ワイド馬券の買い方~ワイドは儲からない?勝てない?多点買いで勝つ方法。配当が低い

ワイド馬券はどう買う?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私のワイドの買い方は、『人気馬ー中穴』か『4~5頭ボックスでトリプル狙い』のどちらかが多い」

「尚、ワイドの人気薄同士は、過剰人気になりやすいので、回収率が上がりにくい気がする」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼最近は、馬券の種類で人気なのはやはり「三連系」ですね。

つまり三連単と三連複。

三連系は、的中時の配当が高く、勝つときは大きく勝てるため、競馬ファンの射幸心を煽ると言う意味でも、やはり人気の馬券種です。

にんじん



▼一方で、「ワイド」という馬券があります。

3着以内に入る2頭を予想する馬券で、3着以内の馬をすべて予想する三連系よりも、当然配当は低くなります。

逆に、1頭抜けても的中なので、的中率は高くなります。



▼ワイドは発売された当初は、そこそこチヤホヤされた馬券ですが、現在ではあまり買う人はいませんね。

多くの人は三連系の馬券を買います。

さて、ではワイド馬券は儲からないのでしょうか?



▼ワイドは儲からない、と言う人の多くは「配当が低い」という部分だけにフォーカスしてしまっています。

しかし競馬で大切な事は、「払戻金」ではなく、「回収率」なのです。



▼例えば、

ワイド500円購入 ⇒的中払戻金 2,000円・・・


これを見てどう思うでしょうか?

多くの人は「しょぼい」と感じてしまいます。

では次のケースはどうでしょうか?



三連単10,000円購入 ⇒的中払戻金 40,000円!!


どうでしょう?

なんだか大儲けしたような気分になりませんか?

「やっぱりワイドは儲からない!三連単サイコー!」と思いませんか?

そう思ってしまった人は、まだ競馬で勝つところまでは行っていないかもしれません。



▼上記で示した2つの例は、「どちらも同じ」です。

当たり前の算数ですが、ここを勘違いしてしまう競馬ファンが非常に多いですね。


上記の2つの例は、どちらも「回収率400%」で全く同じです。

つまり、賭け金が違うだけ。

ワイドの方も、10,000円購入すれば、払戻金は40,000円になるわけです。
(レートを上げればいいだけ)



▼冷静に考えれば誰でもわかる小学生の算数ですが、ギャンブルとしてお金がかかると盲目的になってしまう。

簡単な算数がわからなくなってしまうわけです。

だから私は、当ブログでいつも、競馬で勝つには「精神面」が重要である、と書いているわけです。



▼とは言え、「単純な均等買い」の場合は、確かにワイドよりも三連系の方が回収率が上がりやすくなるのは確かです。
(オッズの歪み部分が多いので)


しかし「連敗による資金のドローダウン」を考えると、単純な回収率だけなら三連系ですが、「資金の回転率」まで考えると、単純に三連系が有利とは言えない部分があると思うわけです。



▼ちょっと話がややこしくなってしまいました。

要するに、「ワイドでも儲ける事は、十分に可能」ということです。


私ブエナは、三連複で勝負することが多いですが、ワイドも買います。

三連複とワイドは種類としては、「同じ系統の馬券」ですね。

3着以内に入る馬を、順不同で当てる、という意味で、同系統の馬券と考えます。
(複系馬券)



▼なので、言い換えると、

「三連複で勝てるなら、ワイドでも勝てる」

と、私は考えます。
(狙い方は同じなので。)



▼実際の、ワイド馬券の買い方としては、あくまでも私の買い方ですが、

人気馬から人気薄(中穴)への流し

です。

いつも書いている通りですね。

マツリダ予想で推奨されている、オーソドックスな中穴狙いです。



▼それから、

ワイド4~5頭ボックス

も、私はよく購入します。

これはなぜかというと、「ワイドトリプル的中狙い」です。


ワイドの場合、当たり馬券が「3つ」あるので、これを総取りしにいくわけです。

「ワイドトリプル的中」は、ワイドでの回収率を向上させるために、かなり有効なので、狙っていってもよいと思います。



▼さて、先ほども書きましたが、「単純な長期均等買いの回収率」なら、ワイドより三連複の方が、回収率は高くなりやすいです。

これはおそらく、「オッズの歪みの出やすさ」による差異だと思われます。


要するに、三連複の方が難しい馬券なので、オッズに歪みが出やすく、ワイドより回収率を上げやすいと思うわけです。



▼しかし、ここにも罠があります。

例えば、「回収率110%」と「回収率150%」なら、どちらが上か?


ほとんどの人は、「回収率150%」が上だ!と、考えると思います。

しかし、私はここに、「回収までのスパン」を加味しなければ意味がないと考えています。



▼つまり、

「年間の回収率が150%だったとしても、12ヵ月のうち、10ヶ月がマイナスだったら、なかなか利益を出しにくい」

と思うわけです。

逆に、

「年間の回収率が110%だったとしても、12ヵ月のうち、5ヶ月だけがマイナスなら、そっちの方が利益を出しやすい」

と、私ブエナは思います。



▼ちょっとややこしい部分ですが、これは要するに、マツリダ予想で言うところの「ドローダウン」ですね。

三連系は確かに長期回収率を高めやすい。

しかしその半面、「連敗期」が長くなる。

「連敗期が長くなれば、資金は減少し、なかなか右肩上がりの資金増加曲線を描けない」

と思うわけです。



▼その点で、「ワイド」は、連敗期が少ない。的中率が高いからです。

なので、三連複よりも収支が安定しやすい傾向にあります。

このような「ワイドの強み」を理解して、うまく利用していけば、ワイドでも十分に利益を出すことが可能です。



▼ということで本日は、ワイド馬券について書いてみました。

「ワイドなんか儲からない!」という先入観を持ってしまっている人は、払戻金だけを見るのではなく、しっかりと「回収率」を計算してみることをおすすめします。


回収率を計算してみると、三連系が絶対儲かるわけでは無いということがわかったりしますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ワイドで不利なオッズゾーン


▼ワイド馬券の買い方についての考察を続けます。

冒頭でも少し言及しましたが、ワイド馬券の場合、狙うオッズゾーンが重要になります。

つまり、ワイドで本命サイドを狙うのか?それとも、ワイドで大穴サイドを狙うのか?



▼私ブエナの経験則で言えば、「ワイド馬券の場合、超人気薄のゾーンは、やたらと売れるので、あまり配当がつかない」と感じます。

通常、ワイド馬券というのは、馬連の3倍の的中率になるので、馬連の3分の1の配当になるはずです。

が、そうはならない。

ここが過剰人気の罠です。



▼つまり、「ワイドで超人気薄を狙う人が多い」と思うわけです。

例えば、「10番人気と13番人気の馬連」

こんな馬券を購入しても、ほとんど当たりません。

なので、このような超人気薄の組み合わせは、馬連よりワイドの方がかなり売れる印象です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、「10番人気と13番人気の馬連」で決まった時、

馬連210倍

ワイド30倍

みたいなことが起こりうるわけです。



▼ワイドは馬連の3倍の的中率なので、配当が3分の1になるなら、馬連210倍に対して、ワイドは70倍になるわけですが、ほとんどの場合、ワイドは70倍になりません。

これは、「こんな超人気薄の組み合わせは、馬連では当たらないから、ワイドにしておこう」と考える人が多いからだと思われます。

このように、ワイドの場合は、狙うオッズゾーンを間違えると、スタート地点からかなり回収率的に不利になるので要注意です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング