調子が悪くても、多少展開が不利でも、能力だけで勝ってしまいました。

インコース



▼しかし、現代競馬は調教技術や、血統が素晴らしく発達したため、各馬の能力にあまり差がなくなってきている。

ですから、「枠順」によって着順が大きく変わることも珍しくありません。

現代の競馬は、枠順を無視して予想することはできなくなってきています。



▼では馬券の収支をアップさせるためには、どの枠を買えばいいのか?

これは状況によって当然変化します。


内枠が有利な時は内枠を狙うし、外枠が有利な時は外枠を狙います。

臨機応変の対応は、競馬においてかなり重要になってきます。

馬券で負けてしまう人というのは、頑なに、ひとつのことをやってしまいがちです。

例えば「内枠狙い」をする人は、内が伸びない馬場状態でも、内枠を狙ってしまったりするわけですね。



▼そうではなく、そのレースが内枠が有利なのか、外枠が有利なのか、見極めてから狙う必要があるわけです。

見極め方は、その日や、その週に行われた同じ条件のレースを見るのが一番わかりやすいですね。

私ブエナの場合は、

「土曜日に馬場を見る」⇒「日曜日に勝負をかける」

というやり方をすることも多いです。



▼さて、現代の競馬において内枠と外枠はどちらが有利なのか?

上述したように、馬場によって全然違ってくるわけですが、基本的にはやはり「内枠有利」だと思う。
(あくまで私ブエナの見解です)


内が荒れているときはダメですが、最近のJRAの「馬場造園課」の芝の管理はかなりレベルが高いので、インコースがあまりボロボロには、なりにくいですね。

なので、距離ロスのない内枠が、平均すると有利になる印象です。



▼ただ1つ注意点なんですが、「人気馬の1枠1番は危険」という傾向があります。

人気を背負った馬が、あまり極端に内枠に入ってしまうと、惨敗する可能性が高くなります。

これは人気馬であるが故に、他の馬にマークされて包まれてしまい、馬体をぶつけられたり、進路がなくなったりするからですね。



▼ですから競馬は、基本的には内枠の方が有利なんですが、「断然の1番人気が1枠1番」という状況であれば、ちょっと危ないと考えることも重要です。


逆に、1枠1番の馬が、微妙に人気薄の場合、穴をあけるケースが多くなります。

人気のない馬は、インコースをぴったり走っていてもマークされないし、直線で前が開く可能性も高くなるので、ロスなく走ることができるからです。
(あくまでも私の見解です)



▼ということで、

内枠の馬は、人気薄で狙って、人気があるときは疑う

という買い方をすることが、私は多いですね。



▼枠順に限らず、競馬というのは、

「どれぐらいの人気を背負っているのか?」これによって狙い方が全然違ってくるわけです。


逃げ馬でも、人気を背負っているとマークされて潰されるし、人気がないと誰も追いかけてこないので、逃げ切ってしまったりするわけですね。

(※同じ逃げ馬でも、人気によって走りやすさが全然違う。「人気薄の逃げ馬」という格言もありますね)


枠順も同じで、単純に内枠が有利とか、外枠が有利という考え方ではなく、「人気」を加味して考えることが馬券収支向上につながると感じます。



▼さて、内枠と外枠の話に戻りましょう。

別の記事でも書きましたが、「ダート」の場合は、内枠有利ではない。

と、私は感じています。



▼これは、ダートの場合は「砂の上を走る」ので、極端な内枠だと、「砂が顔に飛んでくる」わけです。

砂が、目や口や鼻の穴に入るわけです。

これで戦意を喪失して、走る気をなくしてしまう馬もたくさんいるわけですね。

なので、内枠は距離ロスがないのは確かですが、ダートの場合は、1~3番くらいの内枠は、逆に期待値が下がるケースも多いと、私は感じます。



▼それからもうひとつ。

「1200m戦の、1枠1番も危険」

のような気がします。

実際のデータを見てみましょう。


【1200m戦の、1枠1番データ】
2010~1015
特別戦(芝)


1番人気 単勝回収率63%

2番人気 単勝回収率66%



はい。
1,200メートル戦で、1枠1番に入った「人気馬」は、あまり信用できないことが、データからもわかります。

1200m戦のようなスプリント戦では、一瞬の不利が、着順に大きな影響を与えます。

なので、内枠でマークされてしまう人気馬は、不利を受ける確率が高くなり、その分、期待値が下がるのではないかと私は考えています。



▼ただ、1200の1枠1番でも、「3番人気以下」なら、マークがゆるくなるため、今度は逆に期待値が上昇します。

ですので、あくまでも私の目安ですが、

「1200mの1枠1番が、1~2番人気なら、少し評価を下げる」

という感じで、私の場合は、予想を構成することが多いですね。



▼ということで本日は、競馬は内枠と外枠どちらが有利か?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

「基本的には内枠の方が有利だが、ダートとスプリントは、逆に内枠が不利になる事もある」

という感じで、少し頭に入れておくと良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬場と有利な枠順の関係


▼内枠と外枠どちらが有利か?についての考察を続けます。

上述した、「短距離戦とダート戦」を除けば、競馬の好走率は、外枠になるほど下がっていく傾向にあります。

競馬のコースは円形なので、外枠になればなるほど距離ロスが発生し、好走確率も下がってしまう。



▼たとえば私ブエナの場合、軸馬を決めるときは、13番より外枠の馬を軸にすることはあまりないです。

私はマツリダ予想を使っているので、軸は人気馬から選びます。

その際には、できるだけ内枠の馬を軸にするようにしている。

強い馬でも、13番より外枠だと、どうしても期待値が下がりやすくなると思うわけです。



▼私が外枠を気にしない条件としては、「新潟」と「阪神」

この2つの競馬場に関しては、ほとんど外枠は気にしないです。

コースの形状的に、新潟と阪神は、外枠が不利になりにくい印象だからです。



▼ちなみに、新潟と東京は、同じ左回りで似ているように感じますが、私ブエナの印象では、かなり違うと思う。

新潟は外枠でも不利になりにくいが、東京は内枠有利だと思う。

日本ダービーのデータなどを分析していても、東京コースの内枠有利は明白です。



▼このように、競馬場によっても、そして距離によっても、どの枠が有利かが変わってくる。

それらのすべての平均を見た時に、「やや内枠有利」という感じになるわけです。


これはあくまでも平均なので、より馬券収支を向上させるためには、詳細にデータ分析して、「内枠有利な競馬場」なら内枠狙い。

「外枠有利な競馬場」なら外枠狙い。という感じで、ケースバイケースで対応していくのが理想的だと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング